投稿

表紙に選ばれなくたって

新型コロナウイルスの影響により、5月から8月にかけて予定していた全13公演の全国ワンマンツアーは中止になった。アルバム「大切にしたいこと」は4月29日から7月1日に発売延期となった。そしてどこにもいけなくなった僕らは、8月から新たに、無観客そして生配信で全国ツアーというものをやってみた。すべて札幌からの配信で、中止になった箇所をそれぞれサブテーマとして設けて13公演の無観客生配信のワンマンライブ。 とある日は「福岡ー!」と叫び、またある日は「仙台ー!」などと叫び。でも、冗談抜きで本当にその場所のことだけ思いながらその場所だけのライブができたのは、THE BOYS&GIRLSというバンドのこれまでの軌跡にそれ相当の力があったからだと思う。関わってくれた全ての人に、心の底から感謝している。 2021年1月1日、新曲「サンキューマイレディオ」を、配信限定リリースすることになった。今年の7月から9月の3ヶ月間、北海道のAIR-G'で「FM ROCK KIDS」という番組をやらせていただき、その期間で作った曲。このコロナ禍、ラジオという存在が僕にとって間違いなく大きかった。イベントがなくなり、チケットは払い戻され、フェスも中止、CD屋さんもライブハウスもなくなっていった。そして、嫌われていった。それでも何かを発信できるなら、楽しみたかったし楽しんでほしかった。ロックキッズの中で、「フェス」をやることにした。 フェスのタイトル、出店ブース、出演アーティストなどをリスナーの皆さんと考え、1ヶ月かけて創り上げてその月の最後の週で決まったアーティストの曲をどんどん流していくという、ラジオの中でやる架空のフェス。9月、最後のフェスのときに、僕はこの「サンキューマイレディオ」という曲を書いていった。 「大切にしたいこと」というアルバムで駆け抜けてきた2020年だったけれど、サンキューマイレディオは間違いなく今年を象徴する曲になったし、来年の始まりにもぴったりだと思っている。是非聴いてください、そして、あなたがよく聞くラジオ局や番組があれば、どんどんリクエストしてみてください。配信開始を待たずとも、もう今からリクエストしてみてください。誰かの真夜中を切り裂いてくれるといいなと思ってます。 そして、2021年6月19日土曜日、僕の生まれ育った町・北海道中標津町で、野外フェス「

チョコレート

  普段からあまりお菓子を食べない。スナック菓子とか。ポテトチップスとかしばらく食べてない。ピザは好きだけど、ピザポテトなんて何年も食べてない気がする。おっとっとも、カールも、じゃがりこも、しばらく食べていない。ひとりではあまり食べようと思わない。 甘いものは好きだ。だけど、チョコレートはあまり食べない。嫌いなわけじゃないしどっちかと言うなら好きな方だけれど、自らチョコレートを選ぶことはほぼない。あ、でも、ホワイトチョコレートは好き。ケーキを選ぶ時も、チョコレートのものはあまり選ばない。ケーキとかは大体チーズケーキとか選んじゃう。チーズケーキが好き。チーズが好きだ。 でも最近、チョコレートのケーキとか好きになってきた気がする。よく選んでる気がする。ファミリーマートの、ショコラチーズケーキってやつがめちゃくちゃおいしくて。結構な頻度で食べてる。あとは同じく、紅茶の生チーズケーキってやつもすごくおいしい。 ていうかもしかしたら、チーズケーキだからなのかもしれない。チーズケーキすごく好きだからか。いやでも、ショコラの良さもわかってるつもり。 という駄文。

アペンダン

いま。 猫が気持ちよさそうにソファで寝てる。 動いたら起こしてしまいそうだな。 甘いもの食べたいな。 少しだけ、ほんの少しだけ。

あの場所

最後にブログを書いてから2ヶ月が経ってた。8月から始まった配信ツアーは、残り1本になってた。毎日毎日テレビやネットで何百人ですって言われて、これは良くてこれはダメでって、これは正しくてこれは正しくなくてって、結局最後は自分で決めるしかなくて、この判断は、この天秤のかけ方は、って毎度自問自答の繰り返しで、決めたら決めたで風向きは良くなくて、逆に、埃ひとつも舞い上がることのないくらい無風の時もあって、否定も肯定もされず金と時間が流れていって、そこにあったはずの気持ちや希望までゆっくり消えていくのをただボーッと見送るしかなくて。 俺に何ができるだろうか。 この時代にこの時期に、広い世界の中にちっぽけに存在している俺が今やってることや決めたことが、誰かにとって闇や絶望になるのなら、それはどんなウィルスよりもウィルスだ。ワクチンの保管場所も知っている、すぐに打たないといけない。だけどどうすればいいんだ、打ち方がわからない。だから昨日は歩いた。寒空の下、同じ曲だけ聴き続けて歩いた。何十回。「誰かのことを歌えるように、俺自身のために歌う」ってことは、光と希望じゃないと意味がない。そんなことをずっと考えてる。あの人ならどんな言葉とメロディで歌うだろうか、いや待て、俺はあの人じゃない、自分で探せ。だけど会いたい人にはすぐ会えない。言葉が冬眠しそう。猫がニャーと鳴きながら俺の横で寝る。なるほど、トイレが小さいんだな、考えないとな。すくすくと育てよ、俺も頑張るよ。 全国配信ワンマンツアー「少年少女の灯火」は、12月19日にファイナルを迎える。実際に各地に行くことはできないと判断し、新たに考えて8月から決行してきたこのツアー。初日だった札幌Sound Lab mole編から数えて、12本、すべて札幌Sound Lab moleを使わせてもらってやってきた。「福岡ー!」「根室ー!」と、各公演ひとつの場所に思いを馳せやってきた。そこにお客さんは1人もいないが、画面の向こうには必ずいると信じてやってきた。1500円というチケット代、こんな時代のこのやり方で、今までみたいにその日だけの物語を見せたいと必死だった。絶望の中の光を、暗闇の中の光を、見てほしかったし感じてほしかった。それができる自信があった。成長していくみんなを、自慢したかった。そんな思いで、先日のセミファイナル仙台編まで駆けてきた。

思い

 最後にブログを書いてから3ヶ月が経ってた。そんな経ってるなんて思ってなかったし、一体この3ヶ月何をしてたんだろうと思った。そんな朝。カーテンの隙間から晴れ間が見える。 毎日、何かを追っている。息をするのも忘れるくらいってほどでもないけど、息が詰まりそうに感じる時はある。誰のせいでも、何かが悪いわけでもなく、自分の問題だ。そしてどちらかと言うと、いい意味だ。自分を纏ってる時間の流れが、見たことない表情で蠢いていてバキバキになってる。 毎週土曜日24時からAIR-G'で放送されてる長寿番組「FM ROCK KIDS」を7月から担当させていただいてる。当初の予定通り僕の担当は今月いっぱいまでで、つまり明日が最終回だ。声をかけてくれて、本当に嬉しかった。コロナウイルスが世の中を駆けずり回ってら中で、この夏をTHE BOYS&GIRLSに渡してくれて本当に嬉しかった。あっという間の3ヶ月は、かけがえのないものになった。 何か発信をしていたくて、毎週水曜日21:00からツイキャスを使って「あいつの声がする」というひとりラジオを3月から本格的に配信し始めた。ラジオのレギュラーもなくなり、声を届けれる場所がなくなり、自分で作った。ディレクターもいなければ台本もない、スタジオもないので自分の部屋から。だらだらと話してるだけではあるけど、リアクションやメッセージをくれる人たちに支えられて今も続けている。そして、「あいつ」のおかげで、FM ROCK KIDSにたどり着いたと思っている。聴こえてほしい声は、出すのを諦めなければ、ちゃんと届くんだなと改めて思い知った。 そして今月から、毎週金曜日21:00から30分間、地元中標津で流れているコミュニティFM・FMはなで新しい番組も始まった。「ワタナベシンゴのN学団」という番組。「大切にしたいこと」のリリースとFM ROCK KIDSが不思議な繋がり方を見せてきたこの夏だった。この「ワタナベシンゴのN学団」は、中標津の人にどれくらい聴かれているかが今はまだ全くわからないし、恐らくまだ、全然聴かれていない。そしてradikoなどで聴けない分、町外の方でも聴くのがなかなか難しい。時間はリアルタイムじゃないと聴けないし。自分が聴けないラジオにメッセージを送るのもなかなか気が重いだろうし、メールの数も「ロックキッズ」と「あいつ」に比べ

とにかくやってみよう

首が痛いし、足も痛い。原因不明の擦り傷の存在に、シャワーを浴びると気付く。歯ブラシに手を伸ばした時に鏡に映ったアホ面のおでこが赤くなっている。ライブの翌日ってやつが確かにそこにあって、ロックの神様をぶん殴ってやりたい気持ちになった。 昨日6月27日、無観客配信ワンマン「ボイガルがいる」を見てくれた方に心から感謝します。30日の23:59まではYouTubeに残ってるので、何回でも行ってみてください。 会場入りから本番開始直前まで、本当にギリギリまでチームボイガルとチームスピリチュアルラウンジとチームHEXPで力を合わせました。 音は松本さん、幾度となくボイガルの音をやってくれてる。今回は難航した、が、何度も何度も確認してここだ!ってのを見つけれて。松本さんほんとすごい。スピリチュアルのPAやまっちにもサポートしてもらった、ありがとう。照明はスピリチュアルのつばめさん、出会って10年くらい経っかな、僕の要望に対してたくさん答えてくれて感謝です。 映像は、はなちゃんとHEXP阿部さん。1曲目、はなちゃんカメラの1カットでグッと始めてから2曲目以降HEXPの阿部さんの持つカメラも加えて一気に加速させました。バッキバキのスイッチングは、マネージャーの辻が。辻はすべてわかってるし、隣にはHEXPの千葉さんがいるから何も心配はなかったな。歌詞を出してくれたのは福岡さん、もはや歌詞岡さん。 そしてスピリチュアルラウンジ店長の新保さんが、後ろでどんと構えてくれていました。 僕らは、全員でライブをした気がします。 越えていきたかった。 8月23日から予定していた全国ワンマンツアー「少年少女の星屑」は、予定したいた13公演すべて中止にしました。間もなく発売になる『大切にしたいこと』というアルバムを持って、バラバラの場所でバラバラになった星屑を取り戻し見せ合い重ねたかったツアー。今のこの情勢考えた時に「俺には無理。このツアーに関しては、それだとちょっと違う」と、素直にそう思って、中止を選びました。 だけど、他に絶対ある。 幻となって消えかけてしまって星屑を、取り戻しに行ける方法が絶対にあるはずと、探しました。 見つけた答えは、“無観客で生配信で全国ワンマンツアーを回る”です。ツアータイトルは、《少年少女の灯火》。 ただ、ボイガルは本メン

ミッキーマウスマーチみたいに

夕方くらいから天気が段々と怪しくなってきていた。 配信ライブが終わり、会場だったmoleを出ると向こう側で雨の音がして、そこで楽屋に傘を忘れてきたことに気付いて取りに戻った。 「ボイガルがいる」から、もう1ヶ月くらいが経つ。moleの匂いは、「もぐらのあな」ぶりかな。あっという間に季節が過ぎて行く。僕は最後の出演者だった。ライブの出番が終わり、楽屋の奥の隅っこでアニーさんとカメラマンのはなちゃんと、ふーっとひと息ついていた。程なくして別会場で出演だった奥山漂流歌劇団の京くんも来て、4人で話をしていた。アニーさんと京くんが「ジャガイモはいいぞ」という話を熱弁していた。僕はそれをヘラヘラ聴いていた。はなちゃんはソファーに座らず地べたに座ってヘラヘラしていた。 僕はブログを書くよ、京くん。 左手に裸のマイクスタンドを持って、右手に傘を持って、水たまりも気にせずに晴れやかな気持ちで帰った。久しぶりの雨で、嬉しかった。詰まりに詰まっていた日々に、光が射すような気がして。ライラックの香りがしてふと顔をあげると、雨に濡れてキラキラしたライラックがそこに咲いていて、少し立ち止まる。 雨の音とその優しい香りに包まれて、ゆっくりゆっくり帰路を辿る。 気持ちよかった。 家について、手を洗ってうがいをして、水を一杯飲む。 ちょうど電話が来て少し話して電話を切ったあと、ふと、ミッキーマウスマーチが頭の中で流れた。 雨が降るとやっぱり、嬉しい気持ちになる。 言葉の中にある優しさに気づけるようになる。 とかなんとか思いながら焼きそばを作って食べて、シャワーをさっと浴びてごろごろすると、ゴロゴロと遠くで雷の音がする。ごろごろにゴロゴロを被せるな。段々と近づいてきてたけど、僕の住んでるところでは近くでドーンとはならなかった。それよりも自分のお腹のほうが鳴り続けていてそっちの方が怖かったな。ぐるぐる。 せっかく眠ろうと思っていたのに、そのせいですっかり目が覚めて、この時間。 でも今日はもう寝れそう、明るくなる前に目を閉じよう。大丈夫。 午前3時8分、いい調子。 明るくなって目が覚めたら、明後日の水曜日に通販でダウンロード販売になる「ボンサイに水」の2曲目をまたイチから作らないといけない。あ なんでかって? 昨日、「パソコンの

東の太陽

そろそろ飽きてきた、そうめん。 ちょっと前まで米を炊いてドバッと食べるみたいなことを続けていて、圧倒的に動く量減ってるからちょっと顔丸くなってきて、まずいなと思って、最近は主食をそうめんに変えた。 でも、そろそろ飽きてきたな、そうめん。 普通にめんつゆにつけて食べると、夏みたいな気持ちになって美味しいし。 油そば仕立てにして食べる方法もマスターしたからそれも美味しいんだけど、飽きてきた。あと2束残ってる。今日はその2束を食べて、月曜日から米は解禁しよう。 卵は好きだから、どんな料理でも嬉しい。米だろうがパンだろうが麺だろうが。 だけど、卵を食べるとすぐお腹壊してしまう。食べてご馳走様でしたってして、食器下げたらもうトイレみたいな。実は自分の身体には卵は合ってないのかなあ。なんて考えつつも卵を食べる。そうめんと卵ばっかり食べてるな。 カレーとかキムチとかもとっても好きだけど、ご馳走様と同時くらいにトイレ。 わかってるのに食べてしまうな。 わさびとかからしとか唐辛子とか、そういう類の辛いのは基本的に苦手だ。 今日も雨は降らなさそうだな。 東から眩しい太陽がぐんぐん上がってきてる。 なーんか、良くない気がしてる。人と話してなさすぎるし、入ってくるものも出していくものもない。もっと自分から開いていかないとダメだ。 その上、できないことがあると物に当たりそうになるんだよなあ、、、小学生かよ。 深呼吸、深呼吸。 日の光を浴びて、散歩とかしようもっと。 今日は夜、ライブする。 目を閉じて、イメージをする。 悲しくないように。 時刻は午前4時58分。 言葉ってほんとに、難しい。

コントロール

基本的には暖かくて晴れてる方がいいけど、適度に良い間隔で雨の音が聴きたいと思うのはわがままだろうか。雨が降れば試合は中止になるし、出かけることもできないし、靴も濡れるから、良いことはあまりないんだけど。でも不思議なもので、雨の音が聴こえれば、深夜の暴走車のエンジン音も上の階のドタバタも鳴り止まないサイレンも、少しは許せてしまう自分がいる。曲も、晴れてる日より書ける。決して晴れやかじゃないけど、落ち着く。 あーそうだ、米がなくなったから、買いに行かないと。 ここ最近は、日中は電話やZOOMなどを繋げてスタッフ陣と言葉と思いを交わして重ねて、それが終わったら一旦自分で考えて、そしてそこから新たに思いついたり気持ちが変わったりしたらすぐまた繋げて言葉と思いを交わして重ねて。だけど常にギターは隣に置いて、自分から歌が生まれることも決して諦めないで。全部を、なるべく逃したくない。いつ、なにが目の前に現れるかわからない。そして、それがいつ消えてしまうかもわからない。自分しかいないバンドのこと、自分で零すわけにはいかない。 今までやってきたようなライブはないけど、今だからやれるライブはある。今までもやってきてたことが、今だからこそより響くことになってたりもする。この2ヶ月半、いくつかの配信ライブと、いくつかのキャンペーン、ツイキャスでの毎週のラジオや、ひとりでの宅録。奮い立たせてくれたのは紛れもなくお客さんの力です。こんな日々でもメンバーがいないバンドをこうしてやれているのは、SNSや配信時に届く声に本当に力を貰っているからです。 延期になった3枚目のアルバムの発売まであと1ヶ月と1週間。 本当にたくさんの人の大切にしたいことが、このアルバムに詰まっている。こんなの内輪話だけど、でも、本当にそう思ってる。だからこの「大切にしたいこと」というアルバムを、これからは、このアルバムに大切にしたいことをくれた人の、その何倍もの数の人の大切にしたいことに変えたい。届けたい。誰かの大切にしたいことがこの作品になったから、この作品を誰かの大切にしたいことに変えたい。ノイズも入ってて、曲も単調で、コード進行もありきたりで、心に染みるような共感できるようなラブソングもないけど、この作品を届けたい。 ずっと考えてる。毎日、ずっと考えてる。 この先

ガリバタ豚焼肉&スタミナ唐揚丼

身体がバキバキ悲鳴をあげるくらいまで生きまくった4月30日だったはずだけど、結局、カラスがカァカァ鳴き始める時間まで眠れず、6時前くらいに眠った気がする。 カーテンの向こうがもう明るいのをなんとなく感じながら、起きたら夕方かもなんて少し期待してアラームをかけずに目を閉じたけど、10時過ぎに目が覚めた。 地元の友達が何人も夢に出てきた。 安酒場であーだこーだ言いながらいつものメンバーで飲んでる夢だった。 いいだけ飲んでだいぶ深い時間になってきた頃、僕が水を飲んでいる時けーちゃんが突然「貴婦人の形」というギャグで笑わせてきて、飲んでた水をブハァってしてしまって、やめろよ!!なんて笑っていた。それを見ていた健太が「やべえ、給湯室じゃん!久しぶりにやるべ!!」と立ち上がり、けーちゃん以外のみんなでそれぞれ水を含んだ。嫌だ嫌だ言いながら、僕らは水を含んで、けーちゃんはニヤニヤしている。 北海道中標津町育ち。 中標津中学校という中学に通っていた、2001年から2003年。すきま風びゅんびゅん、廊下は白い息、雪の日はなぜか廊下にうっすら雪積もってる時もあるような、ボロボロの校舎だった。そんな校舎の3年生の玄関のすぐ横に給湯室ってのがあった。こうやって打ってるだけであの頃の給食の匂いがするような気がするな。 その給湯室で僕らはいつも、みんなで口に水を含んで、一人が笑わせて、水を含んでる人は吹き出さないように笑うのを我慢するという遊びをやっていた。 そこで幾つものギャグが生まれたが、けーちゃんが「貴婦人の形」というギャグをやった時があって、あれはほんとに衝撃的だったんだよなあ。 前の日にけーちゃん家でみんなで遊んでる時に、「貴婦人」って書いてる甘納豆をみんなでおやつとして食べてて。その甘納豆の形を、次の日の給湯室で出してきて。最初何かわかんなかったけど、「昨日の甘納豆覚えてない…?」ってけーちゃんが言った時に全員ブハァァァア!!!!!!!みたいな感じだった。 健太はそれをパッと思い出し、「給湯室やるべ」と提案してきた。 …というところで目が覚めたんだけど、びっくりするほど眠くもないしびっくりするほど目覚めがいいので、今これを打っている。友達は元気にしてるんだろうか。 昨夜はTHE BOYS&GIRLS、実に3ヶ月ぶりの札幌