投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

オレンジの切符

コンビニ弁当、氷点下の外。
酔っ払いは騒ぎ、なりふり構わず深夜3時。
止まないサイレン、うるさい忘年。
ひとり、散らかった部屋、消した電気。
瞬きの数だけ、眠れないままで。
考えた分だけ、近づける気がして。
思わず出た言葉に、降り積もった粉雪、夏の日、思い出せば滲む俺は汗っかき。
ギャツビー、笑った街歩きながらこの先、何があろうとも忘れない伊右衛門。
心の、奥底、言えなかった夢も。
叶わなかったことも、変わらなかった俺も。
それでもきっと、いつかきっと、
思い続けた先に、それはあるだろう。
難しくてわかんなくて消しゴムなんてもってなくて。
だけど唯一の道しるべ、もう誰にも邪魔はさせねえって意気がって。
ひとりふたり、消えてった街。
サブロクは静まり、終電もなくなり。
調べた明日の便、飛べるわけないがそれでもいい。
元気にしてるか、友達。ぶん投げた携帯、気づかないSOSに。
もううんざりだよな、わかるよなんとなく。
だけど俺はどうしてもあの日を、忘れるような奴にだけはなりたくないって思うんだ。

コンビニ弁当、氷点下の外。
酔っ払いは騒ぎ、なりふり構わず深夜3時。
今夜こそゆっくり、眠れたらいいな。
てっぺんが来るその前に、なんにもなかったように。