投稿

大切にしたいこと

イメージ
5月12日に帯広MEGA STONEでライブがあった。イベントはセッチューフリー、内容はBiSHとツーマン。メガストーンでライブをするのは初めてだった。
カイトとケントとトモヤさんが脱退して、2本目のライブ。サポートメンバーはベースが三角、ドラムがポルノ(大岡)、ギターは急遽DOUBLE SIZE BEDROOMの正和さんにお願いした。新体制1本目でギターを弾いてくれたウズラが出れなくなったため、今回は正和さんにお願いした。ウズラの地元が帯広で、あいつが高校生の頃に帯広でやっていたバンドに僕は世話になったから、あいつとこんな形で帯広に帰れるのが楽しみではあったけど、仕方ないことは仕方ない。すべて、あのバカうまいカレーライスのせいにして水がぶ飲みで飲み干そう。
僕はずっと、帯広restというライブハウスに世話になっている。去年の5月には、初めての帯広ワンマンをやった。場所はもちろんレストだ。あの日は友達の誕生日だった。あずまりゅーたって奴。りゅーと飲んだ酒の量は数知れず。りゅーと越えた夜の数も、面倒くさいほど。りゅーと二人でレンタカーで、レストに弾き語りに行ったこともあった。あの日は、えりこちゃんというとんでもない最高な鍵盤弾き語りの子と一緒だった。今でもたまにCDを聞いている。僕とりゅーは二人で会うと、よくあの子の話になる。あの子はロックンローラーだった。
話を戻そう。
去年の帯広ワンマンの日、レストのなおさんとやまさんと話している時に「ウズラくんは元気にしてる?」と言われた。この日に限ったことじゃなく、レストに行けば大体いつもあいつの話になる。「ああ、なんとかやってるみたいですよ」と僕は適当に答える。レストと僕をこんなんにも繋げてくれたのは紛れもなくウズラだ。 なおさんは「あずまくんも元気なの?」と僕に言う。「ああ、なんとかやってるみたいですよ」と僕は適当に答える。だけどなおさん、すいません、あの頃実は、りゅーは僕からの連絡を全部無視していたんですよ。あの頃、りゅーはライブハウスにも姿を見せなくなって、音楽もやらなくなって、閉じこもっていたんです。ひたすら仕事して。で、僕だけ彼と連絡が取れなかったんです。なんか、僕に会わせる顔がなかったんですって。ひどくないですか?そんなことどうだっていいのにね、僕の電話もメールも全然繋げてくれなかったんですよ、メールくらいして…

陽炎

桜が散り始めてて、綺麗だけどやっぱりどこか虚しくて、美しいけどやっぱりどこか汚くて最高。ラジオからチャットモンチー、したいことが多すぎて散らかった狭い部屋。よし、早めに引っ越そう。

変わらず元気ですよ。 と言いたいところだけど、いやいや、変わらないわけないんだな。勝手が違うんだ、今までと。できなくなったことも確かにある。でも、できるようになったこともたくさんある。現状維持で進めるつもりがないから、変わり続けていく。それが僕の変わらないってことだ。やっぱそれが良くて、生きてるなって感じることができる。ひとりでも、バンドなのだ。友達が力を貸してくれて、僕は今日も音楽の中にいる。
四月頭、レコーディングをした。たった一曲だけのレコーディング。 八年間一緒にやってきたメンバーがバンドを離れひとりになって、十日ほどで新曲のレコーディングをした。もちろん時間は詰め詰めの状態。一月頭から三月頭までは舞台があって二ヶ月札幌にいなくて、帰ってきてから速攻でオリジナルメンバーで最後のツアーで、弾き語りも福岡と広島で間に入っていた。毎週水曜日はラジオもあった。それでも僕は一歩先へ行きたかったし、それがこのバンドのやり方だったから、わずかな隙間を埋めるようにサポートの三人ともスタジオに入っていた。彼らのそれぞれの活動や生活を擦り合わせながら、スタジオはいつも日付が変わるてっぺん付近だ。THE BOYS&GIRLSというバンドをよく知る三人が本当に頑張ってくれて心から感謝している。 録れた音は、強く儚く優しくて、今にも消えそうだけど姿形を変えてここぞという時に現れてくれるような、そんな素敵なものです。 レコーディングが終わって、ドラムの大岡新之介(ポルノ)の車で四人ですすきのに向かっている間、録り立てほやほやのそれを聞きながら「かっけえな。。。」ってずっと言っていた。あの日はなかなか、飲みすぎたな。
その曲は、「陽炎」と言う曲です。


専門時代の後輩で僕にとって大切な友達に、健太というやつがいる。 メンバーが抜けることが決まったすぐ後に、深い意味はないけど健太を誘って飲みに行った。出会って十年くらいが経ったけど二人で飲むのは初めてだった。健太にちゃんと会うのも何年振りかだった。健太は、普段バリバリ働いていて、ボイガルのライブに来れる時は仕事終わりに駆けつけてはいつも一人でスーツで拳を…

ともだち

イメージ
ワンマンツアー「少年少女の陽炎」が先日3月28日に終了しました。同時に、ケントボーイズとソトムラカイトとカネコトモヤとの日々にも幕を下ろしました。彼らと過ごした8年間という長くも感じれれば短くも感じる年月は、僕にとって一生の宝物です。30歳になり、30歳くらいの太ったおじさんたちとの日々のことを「一生の宝物です」なんていう日が来るとは思っていませんでしたが、隠しようがありません、一生の宝物です。


言い出したのは、僕でした。
あの日僕が言い出さなければ、きっとこの4人で今日もパワースレイブスタジオで練習をしていたかもしれません。彼らはいつも優しくて、いつも僕の思いを一番に考えてくれていました。いつもそこから始まって、彼らはいつも重たい荷物を背負ってくれていました。ごめんよ、そしてありがとう。この4人での最後のツアーは、駆け足で過ぎていって、気づけば布団の中にいました。ずっと笑っていたと思います。ライブが終わると、ま〜し〜さんが楽屋に来ました。ま〜し〜さんは、僕がボイガルを始めるきっかけになった人であり、ケントを無理やり僕に紹介してきた人であり、THE BOYS&GIRLSというバンド名にした由来の人でもあります。数年ぶりに会ったま〜し〜さんは、10年前のCOLONYの楽屋と何も変わらず、「お前ら辞めるのか!やばいね!」と笑っていました。5人で写真を撮りました。

打ち上げはいつもの店で、いつものチームで。あまり覚えていません。
一次会のお店を出るとき、ケントが「シンゴちゃん、ほら、これ。練習用でもなんでもいいし、ほら」と、ギターを僕にくれました。いらないなと思いつつ僕は受け取り、ビルの前に固まっていたみんなに向かって「じゃーね!」と一言残して二次会には行かず誰よりも先に家に帰りました。左肩に重くのしかかるあいつのギター、何度か見送った青信号、袖に落ちてきた雪と穴の空いたジーパンの帰り道を、なるべく早く忘れようと思いながら帰りました。

ありがとう、またね。


撮影 南風子



THE BOYS&GIRLSは、まだ止まりません。なぜなら僕がいるからです。
次のライブは、4月20日、カウンターアクション。そのあと5月12日、帯広メガストーン。そのあと6月20日からTHE BOYS&GIRLSの「明転ツアー」が始まります。
5月中旬には「陽炎」と言う曲を配信…

泣いてる暇は俺にはない

この4人での最後のツアー、「少年少女の陽炎」。大阪、東京ときてくれた方、ありがとうございます。4ヶ月ぶりのライブは特に変わったこともなくトラブルもなく、一つまた一つと夜はあっさり終わっていきました。ちなみに僕は一滴も涙を流していません。

明後日27日水曜日、FM NORTH WAVEで四年間やらせていただいている「ボロドンバーン」という番組が最終回です。2015年4月、メジャーデビューのタイミングから始まり、そのあとリリースも全くなかった僕らに四年間電波を預けてくれたこと本当に感謝しています。僕はラジオが好きだし話すことも苦手だけど好きなので、本当に毎週楽しみにしていました。もっと音楽的な何かを伝えていければよかったなと今になって思います。この4人でのこれまでの日々を広い心で受け入れてくれていたノースウェーブに頭が上がりません。明後日の最終回、きっといつも通り淡々とあっという間に1時間が過ぎていくような気がしています。この4人でやる最後のお仕事です。ぜひ聴いてくださいね。

そして翌日28日木曜日、札幌で八年間やってきたTHE BOYS&GIRLSが結成からのオリジナルメンバーでやるライブが最後です。「どのライブも初日!どのライブもファイナルだ!」なんて大口叩いてきた僕ですが、これは、まぎれもないファイナルであります。僕がこの四人でずっと目指してきたものに、この日到達できればなと思っています。追加公演もありません、生配信もありません。この4人でやる最後の音楽です。ぜひ聴いてくださいね。



勢いよく投稿ページを開いてみたはいいけど、書くことが全然ないや。
そういえば、ツイッターとかで「こういう帽子かぶってる人、だいたいこういう服着てる」みたいなツイートする人が死ぬほど嫌いなんだけど、それに対してバカにしてないっぽく反応してる人も物凄い嫌いだなって思う。「こういうの着てる人まだいたんだ!」とか。誰かの服をバカにする人がすごい嫌いだって、最近気づいた。好き嫌いを発信するのは別にいいけど、好きでそのことをやってる人がいることに対して最初から「あはは、考えられない」みたいなのは、おかしいよ絶対。

何の話やねん。ちくしょう。オナニーして寝る。

みみ、ばしる

イメージ
そういえば、知ってた? 意味ないことなんて本当にこの世に一つも存在していないみたい。だって僕は見たんだ、この目で見たんだ、登戸の手前あたりで吊革につかまった自分の情けない顔を。僕は感じたんだ、この心で感じたんだ、永遠の中の一瞬ってやつを。悲しいかな、今になって涙が出そうになるのは畜生そういうことですか。
「みみばしる」が終わって1週間が経つ。書こう。


石崎ひゅーいさんから電話が来たのは去年のいつ頃だっけ、もう思い出したくもないな。「シンゴ、来年初めから3月頭くらいまで、どんな感じ?」って聞かれて、はっはっは仮にも僕はロックバンドですよ人気は無いけど年に100本近くライブをしてきているしたった数ヶ月先ならとっくに決まってるに決まってるじゃん、なんて言えず、「何にも決まっていません」と答えたんだ。
はっはっは、ほんとに何にも決まっていなかった。何にも決めれない時だった。バンドが変わろうとしていた。バンドが終わるかもしれない時だった。11月9日までのSONG FALLS TOURが終わったらその先のことは考えようとなっていた。ひゅーいさんにはまだはっきり言えなかった。でもあの時ひゅーいさんは、なんとなく、なんとなく僕の気持ちを察したように「そうか、わかったよ。またすぐ連絡するね」と言って電話を切ったんだ。

しばらくして正式に、舞台「みみばしる」のオファーが来た。ひゅーいさんが「俺が歌を作る、それをシンゴ、お前に歌ってほしい」と言う。僕は「わかりました、一生懸命歌います」と言う。

結局バンドは、僕以外のメンバー3人が抜けることになった。3月に最後のツアーをやろうと決めて、同時に僕はその先もひとりでボイガルをやることを決めた。

年が明けて1月、始まった稽古、飛び出した札幌。小さなキャリーバッグに詰めたのは少しの服と、あとなんだったっけ。あの時ちゃんと、覚悟とか希望とか、そういうのも詰めてこれたっけ。50泊51日の旅が始まった、ひとりは好きだし慣れてるんだ。
ただ、
北海道の田舎育ち、無名のロックバンド、うまくもないしカリスマ性もない、人気もなければ裏声も出せない。そんな僕にこれ以上何ができると、腐りそうになった時も確かにあったな。そんなにひゅーいさんがいいなら、ひゅーいさんの歌がいいならよって、ひとり酔っ払って事務所の隣のファミマで吐いた夜もあったな。見返した写真、電話の向こう側、救われた夜…

あの日の叫びは嘘じゃない

東京生活が始まってから、1ヶ月が経ちました。気づいたら、舞台「みみばしる」は残り福岡で3公演、大阪で4公演のみ。6日のプレビュー公演から17日までの12日間(12日は休演日だってので実質11日間)での下北沢本多劇場16公演ですら劇的な速さで過ぎていったように思うので、この先に待ってる7公演は30分くらいで過ぎていくのかなあとビクビクしてます。

本格的に稽古に合流したのが1月18日からで僕だけ少し遅れての参加になって、不安もあったしプレッシャーも勝手に感じたりもしたし気候も全然北海道と違うから大丈夫かなと思ったりもしたけど、関わる全ての方に力を貰いながら、ここまで来れました。まだ終わってないけど、全然終わってないけど、本当に感謝がドバドバです。


ずーっと事務所に寝泊まりしていて、下北沢から稽古場までの30分が遠く感じたり近く感じたりと日によって違ったけど、それも愛しくて、目を瞑ってでも改札の向こうに行けそうな気がしました。駅から稽古場までに広がる15分の青空は、バンドのことを忘れないでいさせてくれました。曲がり角からきこえる風の音は、出てこない歌詞を連れてきてくれました。行けなかった豆腐屋さん、たまに現れるたこ焼き屋さん、ホームに流れるメロディも、何百年も前にも感じるし昨日のようでもあります。

嗄れてく声に、暮れてく夕に、過ぎてく時間に、僕らみみばしるチームは今を乗せようと必死になってここまで来ています。正解がわからず、完成が見えず、だから戦って足掻いて踠いて、笑ったり泣いたりしてます。

始まった時に唯一決まってる未来が"解散する日"だなんて、こんな切ない世界があっていいものかって思いました。「みみばしるやりましょう、東京福岡大阪いきましょう、最終公演は3月3日です」というように決まったと思うのだけど、でもそれつまり3月3日に解散するってことじゃないですか。バンドじゃそんなことありえないんです、「ツアーやろう、全国何箇所でライブしよう、それで解散しよう」とかはあるかもしれない(現に3月の現体制ラストツアーも言うなればそんな感じだし)けど、「本気でバンドやりたいからやろう、どこどこでライブしよう、でこの日に解散しよう」なんて、僕が知らないだけかもしれないけど聞いたことない。始まった時に終わる日が決まる世界。

こんな世界の中で、何かを受け取り発信し探…

まだ戦える

1月28日、あけましておめでとうございます。 今年は約10年ぶりくらいに中標津にある実家で元旦を迎えた。実家には両親と僕。とてもいいものだった。
2日に中標津から飛行機で札幌に帰ってから、怒涛の1週間。新年になり8日までのうちに6回飛行機に乗り、飛行機はもういいなと思った。でも、苦手な飛行機に乗るからこそ進むことってのがたくさんある、へっちゃらだ。

1月13日の午後に札幌を出てから、2週間が経った。50泊51日の旅は、まだ半分も進んでない。小さなキャリーバッグに5日分ほどの服。普段なら多いくらいだけど、さすがに少ないか。 東京の風が強くて、鼻水が出る。でもずっと快晴、毎日のように青空がすごくて、何故だか吐きそうになる時がある。うえええ

舞台「みみばしる」に出演するため、ほぼ毎日稽古の日々。言葉ではうまく表すことができない日々を過ごしてる、とてもいいもの。日に日に良くなっていく、とかじゃなく、10分ごとに、5分ごとに、1分ごとに良くなっていくというか。変わっていくというか。バンドやってるだけじゃ感じることのできないような感覚の中で日々ジタバタしてる。 普段から役者として活動してる人もいれば、アーティストの人もいて、大工さんもいれば、高校生もいる。ラジオと演劇が合わさったこの舞台は、想像よりもはるかに色んな世界や色んな人を巻き込んでいる。 終わりに向かって進むことを望んでいる。解散する日が決まっている。初めてのツアーが、最後のツアーだということを、みんなわかって集まっている。それが舞台というものなのでしょうか。きっともう二度と、集まることはできない気がしている。それが美しいんだ。

まだ戦える。僕らは耳を走らせる。

この舞台が終わったら、THE BOYS&GIRLSの現体制でのラストツアーが始まる。こちらは解散はしない。何度いえばわかるんだよ、くそ。休んでる暇などない、胡座かいてる場合じゃない。でも、ちゃんとしんどくなって、ちゃんと下手こいて、ちゃんと感情受け止めて、瞬間を人間らしく生きる。



全然、平凡な毎日。 伝えたいことをうまく伝えれないことなんて毎日。わかってあげたいことを、わかってあげれてるかどうかもわからないってこと、毎日。 でも諦めちゃダメだ。
イヤホンの向こう側、聴こえたら合図さ。