投稿

39分18秒の夏

イメージ
2000年、小学校6年生の頃。クラスメイト達と「バンドやってみよう」という話になった。千葉ちゃんがギター弾けたし、山家がドラム持ってたから。「何からやる?」「わかんないけど、ラルクやってみよう」「そうだね、ラルクやろう」ってなった。俺は、楽器買ってもらえなさそうだったし、ボーカルになった。 「ライブもやってみよう」となって、先生に相談して卒業式の少し前に学校の視聴覚室を使わせてもらって、開催した。「HONEY」と「STAY AWAY」の2曲。バンド名は「RAMPAGE」にした。健太の家にあった英和辞書を使って、見つけた単語だった。 あれが、人生で初めてしたライブだった。 それから2003年10月の中3の頃の文化祭、2007年3月の高校生活の最後に、1回ずつライブをした。高校を卒業するまでに経験したライブは3回、いずれも出演者として。 俺は、ライブを「見に行く」という体験だけは、当時できなかった。 高校を卒業し2007年3月の終わり、最後に自分の部屋にあった安いラジカセに、SUPER BUTTER DOGの「サヨナラCOLOR」のシングルをセットして1回聴いて家を出て、地元を離れ札幌で一人暮らしを始めた。 新たに始まった札幌での生活は、刺激的だった。 出会った友人達は、みんな音楽に詳しくて、みんな「ライブ経験者」だった。「いついつの、どこどこの、誰々のライブが」と色んな話を聞かせてくれた。その度に、「いいな、俺の地元にはそういうのなかったから。羨ましいな。」と、いつも思うことは同じだった。でも、みんなの話は楽しかったし、俺も早く「ライブを見に行ってみたいな」と思った。 その年の8月、「みんなでライジング行こう」という話になった。すぐにみんな「最高!行こう!」となった。カズトがそういうの詳しかったから色々教えてくれた。心臓がバクバクした。 カイトが当時市電通りに住んでて、近くのローソンまでみんなで行って、14,000円の通し券を買った。買い方がわからなかったから、カズトに教えてもらいながら。手が震えた。 金魚の糞みたいに、みんなにくっついて、色んなライブを見た。 それまでイヤホンの向こうにしかいなかったのに、雑誌の中にしかいなかったのに、ビデオの中にしかいなかったのに、歌詞を書き写したノートの中にしかいなかったのに、みんな俺の目の前で演奏していた。ここからだとこんな風に

変わるしかないぜ

生きて、また会いたい。そんなことばかり思う。 完璧な人なんていないし、うまくいっているように見える人でも、きっと見せない傷がある。 だからこそ、生活の中にふと流れる音楽というものを信じている。俺にとっては音楽が一番近くにあるから。だから、音楽が結んでくれる目に見えない結び目を信じている。 23日、下北沢、SEVENTEEN AGAiN企画「真夏のリプレイスメンツ」 思い出すのは、2009年から2010年にかけての札幌北区、ガラガラのライブが終わった後の情けない打ち上げ。あの日誰かが急にSEVENTEEN AGAiNというバンドの曲を流した時が、始まりだった。どんなに追いかけても擦りもしなくて、その度に諦めて、それでもずっとほどけなかった。俺のそばにいてくれた。 2019年春、うちのメンバーが脱退してすぐ、下北沢で対バンした時。俺は弾き語りで、SEVENTEEN AGAiNはバンドで。あの日、終わった後に外でヤブさんが話してくれたこと、すごく嬉しかった。「俺にはバンドが見えたよ。だから大丈夫だよ」と、あの人はその時、俺に言った。 リプレイスメンツ、知ってるバンドが呼ばれていくのを唇噛み締めながら見ていたこれまでの日々。「いつか俺も」そんなことを思っていた。 2022年夏、ヤブさんから声がかかる。ずっと待っていた。 ボイガルは1番目、まだ熱さが上がりきっていない楽屋でその時を待っていた。 ヤブさんが来て、「前説するから、それ終わったらボイガルの流れね」という。俺は「わかりました」と答えた。 ヤブさんが前説に出て行くまでの数分、ステージにつながるドアを背にして、ヤブさんと並んで座り、話をした。リプレイスメンツのこと、あとはなんだっけ、何話したっけ。 俺にとってのあの数分は、ドキドキして、優しくて、愛しくて、なぜだか「生きよう」って思わせてくれたものだった。だから、数分後に始まるボイガルのライブも、見てくれる人がそんな風に感じてくれたらいいなと、漠然と思った。 後ろまでよく見えた。たくさんの人の中で、何度も頷いてくれていた人がいた。 いいライブができた。胸を張ってそう言える。なぜなら俺は生きているから。命のまま、あの日の俺のままで、ステージに立てていた。そこに嘘はない。そして、もっと強くなりたい、そう思えた。 出番が終わってすぐ宿に帰り、布団に横になりながらひとりSEVEN

隅っこの誰かまで

イメージ
 昨日、FREEDOM NAGOYA 2022に出演してきた。とんでもないでかさのフェスティバルだった。ここに混ぜてもらえたこと、本当に嬉しく思う。 朝6:30頃家を出て、いつものように快速エアポート。電車の中、飛行機の中で、色んなことを考えて会場に向かった。 会場は、中部国際空港から徒歩5〜10分のところにあった。明らかにフリーダムに向かうお客さんたちが結構いた。 空港内に「フリーダムナゴヤ会場はこちら」という看板を持ったスタッフさん達が何人か立っていた。ライブを見ることもなく、朝から晩までずっとあそこにいたんだろうか。無意識のうちに、先月のSHIRUBE 2022、シルベクルー達の顔が頭に浮かんだ。 ビレッジマンズストアやLUCCIのライブを見て、名古屋をビシバシに感じた。ライブハウスとバンドが切磋琢磨してでっかいフェスに辿り着く。羨ましく見えた。 色んなところにヒントが転がっていた。 それらをなるべく拾い集めて、なんとなく、「今日はこういうライブになりそう。こういうこと言いそう」と珍しくイメージが浮かんだ。まあ、そういう時は、そうならないんだけど。 時間になって、シュンキさんと三角とポルノとステージ裏まで移動した。 そこで、さっきまでのイメージしてたことが、あっさり塗り替えられた出来事があったので、記しておく。 黄色いスタッフTシャツを着た女の子が声をかけてきた。何かあったかしらと思い耳を傾けると、「シンゴさん、私名古屋でバンドをしています。本番前にすみません。マーブルケーブというバンドをしています。私もボーカルもボイガルが好きで、すみません、CDを聴いてもらいたくて受け取ってもらえませんか?すみません、今しかないと思って。受け取ってもらえませんか」と、暗がりで、少し震えながらも一生懸命話してくれた。 つい先日、実は俺も全く同じようなことをした。 いつも使っているスタジオで、隣の部屋にずっと憧れている方達がいることに気づいて、その方達の帰り際を狙ってボイガルの練習を中断してCDを渡しに行った。俺もその時、めちゃくちゃ声が震えた。 話は戻って 「ありがとう。もちろん、ききます」と受け取ると、その子は嬉しそうにしていた。 「お名前は?」ときくと、「ともちです。ボーカルは銀平です。あいつはフロアでボイガルを見ると言ってました」と教えてくれた。 ともちから貰ったそのC

変わるスピードが違ったんだな

前回の投稿以降、結局なーーーんにも投稿できないまま、ここまで来てしまった。 確かあの頃は、「よーし公演ごとに書いていくぞう(ぞお)」なんて思っていたはずなんだけど。なんていうか、そういうとこなんだよな。 まあでもいいじゃんね、誰に頼まれるでもなく勝手に自分でやってるんだし。 バンドだってそう。誰に頼まれるでもなく自分が好きでやってるんだ。 とは言え、俺に頼まれて一年半近く共に音を出し続けてくれている駿と三角とポルノにはマジで感謝している。本当にありがとう。 今日の午前8時に大通TSUTAYA跡で待つみんなを拾いに行った。TSUTAYAの前でみんな仲良く固まってるのが見えた時何でかわかんないけど泣きそうになった。車に少ない荷物を積んで、強風と雨に煽られながら道東道を進んだ。福岡さんが「平日のこの時間は北郷までの道が混むから札幌北から乗ろう」と言っていた。鹿は一頭しか見つけられなかった。 結局、なんだかんだ、このフルチームみんなで中標津に来たのは初めてだ。 明日は、ツアーファイナルだ。中標津高校2年、ミクロという怪物バンドも道連れ。 現在、20時33分。チケットは、会場販売のものもイープラスもローチケもなくなり、残ってるのは、ぴあの分がほんの数枚。ほんの数人分。23時59分まで購入可能とのこと。 明日も早い。きっと、その頃には俺は寝てる。 そう言えばこの町は、高校卒業するまでの全てを捧げた町だな。 まあ、だからどうした。明日もいつも通りに、いつも通りじゃない一日になるに決まっているのだ。

あの時やめなかったのは

コメダ珈琲、窓際カウンター席にいる。 今これを読んでくれてる人にはどうしても伝えたい。完全にお腹がぶっ壊れてる。なんだこれは。お腹の中で、普段のんびり暮らしている天使たちが確実に何かに冒されているのがわかる。ただ、言わずもがな、コメダは何も悪くない。原因はわかっている。さっき食べ過ぎたんだ色々。コメダに来る前に、蕎麦とか天丼とか、どっちかだけにすればよかったのに。こうなることはわかっていたのに。 ただ、言わずもがな、蕎麦屋は悪くない。悪くないんだ。 俺はこれを打ち終えるまで席は立たない。なぜなら、さっきから何回かトイレに行こうとはしてるんだけどことごとく使用中のタイミングにぶつかっていて、もうレジの前を通るのがちょっと恥ずかしいから。「あいつまた入れてないじゃん、大丈夫かよ、ぷすす」って言われてるんじゃないだろうか。そんなことを考えると俺はもう会計まで席を立てない。 「town to town 2021」というツアーが始まった。6月に発売した「town to town」という4曲入のシングルを携えて。 とはいえ、昨年の7月に出した「大切にしたいこと」という3rd albumのツアーも配信でしかできていないので、個人的にはこのアルバムとシングルを合わせたツアーという気持ちも込めている。というか、勝手に込まさっている。込まさっているんだ。 初日は札幌cube gardenにて、愛と傷と熱狂、SULLIVAN's FUN CLUBと。 本当にようやく、サリバンと二人きりになれた。俺たちは同じ街で息をし、同じ街並みを歩き、同じようにあまり友達がいなかった。初日の札幌はサリバンしか考えていなかった。ありがとう。サリバンのギターのカズマは、今ボイガルでベースを弾いてくれている三角とともに、高校時代にcube gardenにボイガルのライブを見にきてくれていた。 あれから何年が経ったろう。その三角はボイガルに、そしてカズマはサリバンに、そしてこの日初めてのツーマンで、カズマは初めてのcube gardenのステージときたもんだ。 こうなることはわかっていた。わかっていたというか、こういう風にできている。決して美しくはないけど、啜った泥水の味をちゃんと覚えてるやつには、必ず次の一歩がある。 チケットはソールドアウト。ホッとした自分がいた。コロナの影響もあり、コンサート業界で

town to town 2021

暑くてもう、毎日冷えピタ貼ってる。すんごい暑い。 部屋にはエアコンがついていないので、部屋にいる時は扇風機がずっと稼働しているんだけど、この扇風機ももう13年くらい使っていて。もしもこいつが壊れたら、なんて野暮なことは考えない考えない、考えないぞ。 6月23日に『town to town』というシングルを発売しました。 「その羅針盤」「なんにもできない空だって」「くだらない雨」「歩く日々ソング(Live version.)」の4曲入り。街から街への移動もろくにできず、会いたい人に会いに行くこともできず、音楽を直接交わすこともできず、そんな日々の中で形にした3曲です。 そして、1stアルバム「バックグラウンドミュージック」に収録している「歩く日々ソング」のライブバージョンを4曲目に。なぜこれを入れたかというと、town to townというタイトルに込めた気持ちに当てはまるものを感じたから。あとはジャケットに、地元中標津町にあるショッピングモール・東武サウスヒルズの写真(撮影はなさん)を使おうと思っていて、「歩く日々ソング」のMVには中標津も出て来ることもあって。 そんな「歩く日々ソング」を、4月に東京で開催するワンマンライブでの模様を収録しようとなっていた。実に約1年2ヶ月ぶりに北海道を飛び立ち道外でのお客さんの前でのライブ。当時の状況もありギターの駿が急遽来れなくなり3人でのバージョンとなっているけど、やるしかなかったので一生懸命やった。俺のボロボロギターが火を吹いています。 そんな「town to town」、リリースツアーを9月から開催します。 今回は全9箇所、各公演にゲストバンドを1組お呼びして、2マンで。タイトルにちなんで、その開催場所で暮らしているバンドに声をかけました。今回はそこにこだわり、もちろん様々なストーリーもあり、対バンしたことあるバンドから、初めましてのバンドまで。 ただ単に地元バンドよろしくという気持ちじゃなく、まだ見たことのないページに出会えるように。全バンド発表しました。 ■1本目、9月26(日)、札幌cube garden w / SULLIVAN's FUN CLUB このツアーは札幌からスタート。呼んだのはサリバンズファンクラブ。サリバンの音楽やライブに何度もパワーをもらって来た。俺にとってのそれは「元気をもらえる」とかの

優しく響いておくれ

6月19日に「SHIRUBE 2021 ONLINE ~LIGHT IS HOPE~」が終了。 一息つく間も無く、22日には札幌PENNY LANE 24で四星球とのライブがあり、23日にはニューシングル「town to town」が発売。その日は市内のレコ屋に挨拶回りをして一日が終わった。 YouTubeでの5時間生配信に切り替えたシルベが終わって、12日が経過して、ようやく「なんか残さなきゃ」という気持ちになっている。ただ、はるか昔の出来事のように感じているのでうまく書き留めれる自信はない。疲れたら途中でやめる。 「SHIRUBE 2021」開催までの経緯と、通常開催中止を決めたところまでのことは2つ前の投稿を読んでください。今日は、仕込み日だった前日18日からの2日間のことを書く。 この二日間のおおまかなタイムスケジュールは、 前日18日の仕込み日は、10時00分から20時00分の約10時間。仕込み、配信本番に関するありとあらゆるチェック、そしてボイガルのバンドリハーサル、全て込みで20時00分くらいまでに終えれたらいいなというスケジュールだった。 そして当日は、配信開始が14時30分だったので、前日にできなかったことや最終チェックなども考えて逆算して9時00分集合だった。 これが、マストで必要なタイム感だった。 18日、10時00分、札幌市内の某会場集合。 秘密にしたいので会場名を「A」とする。(ちなみに、ライブハウスではない) 外は快晴、いい天気、すでに気温もかなり上がっていた。大量の機材たちを持ったシルベンジャーズ達が続々と集まってきて、みんなで「よーし運ぶぞ〜」なんて言いながら、何往復もしてAの中に搬入した。Aに一通り搬入が終わり、各セクションごとにそれぞれの持ち場を創り始めていった。すごくワクワクしたけど、みんな動き早過ぎてバケモノみたいだった。美術の市川さんが作ってきてくれたステージのバックに吊るす幕とトークブースのバックに吊るす幕に感動。サイズも一寸の狂いもない。市川さんは、エルレガーデンのTシャツを着ていた。 プロ中のプロ達が、どんどんと進めていく。「シンゴこれはどうする?」「シンゴこれはこっちの方がいいか?」などと聞かれては「最高です」と答え続けた。 ボイガルのライブの演出として最後の最後でつけようと考えていた星の灯り(星球)を、やいのやいの

大切なお知らせ

明日、「SHIRUBE 2021 ONLINE ~LIGHT IS HOPE~」が開催されます。 YouTubeで、5時間生配信です。 そもそも、「SHIRUBE 2021」という名前で、北海道の中標津町という町で、中標津空港の目の前に広がる広場で、ドカンとやろうとしていました。僕らは野外フェスをやろうとしていました。でもそれは中止にしました。 あの時中止にしてよかったなって、この先ずっと思えるように、この1ヶ月進めてきました。 本来出演予定だったFREE KICK、フラワーカンパニーズ、NOT WONK、四星球、KALMA、ズーカラデル、ハルカミライ、金子智也、N中吹奏楽部、農高太鼓局、N高音研部、THE BOYS&GIRLSのみんなに、心の底から感謝します。 「中止に決めた」という連絡をした時も、みんな「なんでもするよ」と言ってくれました。 明日のオンライン配信では、この出演バンドたちからコメント動画をもらっています。 みんな、めっちゃくちゃに話してくれています。 シルベのこと、中標津のこと、たくさん話してくれています。 SNSに流れていくような1分くらいのものじゃなくて、それぞれの言葉で、たっぷり話してくれています。 僕は主催の人間なので、当たり前だけど全部すでに確認しているのですが、なんだか再生する前から涙が出そうになったり、笑いすぎて涙が出そうになったり、大変でした。 そして、中学校の吹奏楽部と農高太鼓局とN高音研部からは、実際に演奏している映像をお借りしました。この最強ラインナップの中で、中標津で生きる彼ら彼女らがステージに立ったところをイメージしてもらえると思います。こちらも僕は、何度も涙が出そうになりました。 もし今回の出演アーティストの中で1組でも知ってるアーティストがいて、同時に1組でも知らないアーティストがいるのなら、なおさら楽しんでもらえると思います。 出会ってください。「このバンド知らなかったけど、こんな気持ちなんだ」とか「こんなアホだったんだ、、、」とか、たくさん感じて欲しいです。 本当はみんな音楽を届ける人たちだけど、こういう形だからこそ、普段なかなか聞けない言葉を放ってくれています。 明日、生演奏に関してはTHE BOYS&GIRLSのみとさせていただきます。 やっぱり、フェスだし、どうにかして生で音楽を届けたいと思っ

シルベのこと書いておく

ハッピーニューイヤー。 ブログの更新をできなかった約5ヶ月の間、炊飯器の電源コードをずっと探していました。そして先日、遂にその長い捜索に終止符が打たれ、最近は茶碗の中でダンスっちまっている米たちを眺めています。 さて、 ちょうど一年前、僕は突然「フェスをやりたいな」と思いました。バンド活動を進めて来たこの10年の中で色んなアクションを考えては来ましたが、「フェスをやる」ということだけは微塵も思ったことがなかったので、自分でも「?」って感じだったけど。 でも、思いついた同タイミングで「よし決めた、やる」という感じでした。 その頃といえば、「イベント中止、アルバムのリリース延期、ツアー延期、振替公演いつにする、会場どこにする、そもそもどうやってやる、配信どうやってやる、ライブハウス叩かれてる、ステイホーム、エトセトラ」で、なくなったもの・なくなっていくものをどのように再構築するかでいっぱいいっぱいの時だったように思います。 ただ布団の中でふと、「このまま再構築に追われて、そしてそれを遂行できたとして、それで一年終わってしまう」と思いました。それが終わった時に、「じゃ次はどうしよう」じゃ、ちょっと遅いし。そんな時に僕は、フェスを思いつきました。“1年後”のフェスを。 マネージャーの辻、レーベルのボスのツネさん、ライブ制作の福岡さんに、「1年後中標津でフェスをやりましょう」と伝えました。中標津空港の前に広場があるからそこでやりましょうと。みんな案外すぐに「よしやろう」となり、僕らの激動の2020年が始まったのです。 中標津町とは、北海道の道東に位置する町で、僕の故郷です。 町中にライブハウスはなく、映画館もなく、週末になると必ず誰かがライブしてるという光景はありません。ただ、僕はそんな町の生活の中で、音楽に出会いました。触れるきっかけさえあれば、住んでる場所は関係ないんですね。そんな中標津町で、フェスをやろうと思いました。フェスの名前は「SHIRUBE 2021」です。 昨年、都市間移動が可能になったタイミングですぐに中標津へ。 そこで中標津町総合文化会館の金曽さんという方に会い(正確には再会)、力を貸して欲しいと相談しました。想像している規模感などを共有しながら、「この人に会おう」「ここの許可をもらおう」などとリストアップして、だいたい月一で中標津に通い、町の様々の方に会

表紙に選ばれなくたって

新型コロナウイルスの影響により、5月から8月にかけて予定していた全13公演の全国ワンマンツアーは中止になった。アルバム「大切にしたいこと」は4月29日から7月1日に発売延期となった。そしてどこにもいけなくなった僕らは、8月から新たに、無観客そして生配信で全国ツアーというものをやってみた。すべて札幌からの配信で、中止になった箇所をそれぞれサブテーマとして設けて13公演の無観客生配信のワンマンライブ。 とある日は「福岡ー!」と叫び、またある日は「仙台ー!」などと叫び。でも、冗談抜きで本当にその場所のことだけ思いながらその場所だけのライブができたのは、THE BOYS&GIRLSというバンドのこれまでの軌跡にそれ相当の力があったからだと思う。関わってくれた全ての人に、心の底から感謝している。 2021年1月1日、新曲「サンキューマイレディオ」を、配信限定リリースすることになった。今年の7月から9月の3ヶ月間、北海道のAIR-G'で「FM ROCK KIDS」という番組をやらせていただき、その期間で作った曲。このコロナ禍、ラジオという存在が僕にとって間違いなく大きかった。イベントがなくなり、チケットは払い戻され、フェスも中止、CD屋さんもライブハウスもなくなっていった。そして、嫌われていった。それでも何かを発信できるなら、楽しみたかったし楽しんでほしかった。ロックキッズの中で、「フェス」をやることにした。 フェスのタイトル、出店ブース、出演アーティストなどをリスナーの皆さんと考え、1ヶ月かけて創り上げてその月の最後の週で決まったアーティストの曲をどんどん流していくという、ラジオの中でやる架空のフェス。9月、最後のフェスのときに、僕はこの「サンキューマイレディオ」という曲を書いていった。 「大切にしたいこと」というアルバムで駆け抜けてきた2020年だったけれど、サンキューマイレディオは間違いなく今年を象徴する曲になったし、来年の始まりにもぴったりだと思っている。是非聴いてください、そして、あなたがよく聞くラジオ局や番組があれば、どんどんリクエストしてみてください。配信開始を待たずとも、もう今からリクエストしてみてください。誰かの真夜中を切り裂いてくれるといいなと思ってます。 そして、2021年6月19日土曜日、僕の生まれ育った町・北海道中標津町で、野外フェス「