投稿

傷だらけにて

「スマートフォンは機内モードにしてください」
と言われたので、投稿画面を開いた状態で機内モードにしたところ。空の上でゆっくりブログを打ち込もうとおもう。長くなりそうだ。翼にはハートマーク。



12/7

「下北沢にて」というイベント。主催のTHEラブ人間に心から感謝。
ラブ人間も下にても10周年。想像でしかないけど、死にたくなる夜なんてきっと、幾つもあったろうな。

朝、雨が降っていた。
2日に東京についてから、ほぼファミリーマートで買えるものしか食べていなかった。これが東京というものである。朝ファミリーマートで何か買って食べて、夜ファミリーマートで何か買って食べて。セイコマが泣いている。

午前11時頃、ラブ人間のツネさんから電話がきた。
ツネさんの第一声。「シンゴおはよう、あのさ、歌える?」。これは即ち、「(ボイガルの出番以外で歌ってほしいんだけど)歌える?」という意味であると、0.0001コンマで気づく。
僕は「歌えますよ。どこで何時ですか?」と食い気味で答えた。
歌えるに決まってる。

どうやらFINLANDSの冬湖ちゃんが体調不良でキャンセルになってしまったらしく、その時間を歌ってほしいとのことだった。歌えるに決まってる。
12時にトップバッターのラブ人間を見にいきたかったからとりあえず準備して下北沢GARDENに行った。最初は全部見るつもりだったが、僕にはやるべきことがある。ラブ人間の一曲目を見て、会場を出て宿に戻った。アコギは持ってきていなかったのでエレキでやることにした。30分ほどジャカジャカして、すぐ準備して会場の下北沢ERAに向かった。雨が、止みそうだった。近松スタッフの斉藤が「シンゴさんよろしくお願いします」と、階段の踊り場で僕に言う。到着はギリギリになって、すぐ転換の時間になった。

会場MCとしてチェコのマイちゃんが担当していて、久しぶりの再会は嬉しかった。
何曲やったかは覚えていないけど、40分ぴったりびっちり歌った。たくさんの人が来てくれて嬉しかったな。
ラブ人間を途中で切り上げ宿に戻ってERAに向かうまでの30分、A4の紙にとりあえず歌詞を書いて、それからステージに上がるまでの間ずっと聴き続けた。FINLANDSの「オーバーナイト」を最後に歌わせてもらった勝手に。乗せる冬湖ちゃんの痛み、原曲キーで歌った。
有料のライブ、仁王立ちした譜面台に寄り…

昨夜はひどいことを言ってすまなかった

2日から東京に来ているんだけど、やっぱり全然北海道と違う。
今日はパーカーだけでも外を歩くにはちょうどいいくらいだった。ただ、気づいたら空が真っ暗になっているのは、どこにいても同じなんだなと思った。多少の時間差はあれど、ここもそこも、明るくなっては暗くなる。さっきまでの茜色、誰に消されたんだろうな。
外が暗くなってることに気づいて、背中で窓の外を感じながら、なんてひどいことを言ってしまったんだろうと昨日の自分を思い出して情けなくなった。顔を合わせれるときには、あの時はひどいことを言ってしまった、ごめんねって、ちゃんと言おう。ありがとうとごめんね、絶対なくしてはいけない。



ライブの曲順はいつも、ギリギリにならないと決めれない。
リハーサルの時に決まってないなんてことはざらにあるし、前のバンドが終わってステージ転換するときにセットリストをメンバーに渡したことも過去にはあった。そういう時でも、俺の小さなアクションを察知して曲はしっかりと繋がっていった。
その日の会場の空気や、そこまでの出演者のライブによる感情の渦、自分のステージにはなるべくこぼさないように反映させたい。どうでもいいって時もあるけど。でも、なるべく。自分でも、ライブってものにワクワクしたいのである。
今年は、新体制になり今までとは全く状況が変わった。それが、本当に楽しかった。楽しかったという言い方があってるのかはわからないけど、ずっとワクワクしている。しんどい時もあった。だけど、俺を一人にしてくれる瞬間を音楽の中で確かに作ってくれるサポートメンバーたちのおかげで、ずっとワクワクしている。

今週末、東京でライブが二本ある。曲順は昨日決めて東京メンバーたちに送った。
イメージをした。小さな小さな世界の隅っこで、俺たちはど真ん中を歌おう。

9日後、ツアーファイナル、札幌PENNY LANE 24でワンマンライブ。
曲順は先日決めて、札幌メンバーに発表した。ホワイトボードに順番に書かれていくタイトルを見ながら、いいリアクションをしていた。集大成で上等、俺たちは強くなった。だけど忘れない、あくまで、この日だけのページをしっかりと大放出すること。そして、それまでのページもちゃんと繋がってることを。



思えば、「陽炎」という1曲が、本当にこのバンドを救ってくれた。
ぴったりちょうど1年前、この曲のサビを書いてパワスレに持…

あなたへ

明転
6/20札幌 w/空きっ腹に酒、-KARMA- 7/7大阪 w/Hump Back 7/22東京 w/ハルカミライ 8/3福岡 w/ircle、2 9/17名古屋 w/ハルカミライ 10/11高松 w/2、ハンブレッダーズ 11/10仙台 w/My Hair is Bad
ほぼ月1でしか回ってこれなかったけど。 でも、このツアーの組み方が今年のTHE BOYS&GIRLSができる最速かつ最大の組み方でした。各地、来てくれた方、対バンのみんな、本当にありがとう。
見切り発車、一寸先は闇、切れた裸電球。 きつい二日酔い、錆びた弦、消えた台風。 音楽なんてなくたって、俺たちは生きていける。

各地で確かに巻き起こった、小さな小さなドラマと渦。ボロボロになったTHE BOYS&GIRLSの地図帳。もう、ヘトヘトで、くたくたになったよ赤い靴。 だけど進もう、目の前の1人に歌うこと諦めちゃダメだ。


この前、仙台でMy Hair is Badとツーマンをして、対バンシリーズは終了。 打ち上げ1軒目をでて、ともと2人でその辺にあった居酒屋にいって。 ホテルまで送るよなんていって歩いてたら、バヤくんがきて、3人で松屋行って。 またねーなんて言って、そこから自分の宿までひとりフラフラしながら歩いて。
あの真夜中の帰り道、一人で何考えてたっけな。 楽しかったなあとか、なんか、そんな感じだったっけな。
ポルノに部屋の番号きいて、もう着くからまだ寝るなって押しかけて、みかどもいて、ふるさんは寝たらしくていなくて。そこから自分の部屋に戻ったのは何時だったっけ、覚えてないけど、悪いことしたな。


思い返せば、 ひとりになってすぐ4月頭、陽炎のレコーディングして、MVもとって。 4/20に札幌でIMPACTっていうサーキットイベントで1発目のライブして。 5/12に帯広で2本目のライブ、BiSHとの2マンで。 そして6/20から明転ツアー始まって。
濃かった。


毎日のように、答えが出ないようなこと布団で考えてたら、もう11月が終わる。 明転、残りは12/13札幌PENNY LANE 24でワンマンです。ツアーファイナルってやつ。 3月末にカイトとトモヤさんとケントボーイズとの最後のライブをした以来のペニーレーン。収容人数550人、あの日は即完で、買えなかったって人が同じくらい…

スクリーン

台風の被害が、どうかどうか最小限におさまることを、祈っています。
本当に。避難を。自身の安全と命が、何より誰かのためになると思います。
言うのは簡単だけど。


この2019年という年に、感謝と、怒りを。



10月9日、移動日前日。
台風の影響、サポートメンバーの動き、色んな情報かき集めて自分たち素人の予測も込みで、どうするのが一番いいのか、前日の9日からスタッフと悩みまくった。
悩みまくって、サポートメンバーのふるさんとポルノと三角を北海道から本州に向けて飛ばさないことにした。それを決めたのが18時前くらいだった気がする。

それを決めてすぐ、香川の古墳シスターズのまつやまくんに連絡をした。

「久しぶりだね。11日に高松でライブがあるんだ、俺たちのツアー。
札幌に住んでるサポートメンバーとやる予定だったんだけど、高松に上陸させないことにした。
古墳のみんな、11日、空いてないだろうか。1曲だけどうしてもバンドでやりたい曲があって、もし可能ならば力を貸してもらえないだろうか。」と。

古墳シスターズのスケジュールを見て、翌日10日に岡山でライブが入っているのはわかっていた。僕がまつやまくんに連絡したのが9日の夕方。
だけどどうしても1曲バンドでやりたかった。
無茶を言っているのはわかっている、わかっているけど、彼らしかいないと思っていた。


まつやまくんが「オッケーです、すぐみんなに確認します」と言って電話を切って、その数分後に、「メンバー全員オッケーです、我々にお任せください」と来た。
僕はすぐにその曲の音源とコード表を、ちくしょうありがとうと言う文と共に送った。


これからメンバーそれぞれ覚えてもらって、でも翌日10日は岡山ライブで、11日高松DIMEに14時に入ってもらうスケジュール。それを、任せてくださいといったまつやまくんと受けてくれた古墳シスターズのことを考えると、涙が出そうだった。胸が苦しかった。


それが決まってすぐスタッフ陣と共有し、諸々方向性が決まったのが19時頃。
そのタイミングで、サポートメンバー三人に、「みんなは飛ばさないことにした。」と連絡をした。





だけど、それから結局ずっと、それでも何とかできないかという気持ちがずっとあって、
常に情報とにらめっこ。日付が変わり、10日になり、ふるさんとポルノに少し確認したいことがあったので連絡をした。
ふるさんから…

朝もや

カラスがカァカァ鳴き始めてる。でかい声で。 ギターを持ってノート広げて小声でふんふんやり始めて数時間。どこかで聞いたことあるよ、それ。と思ったら自分の曲だ。ちくしょう、抜け出せない。ドレミファソ並び替えるように作っても気持ちよくない、でももう今の自分にはこれ以上出てこない。 抜け出せないループの中にいる気がする。どうしても明るくなる前に書きたかったが、自分の限界は自分で決める、多分今はこれ以上やっても出てこない。 どうせ、またさっきのメロディに行き着いてしまう。 そう思って、ブログの管理ページ「新しい投稿」を開いて今に至る。
特筆することは特にない。ただなんとなく、もう今日は無理だなと思って、ここにきただけである。情けない。カラスはカァカァ鳴き始めてる。でかい声で。


少し目を閉じてみて、メロディはそれからだ。 なんにせよ、ついさっきのメロディじゃだめだどう考えても。 もうじき東の空が段々と青白んで、やがて、並んでるCDの帯が読み取れるくらいこの部屋も明るくなる。そしたら目を開けて身体を起こして、もう一度ギターを持ってみる。 早くメロディにするんだ。言葉と重ねて、照らし合わせるんだ。


頼むぞ、午前。 お前にすべてかかっている。

手をつないだ何十年先も

パソコンが壊れてしまって。
ブログを投稿するときはパソコンでしていたから、不便になってしまった。このブログを管理するアプリもあったんだけど、携帯を変えたらそのアプリも使えなくなってしまった。なにかを新しく手に入れたかわりに、それまで持っていたものを手放さなきゃならなくなったり、生きていくってのはそういうことなのかなあ。もどかしい。


この1ヶ月、ライブもたくさんあったのだけれども。
これまで振り返ってはここに残してきたし、先月末からのことも残そうと思っていたのだけど、そのパワーが湧かない。思い出したくないとか、そういうことではなく。とほほ。
いやはやしかしながら、各ライブ、本当に、激情の気持ちで駆け抜けてきてるように思います。札幌サポートメンバーのふるさんと三角とポルノ、東京サポートメンバーのジオくんとユウくんと開。みんなそれぞれのバンドやそれぞれの生活がありながら、それぞれのスケジュールがありながら、僕の我儘によくついてきてくれている。本当にありがとう。
きっとボイガルのサポートをすることで、犠牲にしているものもあるだろう。
少ない期間で、ギリギリに決まる曲目を必死に練習してくれて、本番では好き勝手動く僕に食らいついて。ありがとう。そして何より、みんなのやっているバンドのメンバー達。本当に本当にありがとう。


形を変えながらのこのTHE BOYS&GIRLSを聞いてくれたり、見にきてくれたり、見てくれる方、本当にありがとうございます。救われています。
不揃いで、いびつで、ボロボロなままのこのバンドが今見せれるものは「ロックバンドとは何か」とか「ライブとはなにか」とか、最早そんなことではないような気がしています。それらを見せてくれる教えてくれるバンドはたくさんいるので、頼みますよ。

僕は今の自分をもって、たぶん、ロックバンドが見せてくれないものを見せたいのだと思います。





さて、

6月から始まったバンド回ってる「明転」というツアーは、残り3公演。
10月高松、11月仙台、そして12月札幌ワンマンでのファイナル公演。

7月から始まった弾き語りワンマンで回ってる「暗転」というツアーは、残り2公演。
今週末函館、10月東京。


めんどくさい男だなと我ながら思います、本当に。
我儘で、自己中心的で、困ったもんです。比べても仕方ないこと比べたくなって、リアルに直面してその度…

後にも先にも今はない

イメージ
土砂降りの雨の音がとんでもなく心地よく感じる日は、あくびがよく出る。集中して、もう少し頑張ろう。平凡な毎日だけど、変わり映えしない日々だけど、ほんの少しの衝動もワクワクも大切にしていよう。誰になんて言われたって、最初に思ったのはどんな時も自分だし、最後に決めるのも自分だ。





8月16日、札幌SPIRITUAL LOUNGE、鈴木実貴子ズとツーマン。僕は弾き語り。 前日、僕は鈴木実貴子ズのドラムのいさみさんに久しぶりにメールをした。明日見に行けないけど頑張ってください的な当たり障りのないメール。鈴木実貴子ズは翌日のライジングサンロックフェスティバルにトップバッターで出演が決まっていた。
いさみさんから「何もかも初めてだけど、ライブはライブなので大丈夫かと思います!」と返ってきていた。それとほぼ同タイミングでライジングサンロックフェスティバルの初日16日の中止が発表された。いさみさんも、ほぼその時に知ったぽかった。台風。アーティストやたくさんのお客さんのことを考えての中止、こればかりは仕方ないなと思う。ただ、それでも実貴子ズはライブしなきゃダメなバンドなのも知っていた。しなきゃダメというか、するしかないのだ。一般公募で選ばれた初日トップバッター、どうなってもライブ。僕はライジングに出演予定のアーティストではなかったので、ただシンプルに、何かやりたいのなら僕が間に入ることもできるかもと思っていさみさんに「何かお考えですか」と聞くと同時に数カ所への連絡を始めた。場所や時間、実貴子ズの意図や気持ち、全てがいい感じにハマるのが一番いい。やり取りをして、最終的に夜にスピリチュアルラウンジで僕は弾き語りでの出演だけどツーマンをすることになった。そこから諸々詳細はスピリチュアルの新保さんとものすごいピッチで進めた。
実はこの時、ズーカラデルにも連絡をしていた。北海道の大切な友達だ、彼らもライジングが中止になった組。これは僕の独断。先のことなど何にも考えていない。実貴子ズとズーカラ見れるの最高じゃんってだけだった。ボーカルのノブに、「こうこうこうで、こことここは空いていて、」みたいなことをとりあえず送っていた。ノブから「ありがとう、ちょっと会議して折り返す」ときた。 新保さんともリアルタイムで色々報告しつつ、「タイトルどうする?」と言われたので「Another def.でお願いします」…