投稿

札幌のバンド、ライブハウス、ジェットサンダース。

6月24日を迎えるにあたって、今まで何千何万と話したり言ったり書いたりしてきたことを、改めてもう一度書かないと気持ちが壊れてしまいそうなので、書く。そして、これを記すのはこの投稿で最後にする。

2007年の春に札幌に出てきた俺は、その年のライジングサンロックフェスティバルに行き人生で初めて「ライブ」というものを体験した。そこで、生のライブってやばすぎってことに気づいて、その年の9月、ゼップ札幌にthe pillowsを見に行く。人生で二度目のライブだったはずだ。その日のピロウズはトリプルアンコールがあったけど当時の俺はアンコールとかそういうことの概念がほぼなかったので、アンコールはすればするほど出てきてくれると思っていたため特に驚かなかった。バカだな。
そしてその年の、確か12月。俺は人生で初めて、札幌のライブハウスに行く。(その頃ゼップがライブハウスだったとは知らなかった(ゼップはゼップだった)ので、人生初のライブハウスはこの12月の日に認定している)
場所は、札幌KLUB COUNTER ACTIONだった。

きっかけは、りゅうただ。 りゅうたとは、専門学校に入ってからできた友達で、俺にできた初めてのバンドメンバーだ。りゅうたの部屋は南7条西20丁目あたりのファミリーマートの近くにあって、その頃よく二人でファミマで色々買って、りゅうたの部屋で音楽を聴いたりしていた。りゅうたは、俺の持っていないものをなんでも持っていた。キングのビデオも、LINKのDVDも、黄色いギターも。そんなりゅうたの携帯は、いつも同じ着うたが流れていた。
「消えないで 行かないで 夜はまだ始まったばかり」
りゅうたの携帯はいつもそう歌っていた。それは誰の歌だと聞くと、「ジェットサンダースっていう、札幌の最強のバンドだよ」と言っていた。当時札幌のバンドなんて全く興味がなかった(ピロウズとKEMURIしか聴いてなかった時期だった)ので、「ふーん」という感じだった。
そしてその時はやってくる。 りゅうたが俺に、「シンゴ、明日カウンターアクションっていうライブハウスに行こう。」と言ってきたのだ。その頃の俺は9月のピロウズの余韻抜けぬまま、「ライブはやっぱゼップとかっしょ」みたいな気持ちでしかなかったので、「やだ」と言った。あと実は普通にゼップ以外のライブハウスがどんな感じなのか知らなかったし、ブレーメン読…

知らん顔で続いてく

イメージ
写真は転載など控えておくれやす。なぜなら、俺が撮ったやつではないから。でもいい写真見てほしい。


ワンマンツアー「少年少女の春の先」が終わって一週間が経って、余韻引きずる暇もなく日々は止まることなく流れていった。いってる。ギリギリの集中とふらふらの頭に、ほんの少しの休息を俺は誰にも邪魔させない。こういう時は、フクダライドンの歌が頭に流れる。元気にしてるだろうか、いつも力をくれてありがとう。




少年少女の春の先


5月5日、初日は帯広Rest。




(撮影:はな)
随分と時間がかかった気がする、ようやく帯広で俺たちだけのライブだ。これまでの日々に思い出がありすぎる。とある年の3月、氷点下、極寒の中の広小路での路上が、俺にはあまりにも大切すぎる。そして、解散してしまったけどthunderstruckというバンドがいたから、帯広をより強くぎゅっとできるようになった。ぎゅっとしたくなった。はじめての帯広ワンマン、Restのなおさんとやまさんがリハーサルから親身になって音のこと考えてくれる。かっこいいとこ見せたかった。どうだったかな。いろんな場所から来てくれてるの、なんとなくわかってる。中学生や高校生の男たちも多かった。キラキラした顔で見やがって。スーパー嬉しかった。この日は親友の誕生日だった。思っていたら涙が出た。おめでとう。




5月6日、二日目は札幌cube garden。




(撮影:はな)
雨。俺たちはこの街に住んでいるから、当たり前だけどそこら中にいる。ライブハウスでも地下街でもコンビニでも駅でも、本当にそこら中にいる。路上もやりたいなって時に簡単にできる。だからこそ、この街でステージに立つ時はどこよりも闘いである。強く優しい闘いをしないといけない。この日、ステージで俺が感じていたことをフロアの人も感じてくれているような気がした。完全に相思相愛な感じだった気がするんだよなあ。そんな二時間だった。絶対にいいライブをした感触があって、頭がぼーっとした。照明も音も、最強の布陣である。打ち上げでは、あまり食べれなかった、でもお酒は飲んだ。字と思いが沁みた夜に、また札幌を好きになれて走り出したくなった。この日は幼馴染のはるかの誕生日だった。おめでとう。




5月12日、三日目は名古屋CLUB ROCK'N'ROLL。







(撮影:マネージャー辻) 今まで何度も言ってきたけれど、名古…

未完成でも光ってる

ラジグルを卒業したことも、先月末のニコルズとの2マンも、今月頭の帯広路上も手稲路上も狸小路路上も、書きたいこと書いておきたいことはいくらでもある。近いうちにちゃんと、残さなきゃな。


生活のリズムがほんの少し変わった。リズムというか、なんていうんだろ。ずっと聴いてた1stアルバムは曲間の長さとかまで身体に入ったから、次のアルバム聴くかなみたいな。
月火のラジグルを卒業したことによって、ぽっかり穴が空いたわけではないし、頭も身体も動いてる時間はさほど変わらず、むしろ少し増えたくらいだけど、何かが変わったのは確かだ。ラジグルをやってた日々は宝物だから、今はその時間は聴きながら作業したりしてる。

毎日のように歩いてた道を歩かなくなり、今は別の道を歩いている。鞄の中の荷物も少し変わって、冬が春になった。「あれ、ここ、元々何が建ってたっけ?」と、一つ二つ増えていくパーキングを見ながら記憶を手繰り寄せる。変わっていく景色と、変わらない足取り。変えてきた気持ちと、変えられない感情。俺は惑わされることなく、どこまで行けるんだろうなあ。

天気予報を気にしたり、飛行機を調べたりする。休みの日はなるべく、ひとりで、この街を出たい。インプットもせずアウトプットもせず、穏やかな心でいたい。そしてまた考えて、日常に戻って、大切にしながら歌にしたりステージに立ったり。


苦手な飛行機、今日も目を強く閉じて、グッとこらえて、頑張るぞ。本日梅田クアトロ。



5月からワンマンツアーが始まる。
いよいよだ。どんな気がする。誰にも知られないってことは。転がる石のように。

夢見る頃に

イメージ
ボイガルを始める前に、札幌COLONYで働かせていただいてた時期があった。受付をやったり、バーカウンターに立ったり。専門学校で照明を少し勉強していたのもあって、ライブ中はステージ袖にいたり、後半は実際に照明をやらせてもらったりもしていた。深夜のクラブイベントの照明をやった時もあれば、フラカンのワンマンもやったりした。まだ、ボイガルを始める前。今も照明をやってるミッチェさんとPAの吉井さんはその頃から在籍していて、んーと俺が入ったのが2008年の終わりくらいだったっけ、それくらいからずいぶん長いことお世話になっている。
楽屋には「伝説の虎軍団」の白黒の写真が貼ってあった。THEイナズマ戦隊がCOLONYでやったワンマンのあまりにもやばすぎる光景の写真。中学のときに、ずっと聞いていたイナ戦が、そこにいた。何度も何度もあの写真に肩が震えたなあ。あとは、今もあるかどうかわからないけど、当時はバーカウンターの奥にいろんなCDが棚に大量に並んでいて。そこには俺の知らない札幌が詰まっていて、店長だったヒデミさんに「これ借りていいですか?これ借りていいですか?」と聞いて借りたり、ぶっちゃけ聞かないで勝手に借りた時もあったすいません。とにかく俺の中のかっこいいが、札幌のかっこいいが、バーカウンターの棚に詰まっていた。その中に、「FRONTIER ROCK SPIRITS」というコンピのCDがあって、それを聴きまくった。札幌のバンドで構成されてるやつで、1曲目がホームシックスの「笑っておくれ」で、うわ、うわわわわ、ウワーーーーー!!!!だ。かっこいい。とにかく、かっこいい、、、、。それしか思えなかった。ホームシックス、VOX、ジェリー、ハイボル、暁、ライラック。俺も、俺も、やれるかな、無理かな、どうかな。何度も考えた。いつか、いつかこうやってかっこいいやつ、いつかできるかな。なんて。当時「theパン工場」というふざけたバンドをやっていた。ふざけて始めたバンドは、後半マジになっちゃって、2010年10月にCOLONYで解散した。あの日もいつものように、18時半頃始まって6組が出演で、終電くらいに終わった。それが、僕らは当たり前だった。

2011年3月に、ボイガルを始めた。最初からマジになって始めた。初ライブはそりゃCOLONYだ。「シンゴ変わったな、いいぞシンゴ。頑張れシンゴ、行け。」…

ほんの少しの哀しみと、ほんの少しの悲しみで

3/1
「ENDROLL AFTER SCHOOL 2018」

THE BOYS&GIRLS企画の、新しいイベントだった。自分たちの企画だ。自分たちでなんとかするしかないやつ。この日が来るまで、「もっと自分に力があればなあ」と毎日のように思っていた。今も思っている。もっとやれることがあったように思うし、もっとたくさんの人に届けることができたんじゃないかなと思う。届かなくても、せめてもっと知ってもらうことはできたはずだ。校歌を募集したり、出演者たちと対談をしたり、ラジグルで告知させてもらったり、それだけじゃなくてきっともっとあった。結局、出てくれた三組に力を借りまくった。俺たちの方が10個以上も歳上で、バンドの年数も俺たちの方が長いけど、俺は彼らに何を見せれたのかなと思う。見えないところでどれだけかっこよくいれたかなと、ふと考える。
誰にだって、できないことがある。言えないことがある。でも、それを棚にあげると、もうそこまでだ。出てくれた三組は、できないことや言えないことがあってもなんとかして探そうとすることができる三組だったように思う。俺は彼ら彼女らと対談をしたからよりそう思うだけかもしれないけど。何かに躓いた時に立ち上がり方がわからなくとも「どうしようかな」っていうのを、自分で、自分たちで探し、もがく。そんな姿を見て羨ましくも思ったし、負けたくないって思ったし、心からありがとうと思った。
俺に足りないのは優しさなのだろうか。となれば、優しさとは何なんだろうか。どんな風に言えばいいんだろうか。もっと探し、もっともがき。そしてたどり着く、俺に足りないのは、思いやりなのかな。

あの日、来てくれた人が書いてくれたノートは、カルマのボーカルのゆづきに託した。一番最初に書いてくれたのがあいつだったから、あいつに託した。あいつが明日にでもきっと誰かに渡すだろう。明日かどうかはわからないけど。でも一日単位で回ってったとしても300人くらいにしか回らないのか。意外と少ないな。回ってきた人が、読んで、自分の放課後やいろんな思いを書いたりしてくれたらいいな。決まりはないノート、新しい放課後の形。1年後、ちゃんと戻ってくるだろうか。楽しみだ。



さっき、HMVでインストアライブを見てきた。ゆづきが良かったので、良かった。あいつは一人で歌ってたけど、陸斗も竜也も見に来ていた。早く俺も…

「ENDROLL AFTER SCHOOL 2018」に向けて

自分が高校を卒業する時ってどんな感じだったかなあなんて思い返してみたけど、あんまはっきり思い出せないんだよなあ。持って行ってたインスタントカメラは使い切った気がするけど。高校の卒業式が終わって、普通にまっすぐ帰ったんだっけ。最後の放課後は案外あっけなかったっけ。いつもの感じで、ラーメンでも食べに行ったんだっけ。

もう、11年前だ。

バンド始めたのをいいことに、「ENDROLL AFTER SCHOOL」というイベントをやることにしました。放課後ってやつには色んな表情や景色や匂いや感触があると思うけど、3年生にとっては卒業式の日が最後の放課後で、1年生や2年生にだって最後の放課後はやがて訪れる。ぼんやりとしか覚えてないけど、俺に確かに最後の放課後ってのが存在していたに違いない。

11年前の俺に見せてやりたくて、嘘みたいな本当の放課後のエンドロールをライブハウスで流そうと思った。過ごせたらいいなって思った。出演してくれるクロロフィルムは平岸高校の3年生、卒業後にライブだ。a-sobiは千歳高校の2年生、ちょっと離れたところからきてくれる。-KARMA-は石狩翔陽高校と大麻高校の2年生、これまた離れたとこからきてくれる。
先日彼らにそれぞれ会いに行って対談じみたことをしてきた、楽しかった。その模様は一個前以前の投稿から、ぜひ読んでください。



そして、昨日新たに動き始めたことがあって。
「自分の学校の校歌を歌って、送ってちょうだい。そしてそれを当日のBGMにする」というもの。普段のライブハウスにもフェスにもどこにもなくて、放課後にあるものあったもの。学校にあるものあったもの。それ考えた時に、「校歌だ」ってなったんす。卒業式でも、きっと歌うよね。
一番だけでもいいし、フルで歌ってもいいし、恥ずかしいから2行だけとかでもいいし、上手くなくたって全然いいし、一人で歌っても二人で歌ってもいいし、ピアノ伴奏あってもいいし、なんでもいい。そして、「当日会場には行けないから送ったところでどんな感じなのかわかんないけど、それでも何か面白そうだし!」って思ってくれた人がいるなら、大歓迎だ。思いきり送ってきてちょうだい。

携帯やスマホなどで、「○○高校の何年、(名前やニックネーム)です!歌います。〜〜〜〜〜♪!!です!サンキュー」とか、そんな感じで録音して送ってほしい。
歌い終わりの締めとか…

みゅうたと俺

イメージ
そういえば昨日29歳になった。少し太って来た気がする。

3月1日に「ENDROLL AFTER SCHOOL 2018」という新イベントを開催することになった。卒業式のあと、放課後のエンドロールが爆音のライブハウスの中で流れてく。憧れた。それを29歳になってようやくできるんじゃないかと思った。
対バンしてくれる高校生バンドを公募した。その中からメンバーとスタッフで話し合って3組を決めた。対バンしたことあるバンドは1組もいないが、当日をこのまま迎えるのは嫌だったので、それぞれに直接会いに行ってきた。どんな奴なのか、どんな声なのか、とりあえず俺は知っておきたかった。そしたらそれを、きっと俺は知らせたくなるだろうから、俺と「そいつ」の談話を録音して文字に起こしてみた。
【クロロフィルム】 太陽(Gt) ヒロヒロ(Gt/Vo) 弥由唄(Ba/Vo) ビル川(Dr)
平岸高校の4人組、今回出演してくれる唯一の3年生バンド。 ベースボーカルの、みゅうたに会いに行って来ました。
し→俺 み→みゅうた

---------------
み シンゴさん今日誕生日ですよね?これ、プレゼントです。無難なお菓子ですけど…
し え!!ありがとう、そんな気使わなくていいのに。ありがとう。ていうかわざわざ来てくれてありがとうだし、そもそも3月1日よろしくね。
み はい、こちらこそです、よろしくお願いします!
し 今、受験シーズンでしょ、終わった?
み メンバーそれぞれ推薦だったり一般だったりでバラバラだったんですけど、僕とギターボーカルのひろき(ひろひろ)が一般で、この前終わりました。結果が、21日以降にわかる感じですね。
し そっか、んじゃ一旦肩の荷はおりた感じだね。でも、勉強しながらバンドやって、大変だったでしょ。
み でもみんな、バンドやってる時は全然勉強してなかったんです。で、11月のライブでバンドに一旦区切りをつけてお休みしようってなって、そこから改めて受験に向けて勉強やり直したって感じでした。でも、本当に本腰入れて勉強やり始めたのは、年明けてからでしたね!
し ダメじゃんか。一ヶ月ぽーっとしちゃってたんじゃん。
み はい…で、年明けて「やばいかも。ちゃんとやんなきゃ」ってなって。
し でもそこから巻き返したんだね、すごいな。
み なんとも言えない感じですけどね、、、
し でもすごいよ、よくやったな。クロロフィルムって軽音部で結成だ…