投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

もう一度だけ歌わせて

イメージ
土日に、仙台と盛岡に行ってきた。ラブ人間のリリースツアーで、wiennersも2日間一緒だった。

仙台は2ヶ月足らずで行けることができてよかったなあ。フロアの後ろで腕あげていた一人の女性を見て涙が出そうになった。メルを歌ってる時、涙が出そうになった。
盛岡は去年の9月振り。出番前に色々な思いが身体中を駆けてるようなそんな感覚になった。どうしよっかなあって外で考えてたらあっという間に自分の時間。一瞬でスーッて過ぎる。

ラブ人間もwiennersも、底なしバンドだった。かくいう僕は、というか僕らはどうだろうと何度も何度も考えた。

僕がグラつくと、どうもこうもない。しっかり彼らの真ん中で真ん前で堂々としていられなきゃ、彼らはついてこれない。それは、バンドが止まるってことなんだよな。そんなの、嫌だなあ。
たった2日間だけど、色んなことを教えてくれた兄ちゃん達と、ほんの少しの間だけど一緒にいてくれた人に心から感謝します。





フウコ氏が「東京以外のボイガルも撮りたいです」と申し出てくれて、土曜日仙台まで来てくれた。当日バスで15時頃着いて、その夜24時のバスで東京に帰ってった。結果的にフウコ氏は、wiennersとラブ人間も撮ることになって必死になっていた。最近東京のライブは東京に住んでる彼女に動画を撮ってもらっている。で、同時進行で写真を頼む時もある。ライブが終わるとフウコ氏からぽんぽん送られてくる「それら」は、回を重ねるごとに明らかに熱の密度が高くなっているのがわかるのね。それは彼女が彼女なりに、常に課題だったり挑戦だったりミスだったりを自分で意識してるからなんだろうなと思う僕である。

初めて彼女が僕を撮ってくれたのが2月の二子玉川で路上やったとき。二子玉川で二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド歌いたくて、それを動画撮ってもらいたくてツイッターに書いたところ、「動画普段がっつり撮ってるわけじゃないけど、撮らせてくれますか?」と言ってきたのがフウコ氏だった。お願いしますと返し、当日路上を始めた。1曲目歌い終わるくらいで、ひとりの女の子がカメラを構え始めたから「きっとこの子だな」と僕は思った。(会ったことないから顔とかわからんくて)
二子玉川ゴーイングアンダーグラウンドを歌うとき、「次の曲は確実に撮ってください」というと、小さく彼女は頷いた。
路上終わってから初めて話をして、ど…

10分弱

日々の生活の中で所謂、「キャパオーバー」みたいなことって全然自分で自分に感じないし、感じてもきっと言いたくないけど、でもなんかもしかしたらその類の感じのやつになっていたのかもと、ものすごい少しだけ思った。ものすごい少しってなんだよって感じだけど。そもそも、その類のやつってなんだよって感じだけど。

膨らんでいるのが自分でわかって、それが嬉しくてそれが何か良くて、まだ入るまだ入ると日々は続いていたし続けていたし、そうあるべきだとも思っていた。ただ、それにしても最近歩いていると躓くことが増えているなあってことにも気づいて、一応歩いた道を確認したけど特に大きな石が転がっていたりとか、道が凹んでいたりとか、バナナの皮が落ちていたりとか、そんなことはなかった。ということは自分の足が、自分の足で、自分の足のように今進めていないってことだなって気づいて、いつもよりガムシロップの量ほんの少しだけ増やして首を一回だけ回してゴキゴキゴキって鳴って「これ絶対身体に良くない、、、」って思いながらもフーって深呼吸して一回冷静になって落ち着いてみると、今どれくらいのアレでどのくらいのソレでどこくらいのソコなのかが少しわかって、同時に少し軽くなった。実際には変わっていなし、むしろちゃんと増えたりもしてるんだけど。

書き殴ったノートの文字、返せていないメール、あと何があるかな。とにかく一つ一つ思いを巡らせて手繰り寄せて向き合うところから、そこから思い出したり繫ぎとめたりしながら不確かな未来へ送りバント。身体も小さくパワーもない僕はスタンドまで運ぶことはもちろん、右中間真っ二つに割ることも滅多にできない。二番の時より九番の時の方が好きだった。自分にできること、そして現状で自分にしかできないことを少し怖いけどやってみる。うまくいかないなんて嫌だけど、うまくいかないなんて嫌だって思っている自分の方が、かろうじて嫌だ。その先に誰かが待っていることもう知っているし、知らないなんて言わない、言えない。「あとは、任せた」と言う前に、「ここは、任せろ」が必要で、それが僕にとっては送りバントだった。そのあとに、ニヤついた顔で、あとは任せたを言える時が、やっぱり最高な瞬間だった。


四月末から五月が一週終わるくらいまで札幌を離れていたけど、その期間にあったライブは非常にいいものだった。どれも大切な時間になったし、その街…

ワーディズマイン

昨夜、大人になってもロマンチックになんとかかんとかって歌う彼が、セーラー服を着てステージに上がってマイクスタンドを曲げていた頃のような、そんな風に見えた。ゾワってなった。感動の瞬間は本当に一瞬でやってくる。



今日の東京は27度くらいあって、日差しが強かった。日焼けした。
ライブが休みだった今日だけど昼前から動いて、あれやこれやと。今は一旦落ち着いたので、これ打っている。渋谷、とある喫茶店。ちなみに今、今日4件目の喫茶店に。そんなつもりはなかったけど店を出れば出るほどタイミングはやってきて、そのタイミングに適当なお店を渡り歩いた。今は、風が気持ちいいお店。ハウ、メニー、ローーって感じだ。まさに。今日はすべてにおいてタイミングのいい日だ。欲しいものをゲットできたし、送りたいものも送れた。ボスに連絡したら、ちょうど近くにいて、15分くらいなら会えるぞと言われた。それでも全然良かったので速攻で合流してすぐ近くにあった喫茶店に入った。結局ボスは45分間もいてくれた。次の仕事があると言っていたけど、大丈夫だったんだろうか。今日は、なんだかいい日だ。

ボスと話していてわかったけど、やっぱり声に出すことは大切なことだ。少なくとも僕は、きっとそうだ。自分のことが少しわかった。

渋谷は夜になりました。
明日は新宿でライブ。40分間。


新しいTシャツを買った。毎日着たい。
靴はコンバース、ジーパンとTシャツ。



目の前、ただひたすらに目の前。僕の目の前。目の前の君。