投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

届きそうなんだオーイェー

イメージ
入院って、そりゃしない方がいいけど、でも俺は入院マスターだから全然余裕すぎ。楽しみ方知ってるから、知りたい人は俺まで。

31日は最高のライブする。俺はもうやめられない、止まらない。まるでかっぱえびせんみたいだな。31日絶対に来てほしい感5007ポイントくらいある。みんなに絶対来てほしすぎ。


めっちゃベテランっぽくてめっちゃ安心感あるな〜っていう看護婦さんが、点滴の落ちるスピードとかなんか全然ちゃんとできてなくて、30分で終わるってやつが、20分たってもまだ半分以上残ってて、「あ〜、うん?」とか言ってめっちゃそれとなく落ちるスピードあげて、身体中がブォォォォ!!ってなる感覚すごく不安になるからもう二度とやめてよね、最初に安心感出してくるの。


さて、というわけで?もうすぐ自分の部屋に帰る、あと40時間くらいだ。それまでここでひとりで突き抜ける。
そんなことより、さっき外に出たとき、恐竜の卵が落ちてたぞ。明日の朝も見に行ってこよう。


俺は、天才だから。

木枯らしが吹いたら

足が、ぼーーーーんってなってる。
なんでかはわからない。足が、ぼーーーーんってなってる。




あと二ヶ月で2014年も終わる。
二ヶ月ってどれくらいだっけと思って、二ヶ月前を思い出してみた。

「すべてはここから」という曲で初めてのシングルを北海道限定で出して、そのレコ発ツアーが始まって、真ん中くらいの時期だ。あれから二ヶ月たってるのかあ。あっという間だなあ。

すべてはここからのレコ発ツアーは9/23に終わって、その日2枚目の作品の発表をした。2枚目は「歩く日々ソング」という歌で、これもシングルで11/19発売。
すべてはここからは北海道限定だったけと、歩く日々ソングは、全国で買えるようになる。北海道はもちろんだけど、全国のタワーレコードでも。

札幌で結成して、札幌拠点でたくさんライブして、今では北海道以外での街でもやるようになった俺たちの歩いてきた日々と、歩いていく日々。
去年NHKでふと流れてきたとあるバンドの応援歌を聞いた時、俺も、応援歌が作りたいなと思った。

それで色んなこと思って、出てきた言葉で書き上げたのが歩く日々ソング。俺なりの応援歌。俺への。


駆け抜けてく。走っていく。突き抜けていく。飛んでいく。
そして俺は歩いていく。



このシングルがどれくらいの人の手元に届くかわからないけど、でもきっと11/19以降から、この曲で俺たちを知ってくれる人がたくさん増えると信じてる。



はやくライブがしたい。

頑張っていきたい。

1031

17時頃、札幌の空には珍しい雲が出てたらしい。俺は見れてないけど。
何かちょっと喉痛い気がする。


話は変わって。
俺はハンバートハンバートが大好きで、本当に心の底から共演したいと思ってるんだけど、ハンバートハンバートの良成さんのソロのCDもこれまたとてもいい。ずっと聴いてる。


話は変わって。
最近色んな人がよく使う「最高かよ」「○○かよ」ってやつ俺嫌いなんだけど、ひとりだけ面白いやつがいてそいつの「○○かよ」だけはほんとに最高なんだよなあ。






そして今日の本題。
10/31はワールドピースとスナッチの企画に出る。どっちも最高な札幌のバンドだ。
ワールドピースのドラムは、もっちという奴だったんだけど、もっちは先月に死んだ。俺の専門のときの、大切な後輩だ。パワスレで久々に会ったときに「シンゴくん、俺ワールドピースで叩くことになったよ!」って嬉しそうに自慢してきた。「はあ!?もっちにワールドピース叩けるのかあ!?」なんて二人で笑ったりしたなあ。冗談でもあんなこと言って、ごめんな、もっち。

もっちが死んだあとにワールドピースのタカさんからきたメールは「31日は、もっちのためにも、やるよ。よろしくね。」という旨のメールだった。
きっとベースのカズさんともたくさん話したんだと思う。スナッチとも。ワールドピースは今、大切な仲間のバンドさん達にサポートしてもらいながらライブを続けてる。俺たちボイガルはなかなか対バンする機会がないワールドピースやスナッチだけど、それでもこうして今回俺たちを呼んでくれたのも、何かもっちが、なんか、うーーーん、なんて言うか、、、何か、もっちが、うん、そんな感じ。


俺たちは31日、3番目、ワールドピースの前に出演する。
来てください。お願いします。

もっち、ちゃんと見とけよ。おい。

朝まで

見放題の大ちゃんさんが、急逝した。
15時頃、知った。

俺たちは見放題、去年出た。その前に梅田と十三のライブを見にきてくれて、ずーっと物販のとこで色々話してくれた。見放題in札幌ってのも、わざわざ来てくれて開催してくれた。

大ちゃんさん、またどこかで。






今夜は、ひとりでライブを見て来た。
オープン前から並んで、ドキドキして、前から3列目の真ん中、真っ正面だった。とっても楽しかった。

CDも買って、握手もしてもらった。でも、自分がバンドやってることも言えなかったし、いつか共演したいですってことも言いたかったのに言えなかった。





よし。
明日も頑張ろうと思いながら、あいつ元気なのかなとか思いながら、次のライブのことを考えながら、自分の歌を思い出しながら、いま、地下鉄のホーム。

もしも最後の夏だとしたら

18日

セッチューフリーサマーフェスタ2014が開催されて、クラブチッタ川崎というでっかいライブハウスでライブをしてきた。この日への思いは何日か前に書いたからいいとする。

当日、会場入りすると、フードのコーナーが去年より僅かに後ろに設置されてた。俺はそれだけでとても嬉しかった。去年より、お客さんが来るんだなあって思ったから。

イベントが始まった。全バンドをフロアで見た、俺は負けたくなかった。

俺たちの出番。
SEが鳴る直前に「俺が先にいくから着いてきて」とメンバーに言って、4人で揃ってステージに出た。
SET YOU FREEの文字がデカデカとステージの後ろに掲げられてる。そっちを見ながら俺は3人にとある伝言をして、カイトとケントは小さく頷いて、トモヤさんは「よっしゃ」と言って、それぞれの持ち場に行った。

俺はLINKというバンドが中学生の頃から大好きで、LINKが活動休止したのがチッタで、活動再開したのがセッチューフリーサマーフェスタだった。会場でLINKが流れていた。胸が苦しくなった。


セッチューフリーに出れるようになって3年、セッチューフリーサマーフェスタも3年連続3回目。元高校球児の俺としては、「最後の夏」のような気持ちだった。勝っても負けても最後の夏。楽しければ負けてもいいやなんて、最後の夏に思えるわけがない。

去年、めっちゃいいライブした記憶がある。東狂アルゴリズムのボーカルのしゅんすけさんが「お前らなにがあったん。めちゃめちゃ化けとるやん。最高のライブでした」と話しかけてくれたの今でも覚えてる。俺も自信あったし。

でも、去年と同じじゃダメだ。そんなの絶対ダメだった。
だから去年のセッチューフリーサマーフェスタでやった曲は1曲もやらなかった。



俺たちの3年目の夏は、駆け足で、一瞬で、終わった。俺は正しかったのか、間違っていたのかわからないけど、でも、俺は俺と闘えたし、何よりフロアには北海道の小さいライブハウスでよく見る人たちが何人もいて、東京とか本州でやる時よく見る人が何人もいて、初めましての俺たちを一生懸命最後まで見てくれてる人がいて、俺たちのTシャツ着てる人がいて、泣いてる人がいて、笑ってる人がいて、本当にこのステージに立ててよかったと思った。


俺は今、バンドやってる。
終わりがあるかないかわからないことをやってる。俺次第で、どこまでもいけること。…

明日

明日はセッチューフリーサマーフェスタ。

セッチューフリーに出れるようになって3年。この3年の集大成。

明日、俺は誰にも負けたくない。
本当に誰にも負けたくない。「ボイガルが一番かっこよかった」「シンゴさんが一番かっこよかった」って人が会場の中で一番多くなきゃだめだ。


俺は明日本当に誰にも負けたくない。
もちろん楽しむけれど。






さっき、五月女五月のラストライブを見てきた。ツアー初日だと言ってた、そしてツアーファイナルだと言ってた、初めてのワンマンだと言ってた、そしてラストライブだと言ってた。
りょうが、泣いていた。すずちゃんも泣いていた。ゆうじゅが、ずーっとドラム叩きながら叫びながら歌ってた。えいとが、最後の最後でベース弾きながら歌ってた。

俺も少し涙が出た。


だから、明日は俺が一番カッコよくなきゃだめなのだ。

ぬぬんぬん

イメージ
昨夜は吉祥寺ダイヤ街で路上でした。
40人近くの人が来てくれてありがとです。

ダイヤ街、久しぶりだなあって思いながら歌いました。とっても楽しかった。
吉祥寺は、総合的に見るとアクセスはそんなよくないとおもうんだけど、それでもああやって電車とか使って来てくれて、帰りは遅延してる満員電車に詰められながら帰ってってのを考えると、ほんとに何か胸がいっぱい。ぶひい。

ダイヤ街は風が吹き抜ける。俺はあの風が好きなのだ。
日中は暖かい東京も、夜はもう涼しくて、昨日ダイヤ街に吹いた風も涼しかったなあ。

聴いてくれてた人、きっと寒かったろうに、ありがとう。風邪とか引かないか心配す。



あと、14日の列伝で初めて俺たちを知ってくれて、昨日の路上来てくれたって人が5人くらいいて、とっても嬉しかった。ありがとす。



明日はクラブチッタ川崎でライブ。セッチューフリーというイベントの1年に1度のビッグイベントだ。いよいよだ。いよいよ来た。突き抜けて爆発するしかない。する。その名も、「突き抜けボム」。ボムってく。ボムっちまいそうだ。俺たちボムっちまいそうだ。

イツトー突き抜けなきゃダメなんだ。


相手に不足なし。やるしかないぞや。
あのでっかいライブハウスで、堂々とゆけ。シンゴ。



それにしても、昨日はいい夜だった。
最後は弦が4本になってしまって、ベースかよ…って感じだった。

2014.10.16@吉祥寺ダイヤ街
1.LOVER SOUL / JUDY AND MARY
2.ならば、友よ / 野狐禅
3.泣くなよストレンジャー / ゆうせいから
4.素晴らしいせかい / オトノエ
5.ブリッジ
6.思い馳せながら
7.タワレコの先輩のバンド / アサトアキラ
8.錆びないダイヤ
9.メル
10.誰が為に猫は鳴く
11.さっきはごめんね、ありがとう / クリープハイプ
12.ホリデイ / BUMP OF CHICKEN
13.ただの一日
14.せーので歌うバラード
15.tanpopo
16.サマー・オブ・ラブ
17.手紙 / 小谷美紗子
18.12月革命 / フロムTokyo
19.ライク・ア・ローリング・ソング
20.二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド
21.24
22.踊るハートランド
23.パレードは続く

en1.アメニモマケズ / 泣いてばっかのヒルギ


でした。
全部終わってみんなほとんど…

この前スペシャ列伝と今夜路上

イメージ
14日
午前9時札幌は6度で、飛行機に乗って12時半頃東京着いたとき26度あって、嘘ーんってなった。

初めての新宿LOFTにて、スペースシャワー列伝というイベント。LOFTについたらサンボマスターがリハやってた。
俺たちはメインステージじゃなく、バーステージというところで転換アクトとしてライブでした。最高でした。



会場は500人越えくらいのパンパンで結構速攻でソールドアウトしてた。
そんな中でも、俺たちのTシャツ着てくれてきた人とか俺たちをみにきてくれた人がきっと10人くらいいて、すごく嬉しかった。

最初ヒトリエが終わってカナブーンまでの転換のあいだが俺たち最初のライブだったんだけど、その時は多分お客さん20人くらいだったかな。
最高だったんだよなあ。みてくれた人ありがとうござます。

1本目
1.ライク・ア・ローリング・ソング
2.tanpopo
3.せーので歌うバラード
4.歩く日々ソング


1本目終わってめっちゃ疲れて全然動けなかった。そしたらあっという間にメインステージではカナブーン始まって、ボーッとしたまま3曲くらい聞いて、ていうか準備しなきゃと思ってハッと切り替えてTシャツ切って書いて、セットリスト決めて、そしたらすぐ「カナブーン次最後の歌です」とスタッフの方に言われて気づいたらステージの上だった。

いつだって、やるしかない。


2本目
1.すべてはここから
2.踊るハートランド
3.パレードは続く


なんか1本目よりすごい人がいた。
どうやら、1本目の時はフロアでモニター越しに見てて2本目はそっちでみようってなった人が結構いたみたいだ。ぷん。ぽん。ぽりぽり。

そして例によって、俺たちはやるしかなかった。

最後はみんながキラキラしていてよかった。



カナブーンのボーカルの方が「YouTubeでPVみました」と言ってきてくれて、この人こんなに人気者なのにめっちゃ律儀だなあって感動した。
サンボマスターとはなぜかメガさんの話で盛り上がった。

というか、みんなすごかったです。










でも俺もすごかったです。







今日は原宿のAMってギャラリーのオープンイベントにいってくる、荒木経惟の写真展。原宿って、穴あいたジーパンと穴あいたパーカーとかでも行っていいのかな。怖いなあ。15時オープンだから15時に行こう。




夜は21時00分00秒から吉祥寺ダイヤ街で路上やるす。
東京で路上やるの…

本日のミナミホイール

台風のため、今日のミナミホイールは中止になりました。 俺たちは大阪にも行けず、普通に札幌にいます。
たくさんのアーティストと、たくさんのお客さんと、たくさんのスタッフの方たちがきっと色んな感情でぐるんぐるんしてると思いやす。 俺たちも、大阪にいたら、また違う何かをできたかもと思っておりやす。が、現状でできること、というかやりたいことということで、「ツイキャス」っていうツールを使ってライブを配信することにしやした。ぼふぅ。
ツイキャスってのは、生中継できるやつで、主にツイッターと連携してて、うーん、生中継できるやつ!!
ツイッターやってない人は下のURLからみてみてください。俺のアカウントから配信するので。
場所は俺たちの聖地・札幌市中央区のパワースレイブスタジオから。 時間は、今日ミナホの出演予定時間通りに、17時15分からやります。
恐らく、画質悪い・音割れまくり・なんかよくわかんないの三拍子だと思うけど、30分精一杯ライブします。 俺たちができることは、今回はこれくらいです。スタッフとかもいないし、スタジオに携帯を立て掛けてやるから環境も全然よくないけど、みんな来てね!(スタジオには来ないでね)
さて、準備するか、ミナホ。

ツイキャスURLは、これ。17:15からね。
http://twitcasting.tv/wtnb_sng

対バン見ないと勝ったかどうかわかんなくねえ?

勝ちに興味ないなら別にいいけど。



明日は大阪ミナミホイールっていうサーキットイベントに出る。
複数のライブハウスで同時にライブが進行されてくイベント。たくさんのアーティストが出る。俺たちは17:15〜ルイードっていうライブハウスでやる。中心部のアメ村近辺からは少し距離離れてる。それでも重たい足でルイードまで来てくれる人がいるなら、精一杯演奏する。当たり前か。。


俺はサーキットイベントあるあるのひとつの、「バンドマンの"チラシ配ります&配りました自慢"と"入場規制の報告"」がすごく嫌いなんだけど、ツイッター見てたらやっぱりうじゃうじゃだ。(でも俺も自分が入場規制になったら絶対すごい嬉しいけど(笑))

チラシは配った方がいいし、たくさんの人に見てもらえるならどんなことでもしたらいいし、たくさんの人に見てもらえたなら最高なことだ。でも、あのな、、、うるせえよ!!知るかよ、くそ!ってなる(笑)
俺、性格がもう(笑)

まあそんなことはどうでもいいとして、明日は精一杯、決してイベントの空気に呑まれずに自分たちのライブを盛大にやろうと思う次第です。転換から突き抜けていく(多分本番でやらない曲をやる)から、お願いします。俺だってトリコ見たいけどな。かぶってるし。逆にトリコと被っててよかったわ、俺すげーライブしたし!っていうライブするしかない。


ていうか、明日大阪に向かうんだけど飛行機ちゃんと飛ぶのかしら。飛行機ほんとに嫌いなんだが、絶対明日揺れまくりじゃん。

明日は、大阪に滞在する時間が5時間くらいしかなくて、ライブ終わったらすぐ東京に向かわなきゃいけないから物販とかもゆっくりできないと思われる。ふああ。(あ、12月9日にも大阪でライブあるから。12/8から大阪いって9日にライブして、10日もいるから12/10は路上やる。なんばハッチ前かな。 )


14日はスペシャ列伝で新宿LOFT。憧れのロフトだけど、サブステージだから、あの市松模様のステージには立てないわけだ。てことは、もう誰よりも突き抜けるってことだ。だが台風直撃、大丈夫かな。(笑)ど新人なめんなよ。


15日はオフ。


16日は原宿のAMいって、夜は東京で路上する。場所は未定だけど、多分吉祥寺のダイヤ街。俺にとっての東京の路上を語る上で大切な場所。吉祥寺、色んなとこからなかなか遠いの知って…

このまま

異議はないな?これ見て聴いて、クソだなってやつとは友達になれん。


はあ、わたし、なにしてるんだろ。

https://www.youtube.com/embed/qEpj5EQHdTo

あんな奴そんな奴

イメージ
誰かを動かしたり、誰かと手を組んだり、誰かと何かをするってことは相当な覚悟と勇気が必要だと思う。

これらはすべて自分へ返ってくる話だ。俺は、俺が俺を俺でやっていく人生の中で、しっかりと俺を見つめながら生きていけなきゃ、すぐに死んでしまうだろうなと思ってるし、きっと実際そうだ。



そういえばこの前、「名前が似てるから、名前似てるバンド集めてイベントやろうと思って!面白そうじゃないですか?是非一緒にやりませんか!」とイベント終わったあとに誘われた。後日改めてホームページにメールくれますか?と俺は答えた気がする。初めて会ったバンドだったし、お互いライブは見たことなくて、向こうは俺たちをTHE BOYS&GIRLSと認識はしてくれていたみたいだった。

ただ、そこでほんの1.2分話して思ったことは、絶対おもしろくないしそんな動機でやって何になるんだろう誰が喜ぶんだろうってことだけだったなあ。
結局改めての誘いは来ていないけど、どうなったんだろうか。





そんなことより、16日から原宿にAMっていうギャラリーがオープンするらしくて、その最初が荒木経惟の写真展らしい。東京にいるし、初日からばっちり行こうと思う、楽しみだ。

大好きなんだよな、アラーキー。

あんたを疑ったことなんてなかったよ

一瞬すぎて、ほんとに嫌になっちまう。もう26歳になる、俺。強くたくましくならないとダメだ、男なんだから。色々終わって帰ってきたら、部屋散らかっててもう散々だ。ぷひ〜

外寒いなー、雪虫飛んでた。 月を探すのすらめんどくさい。

ずっとマンドゥディアオ聴いてる。 高校生の時、狂ったように1st聴きまくった。YouTube発見〜。ミスタームーン。

あんたを疑ったことなんてなかったよ。
http://youtu.be/mxBkIE8wO0U

コロコロコロッケ

コロッケ200個くらい食べたい。


昨日は久しぶりに札幌COLONYでひとりでライブだった。
STVの「アンダースカイ」という番組の企画で、この前札幌の藻岩山にひとりで行ってロケしてきたんだけどそのイベント。

藻岩山に登って、札幌の一番高いところから札幌見下ろしたら、当たり前だけど空が少しだけ近くなって、少しだけ嬉しくなったよ。


で、それで、「思い馳せながら」って新曲ができたよ。



10/6札幌COLONY
1.窮屈な唾
2.アイワズユー
3.錆びないダイヤ
4.せーので歌うバラード
5.思い馳せながら(新曲)

悲しいのは嫌だ

誰かに嘘をつかれても、別に俺は大丈夫だ。大丈夫だっていうのは、「なぁーんだ、嘘か(^_^)」って全部流せるよとかそういうことではないけども。
嘘をついちゃったってことは、だってそのとき嘘をつくしかなかったんだもね。


激動の激情の三日間が終わり、家に着いたのが4時過ぎくらいで、すぐ布団に入った。


昨日は久しぶりの帯広REST。10/3に続きSUI企画。帯広編。
俺たちが始まる前、最終少女ひかさの正和さんが俺にあることを言って来た。だから俺は、俺たちのライブで腹いっぱいにしてやると言った。言ってないけど。でもそんなようなことを言った。

ただただ、楽しかった。

でも、「オナニーしにきたわけでもなく、かといってセックスをしにきたわけでもなく」って最初に言ったけど、ほんとにその言葉の通りのライブができただろうか。と、布団の中でふと思った。
自分で放った最初の言葉を、最後まで貫けたか、と。

昨日ライブが始まると、フロアには札幌の人、帯広の人、対バンの人たち、東京の人、砂川の人、滝川の人、釧路の人、色んな人を見つけたよ。あれ、あんた、この前あそこの街のあそこのライブハウスにもいたなあって人を。

俺のライブは、どうだっただろうか。
悲しいのは嫌だ。そりゃ、楽しいほうがいい。苦しいのは嫌だ。そりゃ、楽な方がいい。泣くのは嫌だ。そりゃ、笑ってた方がいい。誰かに嘘をつくくらいなら、その嘘を俺についてくれればいい。


またひとつ、一歩先を変えられたら。
俺たちが俺たちで進めて行く一歩先を変えられたとき、その先のステージでまた君を見つけたい。
と、強く思った。



やっぱり昨日は、オナニーじゃなかったし、セックスでもなかった。
俺は俺で、誰かは誰かで、一生懸命なだけだった。


高い金と時間と身体と勇気と感情を、俺たちは動かしてる。だったら俺たちはステージの上だけかっこいいバンドにはなっちゃいけない。もっと音楽を、もっと素晴らしいことを、もっと人間を、もっと知ろうとしなきゃいけない。



「お前ちゃんとしろよ」って、また夜に殴られた。でもありがとう。感謝するよ、帯広の夜。


また来てください。新しい歌を必ず用意しておく。その時はこっそりでもいい、友達とでもいい、一人でもいい。


そうだ、俺は全然大丈夫だけど、君はほんとに大丈夫?


身体が痛い、誰か揉んでくれ。
あと、お腹すいた。明日は札幌COLONYでひとり…

この先の前途多難も

ケツメイシの「ケツノポリス2」というアルバムは、俺の今までの人生で聴いたアルバムベスト20(好きなアルバムベスト20)に確実に入るアルバムなんだけど、しばらく聴いてなくて、久しぶりに聴きたいなあと思った。


今、帯広に向かってる車の中。
安藤裕子が流れてる、めっちゃいい。



10月が始まった。
一昨日はハウアユース企画。初めての企画で、一番最初に歌えたことをほんとに嬉しく思った。
平日のど真ん中、18時に来てくれた人もありがとう。

昨日はSUI企画。久しぶりのカウンターアクションで、もっちのことを思い出した。あいつは元気にしてるんだろうか。
オープン前のどしゃ降りの雨は、イベントが始まった時に止んだ。ずっと笑っていた気がする。
そんで、今日もSUI企画。SUIって、帯広に住んでる人。北海道の真ん中らへん。札幌から4時間。

今日はSUIの地元、帯広だ。
俺たちは最後に出演。何かが変わりそうな気がするねえ。

今日も頑張ろうね。



俺たちにはライブ定番曲なんてないし、定番のセットリストもないし、何いってるかわかんなくても身体が動いちゃうようなサウンドも出せないしできないしそんな歌ないけど、俺たちには俺の歌があるんやよ。やよ。やんよー。



紅葉。

一年

今のブログを始めて一年が経った。
名前を変えようと思って、「ゴン太に乗ってどこまでも」に変えた。


ゴン太っていうのは、7月に家の近くの古びたリサイクルショップで買った自転車の名前です。

今日10/2は、札幌moleでライブ。ハウアユースという札幌のバンドの初企画で俺たちは1番目。40分間ステージに立ちます。
木曜日の18時、学校やら仕事やらで間に合わないって人が結構連絡くれて、でもそういうのは仕方ないのだ、精一杯やります。

来てくれた人の前で全力でステージに立つのだ。




40分後どうなってるかなんて、わかんないさ。

美しい名前

イメージ
呼吸もできないくらいに。