投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

24のエンドロール

イメージ
札幌COLONYでのワンマンが終わって、余韻なんて引きずってる時間はなく、28日すぐ苫小牧でトンアップとライブした。 少し打ち上げをエルキューブでして、1時間半かからないくらいで札幌に着いてみんなを送って、帰ってきた。


今日はスタジオだった。終わって色々して、ようやく今、ふーってしながら、部屋でひとり、窓あけて、ビール飲んでる。テレビはつかないし、コンポもそろそろ寿命だなあ。CDろくに再生されないもん。
外を走る車の音は、雨上がりの道路を走る音。夏みたいだ。




COLONYのステージから見えたものは、初めて見たものだった。COLONYのステージの上で感じたことは、初めて感じた気持ちだった。それを教えてくれたのは、フロアで俺の方を見ていたあなたでした。ありがとう。

お花が届いた。
どれも綺麗だった。写真に撮っても美しかった。

手紙をもらった。
思いは字となり、字は声を思い出させて、その人の声を思い出しながら読んだ。

差し入れをもらった。
終わってからの楽屋と、酔っ払って帰ってきてから美味しくいただいた。

ありがとうございます。





打ち上げは、メンバーとCOLONYスタッフと。出会ってからずいぶん経ったけど、変わらないことも変わったこともありながら、久しぶりにこうしておいしいお酒が飲めて嬉しかった。



翌日、サンストの企画を見に行った。
ラジオもあったってのもあるけど、それ以前にとても悲しくなったから、最後まではいなかった。あの日思ったことを、今日ウズラにメールした。あいつも戦ってるのを俺は知ってるから、だからこそボロクソに伝えた。
8/5、俺はただただ大切なのだ。


白石から札幌までJRに乗って、AIR-G'にいった。半年間やってきた番組が最終回。
あっという間に1時間は過ぎて、あっという間に半年間は経った。たくさんのことを学んだよ。聴いてくれてた方、メールくれた方、ありがとうね。











7/4見放題、7/5東京ワンマン、楽しみだね。
2012年12月、見放題のだいちゃんさんって人が大阪のライブ見に来てくれた。ファンダンゴでやった日。終わったあとに「はじめまして、見放題のだいちゃんと言います」って。で、13年1月の梅田AKASOにもまたすぐ来てくれた。そこで「やっぱり今年、ボイガルに出てもらいたいです、見放題」と、誘ってくれた。その年の5月には見放題のプレイベントとして、見…

コロニーとシンゴ

イメージ
2009年の春からCOLONYでバイトを始めた。 受け付けをやったり、ドリンクを作ったり。 途中から俺はCOLONYで照明もやるようになった。22時から始まり5時に終わるガラガラのクラブイベントは眠かった。オールナイトのラウド系のイベントでSiMがきたとき、SiMだけレベルが違くてかっこよすぎて、照明やるのも楽しかった。フックと出会ったのも俺が照明やってた日にあいつがスタパンのコピーでコロニーに出た時だった。
2010年11月、俺は、とあるバンドの2daysワンマンの照明をやった。2daysのワンマンの照明をやるというのが初めてだったし、そもそもワンマンを任せられたのが初めてだったからとても緊張してた。でも、昔からとても好きなバンドだったから嬉しかったし頑張ろうと思った。
その2日間で照明をやりながら見た光景は、今もはっきりとおぼえてる。
ライブはもちろん最高で、2日間とも確か売り切れててお客さんパンパンで、みーんな生きていた。泣いたりしてた人もいたし、でもみんな最高に楽しそうで、歌ってて、ちゃんと聴いてて、笑ってて、みんな生きていた。「コロニーでワンマンでソールドアウトって、こんなことになるのか」って、照明卓を操作しながら思っていた。その打ち上げでべろべろに酔っ払ってしまった俺は、店長のヒデミさんと二人で帰り道を歩いてた時にヒデミさんに大号泣しながらわんわん泣きついてたらしい。覚えてないけど笑
当時俺は、カイトと一緒にやってた前のバンドの解散ライブを3週間前にコロニーでやったばかりだった。

「ワンマンの前に、俺はバンドでライブすらできないのか」と、思ったのかな。





ボイガルを始めて、最初のライブはコロニーでやると決めていたからコロニーでやった。 2011年3月21日。
メジャーが決まった時も、発表はコロニーでしたいと思った。 2015年2月28日。
ヒデミさんが、喜んでくれた。


コロニーに行くようになった2008年から、楽屋には「伝説の虎軍団」の写真がずっと飾ってあった。THEイナズマ戦隊というバンドの写真。コロニーでワンマンをやったときの写真、確か上京前最後のワンマンだったかな。コロニー改装前。中学生のころから大好きだったから、うおおおおってなった。

時は流れ、不思議なもんで俺はイナ戦とライブやるようになるんだから、おかしな話だ。
ちょうど1年前の2014年6月26…

ゴン太に乗ってどこまでも

昨日、洗濯機が止まって随分経っても、たった数歩がめんどくさくてなかなか干せなかった。テレビはつかないから、ヒロトは見れなかった。ラジオを聴こうと思ってFM802に合わせたらキュウソネコカミのヤマサキセイヤさんの番組で、バンプのラフ・メイカーがかかるとこだった。バンプで一番好きな曲だし路上でも歌ってるから嬉しかった。そのまま聴いてたらゴイステの駆け抜けて性春が流れた。ストリートロックファイルの付録のCDに入ってたバージョンだった。


きっとあなたのことを、陰であーだこーだ言う人がいるけど、負けないでね。俺はちゃんとわかってるからね。いつもありがとうね。
ボイガル好きなあなたが、ボイガル好きなあなたでいれますように。 ボイガル好きなあなたが、ボイガル好きな誰かにあーだこーだ言われませんように。 ボイガル好きなあなたが、ボイガル好きな誰かをあーだこーだ言いませんように。
ボイガル好きなあなたが、あなたを好きでいれますように。




ゴン太のいない生活も、24日目になりました。少し時間はかかるようになったけど、ゴン太がなくても案外どこまでも歩けるもんなんだなと実感してます。

ゴン太に乗ってここまで来れただけで、あたいは満足よ。



それじゃあまた、会う日まで!
バイバイ!

今日はパークホテルの駐車場でライブだ、楽しみだー!

悲しくて悔しくてバカみたいだった

昨日ブッチが始まったときに、メガネしてなくて急いで楽屋にメガネ取りに行ったら、楽屋でタバコ吸いながらダラダラ喋ってる人たちいて、何だこいつらって思った。別に対バンを見るか見ないかなんてそいつらの自由だからどうでもいいし、俺だって普段から全部は見れないけど、でもどう考えても"昨日のブッチ"は見るだろって思った。どうせあんたら「ブッチありがとう、こんなすげーイベントを開催してほんとにすげーよな。みんな楽しんでいきましょう、最後はブッチで盛り上がろう!」とか言ってたんだろ。それとも、そういうMCしたのは他のメンバーだし俺は思ってないとでも言うんだろうか。
まあいいやと思ってフロアにすぐ戻って、で、メガネやっぱりいらないやと思ってまた楽屋にいったらやっぱりそいつらはまだ喋ってた。なんかぶん殴ってやろうかなと思ったけど、時間の無駄だからフロアにすぐ戻った。

昨日のセルザラフブッチ主催のモーメントフェス。ブッチメンバーは朝から最後までひたすら5会場を走り回っていたよ。ろくにライブも見れずに走り回ってた。主催者なんだからそれは当然だ。出演者はそれに応えるべく、みんな精一杯がんばったんだと思う。俺も、期待に応えたいと思った。

最後のブッチが始まったとき、みんな、うまく言えない感情だったと思う。すごかったもん。登さんは、スタッフパスを首にかけたままだった。朝から見てた登さんの格好のままだった。それが敢えてだったとしても、いっぱいいっぱいで本番の自分の衣装なんか考えてられなかったからだとしても、それだけでほんとに涙出そうになった。

登さんは「疲れてない?」と言って、「疲れてないわけないか。でも、最高の瞬間がきっとたくさんあったでしょ?」とステージから話していた。
里帰りをやってるときに、俺は涙が我慢できなかった。

最高な瞬間あったけど、最低な瞬間があったよ、登さん。お客さんみんな楽しそうで最高だったけど、あんたが信じた出演者の中にはそれが伝わってなくてあんたのその言葉聞かずに楽屋でタバコ吸ってるやつがいるんだよって思うと、悲しくて悔しくて情けなくて、涙が出てきた。
だって登さんはわかんないんだもん。ライブやってるから。楽屋に誰がいるとか。
「来年もやるから、よろしく」って言う登さんに、お客さんからはたくさんの歓声と拍手があって。

バンドたちは、「来年も出して」とか…

よくない

全然うまく寝つけない、ひー。
ものの数十分で目が覚めて、寝れたと思ったら、数十分しか経ってないし。んー。夢もめっちゃ見るし、なんかあんま良くない夢だし、なんなんだよ!!ふざけるな!

結局5時くらいから寝れかったから、ブログのコメントを返してた。5月1日までのコメント返した。
最近ちょくちょく返してたんだけど、ほんとにめっちゃ力がわいてきたりするし、ほんとに嬉しいから、言葉ってすごい。
たくさんしてくれる人も、一回だけしてくれた人も、ありがとう。コメントはあるけどしてないだけだからって人もいるかもしれない、ありがとう。全部嬉しいからね俺は。


でも言葉は、簡単には使えるけど、簡単じゃないから、大変だなあ。
大切に使おうね。





寝方わかんなくなってきた。10時過ぎには家出ないといけないからどっちみち寝れないけど、8:30まで目つぶってみよ。

やついフェス、ドレスコーズ思いっきりかぶってるんだけど、バックバンドがキングとか、そりゃないぜ〜って思ったよ。
余裕で越えてやるよ。

もう少しなのか?

イメージ
東京売り切れましたって報告はやっぱりまだなくて、随分前にベースメントバーの店長ちからさんに電話したとき「まだだねえ」って言われて、なんかそれから気になりすぎちゃって、でも、はずかしくて聞けなくて、今気になりすぎてイープラス見てみたら「△」になってた!

残りわずかって、どれくらいなんだろう…。

もう少しなのか?






誰か気づいてくれ、教えてあげてくれ。頼む。







もう少しだけ待ってくれないか
そばにいてくれないか
あとちょっとだけ待っててくれないか
すぐそこさ、届きそうなんだ
君の心に届きそうなんだ

真っ暗な部屋

ツイッターのボイガル公式のアカウントにて俺の自撮りの写真があがったらしくスクリーンショット送られてきたけど、俺じゃないからね!!!しかもいつの写真だよあれ。公式くんらしからぬミスすぎて、キツく叱った。。俺はそのツイートがされた時間は、トモヤさんたちとそりゃあもう楽しく飲んで、むしろほんとに記憶にないくらい酔っ払ってた真っ只中だったのだよ。家に帰ったのは2:30くらいだった。まったく、もう。


まあ、そんなことはどうでもいい。



新着ライブの解禁が相次いでて。追いついてるかな。システム上の問題で、ホームページの更新が遅れたりもするけど、バンド予約できる公演に関しては、ホームページから受け付けてるので。必ず、お名前と公演日と枚数を記入のうえメールしてください。返信があると思うので。


8/5、帯広RESTでライブが決まりました。サンダーストラックの企画です。

俺は、忘れもしないですよ、2013年8月5日のサンダーストラック企画@帯広RESTの日のことを。
その数日前に俺は喉をぶっ壊してしまい、入院して手術して、結局復帰できず声も出せず退院もできず。散々悩んだあげく、当日は俺以外の三人で帯広に向かい、俺抜きでライブをした。たいちろーに泣きながらメールしたし、メンバーやボスにも、泣きながらメールしたわ。
ただただ祈ってた。俺抜きでいいライブなんてできるわけないと、そう思ってた。だからせめて、ハッピーにゲラゲラ笑って終わりますようにって思ってた。

どうやらライブは、会場に集まった100人のサンストのお客さんと、数人のボイガルのお客さんのおかげで、大盛況におわったらしかった。嬉しかった。悔しかった。嬉しかった。嬉しかった。

あれから2年が経つ、今年の8月5日。
あの日と同じように、サンダーストラック企画、カミナリロックショウ。今度は4人で出させてもらうよ。あの日の1億倍でいくから、あの日来てくれた人も、あの日いなかった人も、とにかく一人でも多くの人に見てもらいたい。今から考えただけで、泣きそうだ。

これは俺にとって、本当に本当に、意味のあることだ。彼らには、感謝しかない。頑張ろうと思う。




その近辺のこと色々書こうと思ってたけど、まず8/5思い出しただけで疲れたからおしまい。また明日以降に。あの日々は、思い出しただけで本当に体力も精神も使うのだ。ふう。それだけ、大切な日々だったんだな…

心のずっと奥の方

イメージ
昨日サカエスプリング。
見てくれたあなた本当にどうもありがとう。感謝される覚えはねえって人もいるかもしれないが、感謝しちゃうんです。ありがとう。
名古屋は、いっつもガラガラでさあ。で、いっつも映画みたいな日になるのさあ。いい思い出なんて全然ないけど、素敵な思い出ならたくさんあるのさ。
初めてのロックンロールはガラガラで、2回目のロックンロールは俺の声がガラガラで。アップセットもいつもガラガラ。10人とか20人とか。でも、確かに俺はその夜に対して本気で歌ったからちゃんと素敵な日になってるんだなあって思っておる。
去年のサカエスプリング、タイトロープ。俺たちはトリだったけど、何とか駆けつけてくれた人が結構いて、ほんとに嬉しかった。


昨日SEが鳴ってステージに出るとき、手拍子が聴こえてきて、え?って思って、ステージ出たら、ここ名古屋か?って思うくらいの人がいて、ぞわってなった。「サカエスプリングをここから始めることにしてくれたのかあ、この人たち」って思うと、本当に嬉しかった。だからこそ俺は、ちゃんと始めて、ちゃんと全部終わらせてやろうと思って、6曲にすべてをこめました。
たくさん歌ったり笑ったり泣いたりじっと見たりギターを弾いてくれたり、ありがとう。本当に感謝。
7/14、名古屋もう一度行くから、もう一度来てほしい。次はハックフィンってとこだからね。


中部国際空港から新千歳空港まで揺れる飛行機に耐えながらも、窓の向こうに広がる薄っすら茜色になってきた空に見惚れてた。あっという間だ。俺たちはどんどん次の場所に行かないと行けないんだ。さっきまでの色々を手繰り寄せながら、次の場所に行かないと行けないんだ。忘れないけど、過ぎていくよ。
そんなことばかり思った。

「このままずっとここにいたいけど、次の場所に行かないといけないし、行きたい。連れていきたいし、連れていってほしい。」

そんな矛盾のような矛盾じゃないような、うまく言葉にならないようなことを思いながら前を向いたり下を向いたりしながら、今日も生きている。相変わらずの歌声で、家に帰る。



「俺は君のために歌う、君は君のために笑え」
なんて、よく言ったもんだ。余計なお世話だ。でもきっと、誰かにそう言われたかったんだ俺は。一生懸命歌えば、きっと一生懸命聴いてくれる人がいるから、そしたらきっとその人から思いや言葉は俺に跳ね返ってくるか…

快晴のホリデイ

イメージ
めっちゃ晴れてる。




1時間後ライブする。 大きいとこだから入場規制という、うんこみたいなやつの心配もなし。ゆったりと、しっかりと、全身全霊で楽しみませう。




1匹入院中だけと、アンプの上は今日もいつも通り。絶好調でよろしく。

早寝早起き

イメージ
今日は早く寝て、明日は早く起きる。ぞ。


メルマガにも書いたけど、飛行機めっちゃ最悪だった…。揺れもすごかったけど、ヒューーンって下にいきなり高度下がるやつ、あれがやばかった。みんなよく平気でいれるなあ。いつになれば強くなれるんだろう状態だよ。とほほ。

空港から電車乗って、金山で乗り換えたんだけど、金山駅で女の子が俺たちに気づいて話しかけてくれて。明日見に行きます!って言ってくれた。めっちゃ人多かったけど、よく気づいたなあ。
明日は35分あっという間だと思うけど、35分には35分にしかない良さが絶対にあるから、そんな35分過ごせるように精一杯歌うんだから。ふー。


雨が降ってる。明日も雨なのかなあ。
どうかなあ。雨に泣いて雨に笑ってみせよう。

俺あした最高でいくわいな。


四季

北海道は四季がはっきりしてるのにも関わらず、終わるときいつもピックアップされるのはやっぱり夏だ。エンドレスサマー。拝啓、エンドレス様。

俺はボイガルを、一年中みたいなバンドにしたいなあ。四季みたいなバンドになりたいなあ。

春も秋も冬も来るし、終わる。
これからやってくるであろう俺たちとあんたの「はじめての夏」も、ちゃんと始めるし、ちゃんと終わらせてやるのだ。

春を終わらせたら、の話な。

おやすみ、めい。おはよう、じゅん。

イメージ
昨日は幌平橋で歌ってきたんだけど、とっても晴れていて、気持ちよかった。風は少し強かったけど、幌平橋らしくてよかった。
気づけば後ろに月が出ていたり、日が沈んでいくのを見ながら歌ったり、目をつぶったり空を見たりするいちいちの動作が気持ちよかった日だった。
急だったにもかかわらず、来てくれた方ありがとう。

3弦が切れちゃって、替えの弦がなかったから仕方なくこのまま続けるか〜と思ったら、直してくれた人がいて、とても感謝だった。
というか、切れた弦で弦かえるって全然意味わかんないけど、ほんとに直ったのがもっと意味わかんなかった面白かった。


2015.5.31@幌平橋
1.恋におちたら/サニーデイ・サービス
2.音色/KREVA
3.素晴らしいせかい/オトノエ
4.ぼくのお日さま/ハンバートハンバート
5.夏の背中/泉山亮太
6.実験4号/Theピーズ
7.夏の雫/メガマサヒデ
8.毎日が日曜日/メガマサヒデ
9.Boys don't cry/おとぎ話
10.FURUSATO/ひとりぼっち秀吉BAND
11.ハローアゲイン/最終少女ひかさ
12.SAYONARA BABY BLUE/うみのて
13.思い馳せながら
14.恋におちたら/サニーデイ・サービス
15.夢で逢えたら/銀杏BOYZ
16.あの子のコンプレックス/猫背メモリーズ
17.サヨナラCOLOR/SUPER BUTTER DOG
18.泣くなよストレンジャー/ゆうせいから
19.ブリッジ
20.明日の君へ
〜EN〜
21.今日のうた
22.豊平川/最終少女ひかさ
23.サヨナラBABY/フラワーカンパニーズ
24.さよならアーモンド/シャムキャッツ



ワンマン前にでももう一回くらい路上やりたいな今月。

あ、今夜は夢チカ18の放送じゃん。楽しみだなあ。夢チカで特集されるの目標のひとつだったしなあ。
でも俺、部屋のテレビ地デジじゃないから見れないけどなあ。。。



5月が終わった。さよなら、5月。 
6月が始まった。 おはよう、6月。









今朝、友達から「さらば札幌。」というメールが来た。





おう、いってこい。じゃーな。