投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

札幌のバンド、ライブハウス、ジェットサンダース。

6月24日を迎えるにあたって、今まで何千何万と話したり言ったり書いたりしてきたことを、改めてもう一度書かないと気持ちが壊れてしまいそうなので、書く。そして、これを記すのはこの投稿で最後にする。

2007年の春に札幌に出てきた俺は、その年のライジングサンロックフェスティバルに行き人生で初めて「ライブ」というものを体験した。そこで、生のライブってやばすぎってことに気づいて、その年の9月、ゼップ札幌にthe pillowsを見に行く。人生で二度目のライブだったはずだ。その日のピロウズはトリプルアンコールがあったけど当時の俺はアンコールとかそういうことの概念がほぼなかったので、アンコールはすればするほど出てきてくれると思っていたため特に驚かなかった。バカだな。
そしてその年の、確か12月。俺は人生で初めて、札幌のライブハウスに行く。(その頃ゼップがライブハウスだったとは知らなかった(ゼップはゼップだった)ので、人生初のライブハウスはこの12月の日に認定している)
場所は、札幌KLUB COUNTER ACTIONだった。

きっかけは、りゅうただ。 りゅうたとは、専門学校に入ってからできた友達で、俺にできた初めてのバンドメンバーだ。りゅうたの部屋は南7条西20丁目あたりのファミリーマートの近くにあって、その頃よく二人でファミマで色々買って、りゅうたの部屋で音楽を聴いたりしていた。りゅうたは、俺の持っていないものをなんでも持っていた。キングのビデオも、LINKのDVDも、黄色いギターも。そんなりゅうたの携帯は、いつも同じ着うたが流れていた。
「消えないで 行かないで 夜はまだ始まったばかり」
りゅうたの携帯はいつもそう歌っていた。それは誰の歌だと聞くと、「ジェットサンダースっていう、札幌の最強のバンドだよ」と言っていた。当時札幌のバンドなんて全く興味がなかった(ピロウズとKEMURIしか聴いてなかった時期だった)ので、「ふーん」という感じだった。
そしてその時はやってくる。 りゅうたが俺に、「シンゴ、明日カウンターアクションっていうライブハウスに行こう。」と言ってきたのだ。その頃の俺は9月のピロウズの余韻抜けぬまま、「ライブはやっぱゼップとかっしょ」みたいな気持ちでしかなかったので、「やだ」と言った。あと実は普通にゼップ以外のライブハウスがどんな感じなのか知らなかったし、ブレーメン読…