投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

この街の光と影を感じながら

ああ、今年が終わるなあって思ってる。

色んなことがあったけど、なんだかんだで幸せだったなあと思います。

来年は今年と全然違う一年になると思うけど、またどこかで俺のことを見つけたら声をかけてくれると嬉しいです。



このままだといよいよほんとにダメだなあと強く思ってる。思ってるけど、どうしたらいいのかわからないことが多い。だから自分の足で目で手で耳で声で常に探し続けることをやめずに、生きて行こうと思う。


今年一年色んなところで色んなバンドと共演して思ったのは、楽屋でずっとゲームしてる人とグースカ寝てる人のバンドには絶対負けたくないってことだ。あんなダサいことはない。
でも、それがモチベーションをあげる手段のひとつなら、仕方ないのかもしれないが。



俺は、自分のバンドは自分で守る。
やる気がない奴は潔くやめたらいい。

















誰にも言えないことは、誰にも言わずにどうにかするしかない。たったひとりで、立ち向かうしかない。

男なんてそんなもんだ。



ヘラヘラ笑ってる時間も余裕もない。
俺にはバンドしかない。
さよなら、2014年。

スーパーカーのアルバム

高校生の時めっちゃ聴いてたスーパーカー、MDもCDも音飛んだりなぜかエラー出たりでほとんどちゃんと聴けなくなっちゃったから、何か今日、お店で目に入ってきたから買っちゃった。

したらやっぱ最高だった。

そういえば今日タワレコいって、自分のCD探してみたけど、どこにあるかわかんなくてそれより早く帰ってスーパーカー聴きたいって思って速攻諦めたけどどこにあるんだろ。
前はBOOWYの隣にばっちりTHE BOYS&GIRLSっていう仕切り板があったんだけど、今日見たらそれすらもなかったんだよなあ。例えば売り切れとかでCDがないのはわかるけど、仕切り板って残ってない?移動したのかな。誰か知ってる人教えてよ。知ったところで「ほへ〜そうなんだね〜」で終わるけど。。


ほんとにスーパーカーめっちゃ最高だなあ。

もう、スーパーカーと、ブリグリと、ハンバート、でいいや。何がいいのかわかんないけど。






今日も、ちゃんと、お腹痛い。

今年も来れたよ

イメージ
ライブガラナ、たきかわホールでのライブが終わって、6分遅れの最終列車に乗って札幌に向かってます。



「携帯にサインを書いてほしい」といってきてくれた人がいて書いた。その人は一年前のライブガラナが終わったあとにも携帯にサイン書いてほしいと言ってきてくれてて、ああそっか、一年経ったんだなあって思った。


「去年ここで初めて見た時は一曲も知らなかったけれど、今日は全曲知っていました!」と嬉しそうに話してくれた人がいて、とても嬉しかった。その人は、俺が今年8月に、今までの400本のライブの中で唯一フロアにいるお客さんを無理矢理ステージに連れ込んだ人で、ああそっか、一年経ったんだなあって思った。


「去年は吹雪で遅れて途中から見たの。今年はたくさんボイガル見れました、また来年もよろしく」と言ってきてくれた人がいて、そういえば去年途中で入ってきて入り口のとこですぐ腕あげてたのを思い出して、ああそっか、一年経ったんだなあって思った。



時間は止まらないし、四季はちゃんと巡る。それをしっかり感じながら、俺は歌ってきました。





今日、「2014年最後だし、今年を締めくくるライブにするぞ」とか1ミリも思わずにステージに立てたからよかった。

いつだって前を向けば、フロアでひとりぼっちで俺を見てる人がいる。今日もありがとう。ひとりぼっちの、たくさんの人。





滝川と砂川は、ほんとに大切な場所だ。


2014.12.29@たきかわホール
1.パレードは続く
2.ただの一日
3.tanpopo
4.ブリッジ
5.歩く日々ソング
6.せーので歌うバラード
7.ライク・ア・ローリング・ソング
8.錆びないダイヤ
9.24
10.すべてはここから
en1.100万ドルのナンバー




悲しくない。淋しくない。
大丈夫さ、きっと。


イーハイフンのコート、かわいいから買お。

巻き戻しボタンは壊れたまま

きのう、一体何本飲んだのかわかんないくらいハートランドを飲んだ。多分、6本か7本だと思うんだけど…。
ひとりでDJでした。とっても楽しかったけど、とっても疲れました。

記憶が、ない。

流した曲
1.ミラクルをキミとおこしたいんです(サンボマスター)
2.機嫌なおしてくれよ(奇妙礼太郎トラベルスイング楽団)
3.切符(フラワーカンパニーズ)
4.さっきはごめんね、ありがとう(クリープハイプ)
5.04510- (RADWIMPS)
6.安めぐみのテーマ(水中、それは苦しい)
7.君を失ってwow(セックスマシーン)
8.くじらなわ(ザ・クロマニヨンズ)
9.スーパー、スーパーサッド(ドレスコーズ)
10.サヨナラBABY(フラワーカンパニーズ)



今日は、滝川。
一時間もやる。思い出すね、去年を。

そこに俺の気持ちはあったかい?

イメージ
みんなクラスメイトみたいで、ほんとに気持ち悪い。札幌にいるから尚更感じるんだろうなあ。仲良しクラスメイトかよって感じでさあ。他人の話を他人にして共有して楽しいんだもん。悪趣味だねえ。何を見て、何を聞いてるんだい。何がステータスなんだい。やんなる。もちろんみんながみんなじゃないけど、それにしても多すぎだよこの街にはそんな人が。関係ないって思いたくても思えないくらい近い。でもよく考えたら、そうじゃない人とは、あんなの使わなくても、素晴らしい関係でいれるんだよなあ。ボイガルのことっていうか、俺のことをいいって思ってくれてる人がいるなら、そんな悪趣味なことしないって都合よく思ってるんだけど、ごめんねえ、俺は自分勝手で最悪だから、一度崩れたらこうなってしまうのだ。もう何も言わないことにするから、もう俺には何も言わないでくれよな。すべては、窮屈な街に吐き捨てた歌の中にあるから。







話は変わって昨夜。
400本のライブの中で、というか俺のライブ人生の中で、MCしなかったライブは昨日が初めてだったなあ。

円山エクスタシーは、ほんとにいつまで、ど真ん中にいるつもりなんだろうねえ。いつもありがとう。

今日は札幌COLONYでススキノハウジングというイベント、ひとりで30分DJするよ。久しぶりだから楽しみ。昨日は1秒も喋らなかったけど、今日は喋るよ〜。お酒も飲みながらやるし!
いい歌たくさんかけるぞ〜。

明日は年内ラストライブ。滝川だよ。101本目かな?楽しみだね。
顔が、猫みたいになっちゃった。


ノー

今日路上やる予定でしたが、できなくなりました。年内やれるとしたら30日しかないけど、多分無理です。ごめんね!

太陽と月、明日からもよろしく

4番線は10分遅れで発車。
特にすることもないので、ふー…とひと息ついて、いつもの画面からいつもの投稿フォーム、いつも通りブログを投稿しようと今これを打ってる。

今日は19年に一度の朔旦冬至。
一年で一番昼の短かった今日は、ほんとにあっという間にバタバタ過ぎて、気づいたらもう真っ暗になってたなあ。


ほんとに、忙しい日だな。


でも冬至って、極限まで弱まった太陽が復活する日らしくて昔は「復活の日」ってことでめでたい日だったらしい。そして朔旦冬至は、19年に一度その弱まった太陽と月が復活する日が重なるってことで、スーパーめでたい日なんだってさ。

弱ってぶっ倒れても、明日から徐々に少しでも長く明るくなってみせるよ〜って復活する日。いい日だな。めでたいな。


太陽みたいに眩しく、でっかく、熱く。明日からもよろしく。
だから頑張ってくれ。



なんせ今日は、朔旦冬至。
極限まで弱まった太陽と月の、復活の日だ。

吉祥寺、新宿、渋谷、池下

イメージ
12/15

吉祥寺ダイヤ街で路上。とても寒い夜だった。聴いてくれてる人が寒そうだった。俺は歌うことしかできないから暖めてあげることはできなかったけど、それしかできないからそれだけ一生懸命やった。
りょうたに久しぶりに会った。あいつはいつも、帰り道に俺の声に気づいては、歌を聴いていってくれる。俺たちしかいないダイヤ街で少し話をして、2人で駅に向かい、別々のホームに向かった。




12/16

カメラマンのおはぎちゃんと変なお店でご飯を食べた。同い年というのもあるのかどうかわかんないけど、良きライバル。夢を聞いたら、意外な答えが返ってきた。おはぎちゃんは色々な話をしてくれた。だからこいつかっこいいんだ、って納得するばかりだった。
おはぎちゃんと二時間くらいでバイバイしてから、新宿LOFTに向かった。着いたら本棚のモヨコのライブが終わってた。バーステージでの蜜のライブしか見れなかったけど、蜜が最高すぎてほんとに来てよかったと思った。



12/17

TSUTAYA O-Nestでライブ。
1曲目のサビで腕あげてたのが4人だった。だからこのライブが終わるまでに5人にしてやるって言った。俺はこの日、ダントツのライブをしないと意味がなかった。転換中に未完成VS新世界が流れて、涙が出そうになった。
終わったあとに物販で、「明日の名古屋、間に合うかどうかわからないけど仕事終わったら向かいます!」と一人の女の子が言ってきてくれた。


12/18

名古屋池下UP SETでライブ。
前の日、物販で明日行きますと声かけてくれた娘の姿はなくて、最後の歌の前のMCでその話をした。「いま東京から仕事終わりにバスに飛び乗ってここに向かってくれてる子に、聞こえるわけないから、今見てくれてるみなさん一生懸命聴いてください」といって、一生懸命最後の歌を始めた。みんな一生懸命聴いてくれてた。
そしたら1番のサビの途中で、後ろの扉があいて、その娘が肩で息をしながら入ってきた。俺は嬉しくて嬉しくて、歌詞通りになんかうたえなくて、みんな!きた!きたぞ!あの娘だ!!って後ろを指差した。フロアにいた25人がみんなで拍手したり腕あげたり、その娘を盛大に迎えた。俺以外の三人は、パレードは続く、と歌い続けてた。
また必ず来て、その時はまた更新しようと強く思った。



ライブハウス、根室ハイワットホール。俺の友達が、仲間と、パチンコ屋を…

これから

吉祥寺ダイヤ街で路上やる、1時間くらい。
書き殴り忘れてきてしまいましたが。

何様だよ、あんた

12/8に大阪に飛んでから、今は流れ流れて東京にいる。選挙、行けなかった。不在者投票の書類とか、請求するの忘れてしまっていた自分が悪い。甘かったな〜

これで俺は何も言えなくなったわけだ。

でも、何でみんなあんな口悪くなるんだろう。選挙のことになったら。ほんとにほんとに大切なことってわかってるけど、ほんとにほんとに大切なことのときって口悪くなるもんなのかな? 

何も考えてないわけないじゃんかね。


ツイッターで選挙のこと書くと良くて、書かないとそいつ無関心ってことになるのは何でなの。ねえ、そこのバンドマン、何でなの?投票した人って全員ツイッターに選挙のこと書いてるのか?おい。
とにかくその言葉遣いを本来のあんたの言葉遣いに戻すところから始めてよね。






昨日は高円寺HIGHでライブでした。
基本的にセッチューのときはケンカ売りまくりライブになってしまいますが、その気でいかなきゃやられちゃうのよね。おかげで全然共演者には話しかけられないし仲良くなれませんが。。とほほ。

トリ前のセクマシまでパンパンのフロアは全員といっていいほどの数の拳が上がり続けていて、トリの俺らが始まる頃にはフロアのお客さんの数はだいぶ減ってた。
それでも俺は、嬉しかった。本当に嬉しかった。


千葉さんに、「俺が見せたいライブを見せてくれた、ありがとう」って言われて、とっても嬉しかった。



俺たちを見てくれるあんた、どのバンドよりも一生懸命見てくれていると信じてるし、この先もそうであってほしい。 あのバンドの方が踊れるかもしれないし、楽しいかもしれないし、騒げるかもしれないけど、一生懸命見なきゃってなるのは俺たちであってほしい。

みんなで踊ったり歌ったり拳を挙げたり、そりゃ素晴らしいことだけど(ほんとはそうなりたい…)、それよりもまずは、一生懸命見てくれたらいい。自由に、好きな場所で、好きな時に、この人たちを見てるのは自分だけじゃないってのも頭の片隅に置きながら。

もちろん、ステージは任せてくれ。
そのかわり、フロアは任せたからね。



さて、一昨日の夜から続いた猛烈な腹痛は、どうやら胃腸炎とかいう類のあれだったみたいだが、昨日をなんとか乗り越え、今日ほぼ一日休めたから、今はだいぶ楽になった。よかった、

明日回復してたら、どっかで路上でもやろうかなあ。吉祥寺でしかやれない人間になっちゃったから吉祥寺かなあ。









いつでもどこでも…

今までもこれからも

12/7
札幌DUCEでライブがあって、その日はラブ人間が札幌にきていて共演だった。去年の12月7日も札幌で一緒にやった。あの日は打ち上げが終わって店の外に出ると雪が降っていた日だった。今年も、雪の日だった。
転ばないように気をつけながら、一歩一歩確実に足を進めないと、次の歌なんか聴けないってそんな日だった。


12/8
大阪に飛んだ。夜はメンバー4人でご飯を食べた。ホテルの部屋が有線聴ける部屋で、色んなチャンネルを聴いたりした。Drop'sの歌が流れた。明日はどんな夜になるんだろうなんて思いながら気づいたら寝ていた。


12/9
阿倍野ROCK TOWNでライブ。久しぶりの大阪でのライブは、関西圏で放送されてるテレビの主催イベントだった。俺たちを混ぜてくれてとても嬉しかったし、誰にも負けたくなんてなかったし、誰よりも優しいライブをしようと思った。
転換中、爆弾ジョニーのなあ〜んにものイントロを何の気なしに弾いてみた。いまいちうまく弾けなかった。ひかさの豊平川のイントロのストロークはだいぶ身についてきた。いつもの登場SEが流れて、ミドラトを持って、1曲目を歌う前にこの日も最初に即興で歌った。どんな歌か忘れてしまった、誰か覚えてないだろうか。
ライブは楽しくて、でも少し自分の胸がギュッとなってしまうようなライブだった。自分のライブで自分の胸がギュッとなってしまうなんてバカみたいだけど、なってしまった。
見てくれてる人を、ギュッとしなくちゃならんのだぞ?シンゴよ。
最後の「パレードは続く」の最初のギターを弾き始めたとき、なぜか友達の顔が頭にぶわーって浮かんでしまって、俺は、一番のAメロをロクに歌わずただひたすらに語りまくった気がする。そういうのよくない。俺の歌は、まず俺が誰よりも歌わないといけないのに。でも、その友達の誕生日がつい最近だったし、良しとしよう。(?)
最後はまるで走り幅跳びのように、フロアに跳んだ。俺は一体なにがしたいのだろう。。
おはぎちゃんとも久しぶりに会って、写真も撮ってくれた。打ち上げが始まる前にそのラストシーンの写真が送られてきて、つい3時間前のライブ中の俺を見れて、ドキドキした。おはぎちゃんにはきっと誰にも見せない涙や強さや闘志が絶対にあって、それが写真に出てる気がするからとてもワクワクする。おはぎちゃんはライブハウスでの過ごし方や言動も…

本日21:30から

大阪、なんばHatch前で路上やります。
21:30から。

取り急ぎ、それだけ!
全然ブログを投稿できない!

何から話せばいいのやら

イメージ
福岡空港の2階にあるスターバックスの横にある緑のイスの上より。



12/1

昼頃札幌に帰ってきた。
前日の下北沢にて、そのあとのスペシャ25時間テレビ生出演の熱も冷めぬままってな感じで。
新千歳空港から札幌駅に向かい、駅についたその足で4人でラジオ局へいって打ち合わせ。打ち合わせが終わって、そのままライブハウスへ直行して、リハーサル。
とても意味のあるイベントに出れたし、意味のあるライブができた。






12/2

午前10時の便で福岡へ。
千歳は吹雪いていて、氷点下だった。飛行機はずーっと揺れてた。もう、なんなんだよ…ってくらい揺れてた。
福岡空港がめっちゃ住宅地の中にあって、着陸するとき「墜落する」ってほんとに思った。あと、ずーっと揺れてた。
福岡着いてすぐ、ラジオ生出演したりコメント収録をしたり。
夜は、屋台に行ってたくさん飲んで食べた。 






12/3

この日も一日中うごきまくる。長崎や佐賀に行って、ラジオに出たりテレビのコメント収録をしたり。
タワレコ長崎店、タワレコ佐賀店にも挨拶へいった。
福岡に戻ってきて、トモヤさんとまた屋台にいった。そこで出会った京都の大学生の男2人組と、仲良くなった。
鬼多郎というお店。大将も男らしくて、とてもいい店だった。 







12/4

熊本にいってラジオやテレビの収録。  終わって福岡に戻ってきて、一瞬空き時間があったから、念願の場所へいってきた。大好きなブランドで、でも福岡で毎週木曜の17:00〜21:00にしか店だしてなくて、今まで通販でゲットしてたんだけど、まさに昨日木曜で、遂に会えた。めっちゃ最高だった。ひい。



夜はタワレコパルコ博多店、タワレコアミュプラザ博多店へ。アミュプラザの方は告知していたのでステッカーと書き殴りを持っていった。
でも、ライブもしたことない街で、誰か来るのかなと思っていた。
そしたら10人もきてくれた。嬉しかった。なんでだろうと思った。

その中のひとり、高校生の男の子のことを書く。

制服着たそいつは、のそのそっとこっちにきて、

「今そっちにある楽器屋さんで、ギターの弦を買って来たんです。で、歩いてたらタワレコの方から歌声が聞こえてきたからなんだろーと思ったら、誰かが歌ってて。すごくよかったからCD買おうと思って、財布見たらお金足りなくて、急いで買った弦を返品して、これ買いました。」

と言って、歩く日々ソングを俺とトモ…

行かないで、まだ

イメージ
入り口は色々だ。
その人だけの生活の中にあって、その人にしかわかりえないなんてことも、たくさんある。

足を踏み入れてから、近くなったり遠くなったり仲間になったり友達になったり敵になったり思い出になったりする。


思いがなかなか声にならないからって、ギター弾いたら何とかなるかって言ったら、そんなこともない。


夜中に送った初めてのメールはたった数行だけど一時間かけて考えた。
こっちのそんな心情も知らずに、あっさり2分で返信は届く。


カポタストを1フレットにつけて最初にGを弾いたとき、なんだかいけないことをしてるみたいな気持ちになったり。


「東京」というアルバムをずっと聴いてた年、おかげでカッティングが少しうまくなったような気がする。
少しかすれた声なんか、どう頑張っても出せなかったり。


いつだか下北沢の王将で、10分だけ、2人で乾杯をした。




レコード、コーヒー、カレー。

荒木、ばるぼら。







ひとり暮らしの俺の部屋に集まった24時、酒焼けした声で俺は一曲。同じような髪型だったあの人は、「リサイクルショップ」という曲を歌い出す。
でも、泰雅くんが意味不明なことをいい出して、曲が中断、続きは歌ってくれなかった。


どんどん、離れていく。
どんどん、近づいてく。


どんどん、離れていく。











俺が昨日ステージから見たもの、感じたもの、もう一度あのステージから伝えたい。





涙が止まらなかったけど、あれで良かったんだよ。

「シンゴさんが一番かっこよかった」って人が、きっとひとりはいるはず。
ひとりくらいは。













ニセモノなんかじゃない。 嘘なんかじゃない。
あの日から、ずっとちゃんと好きよ。