投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

遠いストーリー

イメージ
正解が怖くて、解答欄に何も書けない問いがある。そんなもの存在しないと思っていたけど、ぶつかっている。正解が怖いなんて、ふざけた話だけど。

今日、とある用件を済ませ、帰りに札幌駅の地下を歩いていると後ろから男の子3人が駆け寄ってきて、前にライブ見ました握手してくださいと声をかけてくれた、嬉しかった。ありがとう、と伝えた。そのまま地下歩行空間を歩く、もう、毎日歩いてる。そして僕は今日気付いたんだけど、ここ最近チカホ歩くたびに、必ずすれ違う人がいる。行き交う人であふれてるのに、ふとした時に、あ、またあの人だ、と気付いて、すれ違う。あの人は今日マフラーをしていた。昨日までしてなかった気がする。

大通北改札の前、今日は自動ドアから抜けて、右から行こうか左から行こうか悩んで結局今日も左からいった。ヒロシ前、昨日よりも待ち合わせの人が多かった。土曜日だし、ハロウィンだし、きっとそれぞれでそれぞれの予定があるんだろうな。僕はそのままポールタウンへ入った。大通-すすきの間の地下街。すると、前から来た男の人が僕の15mくらい前で、突然倒れてしまった。倒れそうになった瞬間「あ、倒れそう」と思ってすぐ駆け寄ったけど僕の足はギリギリ間に合わず支えれなくて、その人が倒れたほうが早かった。頭から倒れなかったけど、顔は白くて、でも身体は熱かった。大丈夫ですか大丈夫ですかってとりあえず必死に何度か声をかけても反応はなくて、でも呼吸はしていた。近くにいた男の子3人も来てくれて、とりあえず端に運びましょう!といってその人を抱え上げて端に寄せた。意識は戻ってなくて、どうしようどうしようと思って、とりあえず、「誰か駅員さんに伝えてください」と僕は誰かに言った。誰に言ったかは覚えてない。向かえのお店の人がどうやら119番をしたらしいとの情報もどこからか聞こえた。僕はとりあえず何もできず、わかる?!聞こえる?!大丈夫?!と何度も聞くしかできなくて、そしたらその人は目を開けて、「すいません、風邪気味で、いきなり目眩して」とゆっくり話はじめた。よかった。いや、よくはないけど、ホッとした。横になったまんま、とりあえず今誰か来ると思うので待てますか?と聞いたら、はいというから、なんとか持ちこたえてもらった。何か飲みますか?と聞いたら、もしあればお水かなんかもらえますか?というので、すぐそこにあったローソンで急いで水を…

雪が降ったんだよ

イメージ
昨日ボロドンが終わって、チームボロドンで飲みに行って、夜中トモヤさんと歩いて帰ってきた。2本ビールを買ってくれた。冷たくて、美味しかった。
今日はお昼まで寝てた、どうやら雷がなっていたり雨が降っていたりしてたみたいだけど、全く気づかなかった。そういうの絶対気づくはずなんだけどな。爆睡だったみたいだ。起きて色々準備して、今日もノースウェーブへ。あれやこれやと話し合ったり打ち合わせたり。一つ一つ、こぼさないように。今は、気温が5度。雪も降って、歩道はうっすら白くなって。雨も降って、あられも降って、みぞれも降って。こっちは一気に寒くて、そろそろ路上の季節かななんて思ってる。ライブが少ないと、不安になる。スタジオに入らないと声の出し方がわからなくなりそうで恐ろしくなる。もっともっと歌わないとダメだ。もっともっと戦わないと。毎日考えてる。毎日、毎日。欲しいものなんて、大してないさ。



今日は雪が降ったんだよ。

ふざけんな空

昨日ラジグルが終わって、反省会して来週以降の話とかもして、帰り道。好きな音楽聴いたり聴かなかったりしながら歩いていて、あれやこれや色んなことが頭に浮かんできて浮かんできてしまって、何度も深呼吸しながら帰った。20%引きになっていたお弁当と水を買って、鞄下ろして、お弁当温めてレンジの音が響いて、食べて、いろいろ考えて、少しツイキャスして。それからまたいろいろ考えて歌詞書いたり整理したり。気づいたら服も着替えないで寝ちゃっていた。朝起きてシャワー浴びて家を出て、打ち合わせの合間でまた一人でいろいろ考えて。昨日考えていたことは薄れていて少し怖くなったりな。
それにしても秋の晴れはきつい。そりゃ晴れは嬉しいけど、でも秋の晴れは自分の強さ弱さが露呈されちゃうじゃん。ひどいや。今日の空はひどかった。真っ青で、雲がなくて、風はちゃんと吹いているし。ぐおおおおって。最高、最低。タイミングってのはすごいな。いいことも悪いことも、それは突然やってくる。出会いも別れも、突然やってくる。そんなこととっくの前から分かっていたはずなのに、うまく逃げようとしては太陽に照らされて風に流されて見つかってしまう。よし、ここまでだ。手を振る。手を振ろう。手を繋ぐ。手を繋ごう。手を引く。手を引こう。

さて、今夜はボロドンバーン。最近のライブを振り返ったり、そんな感じかな。
楽しみ。





あっという間に日が暮れた
あなたに今日も会えなかった
スタンドバイミー、さようなら
それは劇的な秋の空

札幌市、某喫茶店にて。

出逢えた頃のように

16日、新宿レッドクロス。ビレッジマンズストアとアルキツカレテと三つ巴。ビレッジマンズストアとのツーマンで、アルキツカレテはO.Aだったけど、そんなん言ってられないくらいのアルキツカレテのライブだったので、三つ巴。これまで何度も、恐ろしいという感情を抱いていたバンドがビレッジマンズストアだった。かっこいいのは大前提で、その先にある、「強い」という感覚。いつか長尺でぶつかりたいと思っていたから、今回やれてよかった。しかし、この夜も強かったなあ。でも、すごい気さくに話してくれて嬉しかったし、バチッとやれたし、いい雰囲気だった。強く生きれた日だった。12月1日、今度は札幌でツーマン。ものすごい日になりそうだし、札幌圏の皆様、力を貸してください。終演後、アルキツカレテの銀丸と初めてちゃんと話せた。彼は、しっかり者で、優しくて、楽しい人で、男らしい人だった。「ライブの時のTシャツってどうしてるんですか?今日のやつ、歩き疲れてって書いてるの、くれませんか?」と言ってきたから、びちゃびちゃのそのTシャツを彼にあげた。外に出ると、雨は上がってた。
17日、夕方札幌に着いた。北海道の上空まで来て下を見下ろすと秋の色になっていた。ここ数年、いつもそう。「夏」が終わって北海道に帰ってくると綺麗に秋の色になっている。札幌ついてノースウェーブに速攻向かってラジグル。フォーリミのGENくんがゲストで来てくれたり、生放送中にワクワクすることが起きたり。放送が終わって、反省会してご飯食べて、日付が変わる前くらいに帰宅。部屋が少しだけ涼しくなっているような気がした。今自分がいろんなことを経験できたりリアルタイムで体感できたりしていることを、一つずつこぼさないように大切にして、生活に還元していきたい。音楽に流し込んでいきたい。

さて、今夜もラジグル。
短いけれどこの辺で。

「あの娘に、一ミリでも、ちょっかいかけたら、×××。」

ドントクライ・サマー

イメージ
14日、札幌moleでライブが終わりすぐに会場を出てひとり空港に向かった。6番線の快速エアポート、大体2両目の端っこだ。時間は止まらなくて、感情は走り回っていて、さっきまでのことと翌日のことを頭の中で整理しつつ、流れてく外を見てた。羽田空港に着陸して、京急線。川崎に行きやすいところに宿をとり、そこへ向かった。夜中1時前とかに到着。なぜかわからないけど「ワタナベ様、広めの部屋をご用意しました」とフロントの方に言われて謎の幸福感に包まれたのも束の間、何か動いた…?と思うと、ゴキブリくん。あんな間近で動いてるの初めて見て、怖くなってフロントの人に来てもらって2人で退治した。フロントの人は爆弾ジョニーの安田くんに似ていた。ちなみにホテルはめちゃめちゃ綺麗なとこだった。無事にゴキブリくんも退治して、頭はクラブチッタへ。今までのことや、これからのことを張り巡らせて、気づいたら5時になっていたから、焦って目を閉じた。

15日、10時前に川崎に向かう。快晴。僕にとっての甲子園、セッチューフリーサマーフェスタである。ずっとここで優勝というのをしたくて、この数年やってきた。優勝というのを知りたくて。全バンド見た。僕は知りたかった、一歩先に行ける僕に会いたかった。出番が近づいてきて、僕はカバンからとある物を出した。それは前の日札幌で、最終少女ひかさの正和さんが、2人きりの楽屋で、会場を出ようとする僕にくれたものだった。地下の楽屋には僕と正和さんしかいなくて、ライブ後に慌ただしく用意する僕に彼が「シンゴ。本当にヤバいと思った時に、これを開けろ。特別にやるよ」とそれをくれた。僕は「ありがとうございます、多分明日開けます」とその時伝えた。昨日のチッタ、銀杏BOYZのライブが終わったころ僕はそれを開けた。100円玉くらいの大きさのそれに、僕は勝手に彼の魂を宿し、開けた。よし、大丈夫だ、きっとうまくいく。何度も何度も言い聞かせていた。減ったフロア、それでも残ってる人は、僕らを信じてくれている。ライバルは多いが、目の前に敵はいない。ありがとう、ありがとう、ありがとうと、ひたすら思っていた。気づいたらライブは終わった。泣いてる人がいる、せっかくの夏なのに。周りのことなんか多分見えてなくてこっちを見て僕よりもぐしゃぐしゃな顔で歌っている女の子がいる、せっかくの夏なのに。僕らのTシャツ着て拳をあげてる人…

りんごのほっぺ

「歌が歌いたい」とか、「何かを伝えたい」とか、「言葉にしたい」とか、「何かを分かってほしい」とか、「向き合っていたい」とか、「強くなりたい」とか、「男らしくいたい」とか、「やさしくなりたい」とか、「前を向いていたいとか」、「もっと知ってほしい」とか、「歌にしたい」とか、「カッコよくなりたい」とか、あとは何だろう、とにかくたくさん。僕は、まだまだやっていることも言っていることも思いも行動も足りないんだと痛感している。痛感というか、実感というか。身に沁みているというか。
今月に入ってから、明らかに今まで思っていなかったことを思っているし、話せなかったことを話せるようになってきたし、いろんな機会が目の前に現れてくるし、したいことやりたいことも分単位ででてくるし、その反面で無力さに打ちのめされることも増えてきた。 1日にBiSHと対バンして思ったことは自分にとってかなり大切なことだし、3日の月曜日から毎週月火で一人で始まったレギュラーのラジオ「RADIO GROOVE」はこれまでの自分とこれからの自分に大きな影響をすでに与え始めている。水曜はメンバ−4人でやっている「ボロドンバーン」があって、週に一度のメンバーが楽器を持たずに顔を合わせれる時間で尊い。 6日神戸太陽と虎でのライブも鮮明に覚えている。ケントが転んでテンパったのとかめちゃめちゃ笑ったなあ、マイクスタンド曲げちゃってたのは笑えてなかったけど。新曲の「札幌」をはじめて札幌じゃない街で歌えたのも良かった。河内REDSのギターのマサチカが、「シンゴさん、貨物列車見たことある?ここね、通るんですよ。そろそろ西日も差し込んでくる、すげーいいですよ」と教えてくれた。会場の太陽と虎は、高架下にあるライブハウスで、電車の音がガタンゴトン聞こえる。優しく、強く、心臓はドクンドクン動いていた。 7日岡山ママツーでのライブ、あの日もいい日だった。前に来た時はラブ人間とひゅーいさんのツアーに混ぜてもらったけど、今回はこちらから組んでもらって。お客さんはトータルで30人くらいだったかな、少しずつ重ねていくんだ僕らは(翌日にあったSUPER BEAVERのママツーでのワンマンの写真見て、ソールドしたらこんな感じなんだと目標ができた)。改めて岡山という街でスタートラインからスタートできた気がしてとても意味のある一日だった。その日共演した古墳シスター…

僕は走り出したんだ

10月。手帳を買いにいかないと。

1日
BiSHとのツーマン、どうなるかなって思ってて。色んなバンドマンや関係者から、やれBiSHやばいとか、やれBiSHと対バン羨ましいなとか言われていて。あまりにも言われるもんで、なんだか悔しくて。ワタナベシンゴ特有のアマノジャキズム発生。単純に僕はBiSHが好きだったけど、ツーマンとなるとヘラヘラしてられん。彼女たちはフェスにも出てるしきっと僕らなんかより有名で人気なバンドとも共演してる。やってやらぁって意気込んでた。どんな場所でも、何度もライブしてる街でも、どんなイベントでも、誰と共演でも、僕らはいつものようにその日の僕らでステージに上がる。それだけ、だった。会場に入ると、ステージに6人。初めまして。イケメン0人、ボーカルは汗っかきで髪薄くて、ギターとベースとドラムは太ってます、僕たちがボイガルです。
僕らのリハーサル、BiSHのメンバーの方達がそれぞれ散り散りになり、見てくれていた。
僕らのリハが終わって、BiSHと一緒に、アンコールの練習を一度だけ。
そうそう、アンコールでコラボしませんかと言われていて。僕らの曲をBiSHが踊ったりするってのと、「BiSH-星が瞬く夜に-」をボイガル演奏でやるっていう2つ。所謂「アイドル」とこんなことするのは初めてで、ましてや会ったことも話したこともないのに大丈夫かなと最初思いつつ、僕はワクワクしていた。
僕らの曲は、ライク・ア・ローリング・ソングで提出した。この曲なら盛り上がるかなとかそんなんじゃなく、これは、BiSHに向けての宣戦布告と、感謝と、ここで君と歌ってたってことが10/1のすべてだって思いを伝えたくて、この歌にした。もうずいぶん前に作った歌だけど、僕は勝手に、この日にぴったりな歌だと思っていたから。
星が瞬く夜にをやる時は、セントチヒロ・チッチさんの「星が瞬く夜にー!!」という合図で曲を始めるという流れに決まった。

オープン前まで時間があったから、僕はしばらくステージで声出しを兼ねて色んな歌を歌っていた。

ライブはあっという間に終わった。お客さんたちに救われながら、あっという間に終わった。楽屋に戻るときに「シンゴー!シンゴー!」と、BiSHのお客さんたちが叫んでくれていた。あんなの初めてで、嬉しかった。僕は、GOING STEADYとか銀杏BOYZとかがライブしたときに「ミ…