投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

愛の嵐

イメージ
すべては、あの日、中学1年生の俺になんくんがくれた1本のカセットテープが始まりだったのかもしれない。

優勝しに来た。
ケガだけはしないようにしよう。


神様の言うとおり

来月はライブが少ない。

1日魔法旅行@札幌mole
15日ディプロマサーキット@大阪中津
28日ノロシヲアゲロ3@札幌COLONY


こんな月、いつ振りだろう。

狼煙を上げろ。


日本は広い。

ロックンロール

イメージ

カーテンしめたままチェックアウトして、外に出たら春みたい。昨日の夜は雨が降ってたのに。

札幌も今日は雨みたい。

病院に向かっている。
電車の中、みんな何かを考えてる。午後の講義のこと、夕方からのバイトのこと、営業のこと、接待のこと、好きな人のこと、次で乗り換える駅のこと。

俺は今現在この電車の中で、特にこれといって考えてることはない。
強いて言うならば、今日のライブ俺たちが一番お客さん呼んでたらいいなあってことくらいかな。なんか眠くなってきた。

リハーサル、間に合うだろうか。病院が長引いたら、危ういなあ。


30分間で、何ができるかなあ。
踊れない曲なら、たくさん持ってるぜ。

あぐー

東京に来た。
久しぶりに東京きた。
あした新代田フィーバーでライブ。憧れてたよ、新代田フィーバー。
ロックンロールのイベントみたいだ。ロックンロール。ロックンロール。ロックンロール。ロックンロール。


今、成田空港からの電車に乗ってる。
ガラガラの電車。
今、成田空港から隣の隣の隣くらいに座ってた女の人が荷物をまとめて席を立って、俺の前にきた。

あぐーだった。 あぐーは一言、二言話して、電車を降りてった。びっくりした。 こんなところで、あぐーに会えるなんて思ってなかった。

まつじんは元気だろうか。カニ江ちゃんや、かんのさんや、ポールさん、りょーへーとか、あやなちゃんとか、みんな元気だろうか。

コロニーのみんな元気だろうか。

俺がもっとすごい男になったら、また一緒に仕事できる日が、来るだろうか。仕事じゃなくても、またあの頃みたく、さあ。

25歳、正直死にたくなったりするけど

イメージ
思い出というものが俺にも存在してるし、忘れられないこともある。忘れたいこともたくさんあるけど忘れられないでいることもたくさんある。
正直死にたくなったりするけど、俺より死にたいと思ってる人なんてきっとたくさんいる。

1年前、2014年1月25日新宿JAM。俺たちは東京ではじめてのワンマンをやった。1年が経ったか。
変わったこと、変わってないことたくさんある。変わらなきゃいけなかったのに今も変われずにいることもたくさんある。






あの日、全然声出なかったなあ。

でもお客さんに、救われてしまった。
俺が救いたかったのに、救われたのは俺で、というかなかなか、いっつもそうだなあ。



全然まだまだ有名じゃないからどうしてもお客さんと距離が近くなる。友達みたいになる。もっと深いところで近くにならないといけないのに、俺の力がまだまだだから、俺が男としてまだまだだから、ダメな近づきかたになる。

2015年、もっと離れて、そんで今までよりグッと近くになれるように、そんな男にならないと。かっこ悪いぞ、シンゴ。


だってヒロトや峯田やキヨシローとは友達になんてなれないもん。









ずっと、誰かのヒーローになりたかった。
でも、誰かのヒーローになれたとしても、別の誰かを苦しめてしまってもいいかといったら、全然そうじゃない。


あの娘にも言えなかった。
あいつにも言えなかった。



さあ、行け、シンゴ。
元気なシンゴが一番だ。頑張れよ、負けるなよ、でもちゃんとしろよ、身体に気をつけろよ、お前が立ち止まったら何も始まらないんだぞ。

うん、その通りだ。









誰もわかってくれなかったのに、何であいつはわかってくれたんだろう。

イメージ
2015.1.23@狸小路2丁目

1.ゴールドフィールド/LINK
2.素晴らしいせかい/オトノエ
3.手紙/小谷美紗子
4.あんたの歌だけ聴いていた
5.ぼくのお日さま/ハンバートハンバート
6.夢ごっこ/人性補欠
7.シャロン/ROSSO
8.花が咲く頃
9.白夜/ハンバートハンバート
10.さよなら10代/ユーテロに帰る
11.あのメロディ/行方知レズ
12.ぐるぐる/野狐禅
13.一本道/友部正人
14.サヨナラミュージック/リンダリンダラバーソール
15.錆びないダイヤ
16.砂男/THEラブ人間
17.チェインギャング/THE BLUE HEARTS
18.キラキラ!/曽我部恵一BAND

19.彼女はミーハー/石ころロックスカート
20.恋とロックンロール/The LILAC

聴いてくれた方どうもありがとう。
終わって片づけてたらスタジオのユッキーさんが来てくれて、最後の二曲はユッキーさんだけ聴いてくれた。

今夜20:30から(追記あり)

最近は実家に帰ったりした。おとうも少し元気になってきていた。地元の友達と集まったりした。 高校の恩師に会いにいって、進路指導室で2時間近く話をしたりした。
ボイガルを始める前に、嘘も本当もあの娘のことも自分なりに精一杯歌おうと決めた。嘘ついたことがあるってことだけは嘘じゃなかったけど、そんなの悲しい話だった。俺は随分と悲しい男だった。


今夜20:30から、狸小路2丁目でひとりで路上やるす。 22時くらいまでかなあ。書き殴り、何枚目だっけなあ。 札幌で路上やるの、いつ振りだろうなあ。
自分の歌全然歌わなくてもよくて、めっちゃ寒くても行くって人は来てください。

気づけば全部が、いつ振りだろうなあってことばかりだ。 バンドってなんだよ、ロックってなんだよ。

--追記 今向かってるんだけど、書き殴り書く時間なくて持ってこれてないです、申し訳ない。

夕さらず

イメージ
君の歌は夕焼け溶けてった
君の顔は夕映え火照ってた
君の声は夕暮れ駆けてった
西の空に流れた さようなら

おしまい

イメージ

届きそうなんだ

梅田AKASOでのライブが終わり、1秒でもはやく寝ようと思ってるけど、これを投稿してからにする。


12/17に高潮でほぼゼロになったライブハウス・根室ハイワットホールには、9月にセッチューフリーで行った1回しかないんだけど、俺たちは今「根室HYWATT HALLの復活を祈るぜノート」というのを物販に置いてます。みんなから言葉を集めてます。で、ライブ終わって家に帰ってハイワットホールのみんなにその日集まったページを写真とって送ってます。今日はこれだけの人がハイワットホールのことを思ってくれたぞって。12/18の名古屋のライブからずっと続けてます。
で、ノートのことを早くセッチューフリーで言いたかったから、今日出れてよかった。今日はたくさんの人が書いてくれた。ほんとにたくさん。
そしてなにより、セッチューフリーの代表の千葉さんも書いてくれて嬉しかった。

今日書いてくれた人、いままで書いてくれた人、ほんとにありがとうございます。ちゃんとハイワットホールにリアルタイムであなたの言葉をあなたの筆跡で送ってるので、安心してください。

ハイワットホールの営業が再開したら、このノートはハイワットホールに送ります。それまでたくさんの言葉と思いを集めてます、届けていきます。


さあ、6:30にはホテルを出て空港に向かわないと。






ライブ、かっちょよかっただろ。

あんたひとりの言葉をとるよ

イメージ
9日のSAKE祭は10日の朝6時に終わった。ビール飲み放題のイベントだけど、ハイワットホールへのノートを書いてくれた人がちゃんといて、嬉しかった。

昨日は札幌moleでFSRというイベントだった。ステージとフロアと楽屋をつかった1つの屋根の下でのサーキット。moleならではのイベント。
俺たちはフロアライブ。久しぶりにフロアライブだった、最高に楽しかった。
すねからふくらはぎにかけて、スラムダンクのゴリの足首みたいになってた。泣きたい。
今とかも痛い。痛いのほんとに嫌だ。

今新千歳空港に向かってる。今日は大阪、梅田。セッチューフリー。
テーピングでガチガチに固めてくれ。やっと掴んだチャンスなんだ。ていうか誰かテーピング巻ける人梅田AKASOに今日来ないのかな、ほんとに巻いてほしい。


声が出ない。頼むから出てくれよ本番までには。


あしたの朝9時の飛行機で帰る。
道外行って24時間いないで帰るのは、キツい。でもほんとは30分いれるなら、それだけでいい。


俺はTHE BOYS&GIRLSのボーカル。
THE BOYS&GIRLSという文字を背負ったり付けたり着たり運んだり弾いたり歌ったり聴いたり見たりしながら、THE BOYS&GIRLSという文字を世の中に見せながら歩いてく人代表。

君は代表じゃないだけで、俺とさほど変わらない人。

この意味がわかるかい?共に頑張ろう。


昨日の俺。最後グラグラのテーブルの上に乗ってるときかな、お客さん5人くらいが必死に支えてくれた(笑) 虎二さん撮ってくれた。

あなたよ

イメージ
金色のやかん売ってなくて、銀色のちょっとおしゃれなやつしかなくてこれしか買えなかったけど、これに水入れて、これからステージにあがるよ。




なあ、まだあんたのやかんに、ばっちりお酒残ってるのに、何いなくなってんだよ。ばか。

ノロシヲアゲロ

自分らの唯一の企画「ノロシヲアゲロ」について書くので、読んでね~。


2012年4月末に初めて開催した自主企画「ノロシヲアゲロ」。「札幌の方角、ボイガルが何か始めるぞ」って、どこからでも気づくような狼煙を上げたいと思って、始めた。それだけ。
ライブハウスに来たことない人でも楽しめるようなとか、ひとりでも多くの人に楽しんでもらえるようなとか、自分の好きなアーティストを知ってほしいとか、そんな優しい気持ちは俺は全然なかった気がする。ひどい…。

でも、とにかく狼煙を上げたかった。来る人は来るだろうし、来ない人は来ない。でも来たら、その人もきっと狼煙を上げるだろうって、そんな夜にはしたかった。


1回目は札幌moleでツーデイズ。2回目は2012年8月に札幌COLONYでツーデイズでやった。今でこそ札幌はイベントをやる人はたくさん増えて、お客さん主催のイベントも増えて、ツーデイズだったりとか、本州のバンドを呼んだりとか、増えた。でもあの頃はまだバンド主催のイベントでツーデイズ企画とか、そういうのは(あくまでも俺の周りには)あまりなかった。


一回目も、二回目も、札幌じゃない街からたくさんの人が来てくれた。狼煙は確実に上がり始めた。


それから2013年5月は初めてワンマンをやった。ノロシヲアゲロもやろうと思ったけど、何かやれなかった。やるところまでは気持ちも動きも達することがなかった。やるからには、「札幌の方角、またボイガルが何か始めるぞ」ってならないといけなかった。

というのも、さっきも書いたけど企画イベントというのはこの二年でめちゃめちゃ増えて、俺たちも色んなイベント出してもらえて、出るイベント出るイベントすごい強力で、変な気持ちになっちゃったからってのもある。
毎月本州にいって色んなイベント出て、札幌でも色んなイベント誘われて、何か自分らで企画やる必要もなくて(やるのは簡単)、やったらやったでアーティストは被るだろうしってなって、誰の企画だかわからなくなるんじゃないかってくらいになって、ノロシヲアゲロをやるのは今じゃないっていうのがここ二年。

飛び交うイベント達がケンカしまくってるのがとても引っ掛かってた。
あのバンドがあのバンド呼んだから私はこのバンド呼ぶ、誰も呼ばないから私が呼ぶ、だったら私は…みたいな風に俺には見えてしまう時があった。ふとした時に。実際はそんなことないんだろうけど、でも、…

ソングス

2014年の109本のライブ(ひとりでのライブ、インストアライブ2本、NHKホールでのMJ収録含む)で歌った歌を全部書き出してみたら、43曲だった。んで、セットリスト全部振り返ってみたら2014年で一番歌った歌は「ライク・ア・ローリング・ソング」でした、67回。

ちなみにトップ5は
1位ライク・ア・ローリング・ソング
2位パレードは続く
3位せーので歌うバラード
4位すべてはここから
5位ただの一日
だった。

2015年は、どうなるかなあ。
新曲たくさんできるといいなあ。

チルドレン

今日は久しぶりに札幌で雨の音を聴いたなあ。大荒れになるらしいけど、大丈夫かしら。

モノマネから入って、どこでどう抜け出すかだね。

同じになんて、なれやしない。

よくやった

リハが終わってひとりでいつもの喫茶店でいつもの席でいつものアイスコーヒーにいつものガムシロップ。おかげさまで俺がミルク使わないのはもうわかっていただいてるみたい。このアイスコーヒーは初めて飲んだときからずっと、俺に優しい。今年の一杯目も最高においしかった。そして2015年、5日目に突入した。どうせ寝て起きれば、なんのそのって感じなんだろうけど。最終少女ひかさのボーカルの正和さんがよく「余裕で越えてやるよ」って言ってて、俺も今日それを真似して、Tシャツも「余裕で越える。」にしたし、ライブ中も言ってみた。でもやっぱり、そのあとに正和さんが自身のライブのときに「俺のセリフだろ?余裕で越えてやるよ」って言ったとき、ああやっぱこの人のセリフだって思った。やっぱり余裕で越えることなんて俺には無理だし俺のセリフじゃないって思った。つまり、俺はまた嘘をついたってわけだ。これで何本目の嘘だっけ、両手でさえも数えきれない。前を向いて頑張ろうと決めた。ただただひたすらに前を向いて頑張ろうと決めた。俺もそうなろうと、そうありたいと、前を向いて頑張ろうと決めた。ちゃんと、ちゃんと前を向こうと決めたんだ俺は。俺が前を向いて前を歩かなきゃ、誰も歩けないし。そのためなら、俺のためなら、俺は、どんなに俺が俺じゃなくなったとしても俺のために俺を二度と立てなくなるまでボコボコにしながら俺をやってくしかないんだって気づいた。

サヨナラ、ミュージック。
サヨナラ、ロックンローラー。
忘れないよ。

近くから遠くから

地下街、人が多い。 人混みは苦手だ〜あと飛行機も苦手。

結局SUPERCARばっか聴いてて、もう最高す。歌詞が、ちゃんと「。」で終わるんだよねえ。はあ。グッときちゃうよねえ。
今日もお腹痛い。あとさっき鼻血出た。こわい。これからラジオ、いまエアジー向かってる。


日本4行大賞ってのがあったら、

僕が眠るのは君の夢を見る時 僕が歩くのは君に会いに行く時 僕が何も聞かないのは 答えなんかない方が その方がいいから

が、優勝。

そういえば初夢

初夢思い出した、歯が粉々になった夢だ(笑)

何か学校?みたいなとこで、うがいしようと思って、ぐちゅぐちゅぐちゅってしてぺーーーって出そうとしたら、ぱらぱらぱらってガラスみたいなの出てきて「!?」ってなってよく見たら歯だった。
…え!?ってなって確認したら奥歯がなくなってて、ええええ…ってなった。そのあと教室みたいなとこに戻った気がするけど、ドア閉めたらその反動でまた口の中で歯が欠けて、またうがいしに行って、欠けた歯を「ぺっ」って捨てた。

そんな夢だった。なんなんだよ。。。


というか2015年よろしくお願いします〜

無責任ヒーロー

昨日ラジオから流れてきた曲がいい曲だなあと思って聴いていたら、キュウソネコカミの曲だった。キュウソネコカミの曲はあまり知らないんだけれど、YouTubeでライブ映像とかあるかなと思って探したらあったから見てみた。お客さんみんな楽しそうだった。

やっぱり最後は笑えるのが、一番だなあと思った。



そうだ、明日からラジオ始まる!毎週土曜日24:00〜25:00。1時間丸々俺たち。AIR-Gの「FM ROCK KIDS」って番組です。メンバー4人でやります、ライブがない限り基本生放送でやってくので、是非聴いてください〜。
アプリをインストールすれば、全国で聴けると思うので。メールやメッセージ、どしどし待ってます。放送中も聴いてくれてる人に色んなこと募集してくと思うから、ばんばん送ってください。AIR-Gとか番組のツイッターやホームページさがしてみてください。

4人いるから、4人でのやり方でやるけど、いつかひとりでもラジオやりたいな〜。



2/28と3/28にやる自主企画「ノロシヲアゲロ3」。たくさん来てくれますように。ほんとに、こればかりは特別。長い長い歩く日々ソングツアーを、ここで終わりにするのだ。2/28の札幌COLONYをファイナルってことにします。3/28の下北沢ベースメントバーは裏ファイナルってことにします。

「最後に向かって歌うこと」を恐れることなく、胸を張って歌うよ。



ブログはめっちゃ文字書けるし、コメントも140文字以上書けるよ!

深く深く、もっと深いとこまでいこうとしてるよ、わかってくれるよね?

笑うよ前を見て

2015年、自分の部屋で一番最初にかけたCDは「フリーター・ソング」でした。
"現実の暮らしも大切さ 死んだら夢も見れません"
というフレーズがとっても大好きだなあ。


今年の目標とかをまだはっきり決めてないけど、「死なない」にしようかな。

たくさん歌もできるといいなあ。


メンバーと、今年はこういう年にしようとか、こういうことしたいとか、そういう話を一切していなくて不安だ。みんなが何を考えてバンドをやっているのかあまりわからずに2014年は終わった。ライブたくさんやってシングルも2枚出して、色んな街に行ったりして、その都度みんなで歩いて過ごして来たけど、その都度みんなは何を思っていたのだろう。思えばいつも話すのは、俺だったなあ。


ノートにひとりでびっしり書きつづけたこれからのバンドのこと。2015年のことだったり、来年のこと、5年後までにしたいこととか。書けば書くほどワクワクしてペンが止まらなくなって、そして涙が出そうになる。


世界に俺はひとりしかいないってことに気づく。

せめてもう一人いれば、なんとかなったのかもしれない。