投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

ろくでもないブルース

イメージ
(撮影:はな)



結局携帯も変えれなかったし、インターネットをつなげる申し込みもしなかった。そして、今月は一曲も書けなかった。たったの一曲も。こんなことがあっていいものか。ダメに決まってる。情けない。でも、何度も何度もギターを抱いてノートとペンを目の前にしてみても、最後までたどり着くことはなかった。そのたびに悲しくなって、もうこのまま一生曲なんて書けないんじゃないかと思った。「曲の作り方を忘れてしまいそう」と相談すると「そんなもん最初からないぞ」と言われて、あ、そっかって思って部屋で少し泣いた日もあった。深呼吸を浅めにしてみると、その矛盾に少し救われた。ステージに立てばどこまでもいける。きっと、みんなわかってくれる。

曲は書けなかったけど、「Radiotalk」と言うアプリを見つけたから、趣味程度に一人でラジオを始めてみた。『あいつの声がする』と言う番組で、これから少しずつ時間を見つけて配信していこうと思う。アプリの性能上、1枠12分という絶妙なタイム感。携帯で聴きながら他の操作もできるし、こちらが消さなければ配信したやつは残っていく。俺は俺のやり方で、俺のやりたいことを形にしていこうと思う。興味のある方はぜひ聴いてください。もちろん、メンバー4人でやってる「ボロドンバーン」もある。FM NORTH WAVEで毎週水曜夜9時から。たくさん曲もかかるし、ライブの話とかを直接届けれる。ライブハウスでは見せることができない一面を声だけではあるけど届けれる。ぜひ聴いてください。この前は俺が出れなくて3人での生放送だったけど、みんなたくさん喋っていてよかった。俺がいると結局俺がたくさん喋ってしまうからみんなが話す隙がないんだなと反省、と同時に3人の普段の感じが垣間見えて嬉しかった。いつも何かあれば3人は喫煙所に行く。きっとこんな感じなんだろうなと思った。
Rock isというwebマガジンで、月一の連載をさせていただいている。毎月、最後の水曜日22時に更新される。内容は、10曲のプレイリストを紹介するもので、月と月をまたぐ直前で更新される。その一ヶ月の自分の中にあったものと、いつかのその一ヶ月にあったものと、直に来る次の月を迎える準備で、10曲を決めている。「ワタナベシンゴの10を持て」という連載名。どこかで誰かがこの10を持って、悲しいピストルなんかに負けないで今日も生きてい…

ムロフェスとFSR

7月21日

東京はお台場にて、野外フェス「MURO FESTIVAL 2018」に初めての出演。灼熱、それはあまりにも灼熱でした。36度を超えているであろう気温、そして嘘のような快晴。札幌は20度くらいだったのに。さすがに一気に15度近く気温が上がっている直射日光の真下は、やられた。だがしかし、条件は皆一緒、全て味方にできる自信があった。
自分たちの出番が来るまで会場をウロウロしながら、数組ライブを見る。野外てやっぱ不思議な力があるなあと思った。普段なら、あのバンドはこうだったなとかこういう気持ちで今日はやるかなとか色々考えるわけだけど、この日は「これ絶対空綺麗になるやつだな」とか「電車走ってるのかっこいいな」とかばっか考えれて、それが確実に良かった。自分が今いる場所を決して見失わないように、決してないがしろにしないように、なるべく誰も傷つけないように、なるべく誰よりも冷たく歌えるように、そんな風に25分を過ごせた気がする。多分、かっこ良かった。
この日はハルカミライとShout it Outくらいしか話せる友達がいなかったけど、彼らは彼らで友達が多かったので、俺たちはほぼ機材車で過ごした。機材車は涼しかったな。
今回、PA(音響さん)をリンくんに頼んだ。俺の新しい友達、仲間だ。リンくんは下北沢近松で普段PAしてるんだけど、俺たちがボンサイレコーズのバンドになって東京行けば近松に遊びに行くようになって、そしてもちろん近松でライブもして、出会った仲間。今のチームになって、初めての東京での野外フェス。リンくんを連れて行くことにした。リンくんは、言葉数が少ない。そもそもそんなに話したことがなかった。でも、なんか、一緒に戦っていけるメンバーなんじゃないかなって漠然と思っていた。7月6日にShout it Outと近松でツーマンをした時、終わって俺が帰る時にわざわざ上まで見送ってくれて「ムロフェス、お願いします。今日めっちゃ良かったです、俺もやりやすかったし。お互い成長してるんすかね。」なんて笑って話してくれた。それが嬉しくて、「ムロフェス優勝しようね」って言って別れて、ムロフェス当日に俺たちは再会した。
ムロフェスでのライブが終わった後、機材車で二人で長いこと喋った。ライブや、音の、いろんなことを。今までこういうのあまりなかったから、なんか所謂ツアーバンドみたいで、嬉しか…