投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

未完成でも光ってる

ラジグルを卒業したことも、先月末のニコルズとの2マンも、今月頭の帯広路上も手稲路上も狸小路路上も、書きたいこと書いておきたいことはいくらでもある。近いうちにちゃんと、残さなきゃな。


生活のリズムがほんの少し変わった。リズムというか、なんていうんだろ。ずっと聴いてた1stアルバムは曲間の長さとかまで身体に入ったから、次のアルバム聴くかなみたいな。
月火のラジグルを卒業したことによって、ぽっかり穴が空いたわけではないし、頭も身体も動いてる時間はさほど変わらず、むしろ少し増えたくらいだけど、何かが変わったのは確かだ。ラジグルをやってた日々は宝物だから、今はその時間は聴きながら作業したりしてる。

毎日のように歩いてた道を歩かなくなり、今は別の道を歩いている。鞄の中の荷物も少し変わって、冬が春になった。「あれ、ここ、元々何が建ってたっけ?」と、一つ二つ増えていくパーキングを見ながら記憶を手繰り寄せる。変わっていく景色と、変わらない足取り。変えてきた気持ちと、変えられない感情。俺は惑わされることなく、どこまで行けるんだろうなあ。

天気予報を気にしたり、飛行機を調べたりする。休みの日はなるべく、ひとりで、この街を出たい。インプットもせずアウトプットもせず、穏やかな心でいたい。そしてまた考えて、日常に戻って、大切にしながら歌にしたりステージに立ったり。


苦手な飛行機、今日も目を強く閉じて、グッとこらえて、頑張るぞ。本日梅田クアトロ。



5月からワンマンツアーが始まる。
いよいよだ。どんな気がする。誰にも知られないってことは。転がる石のように。