投稿

7月, 2017の投稿を表示しています

これからですサマー

知ってもらいたいこととか割と多くて、一気に話すと疲れちゃうだろうし時間もかかるだろうからその都度小出しにして話していければいいんだけど、そうもいかなくて、ぱんぱん。
「拝啓、エンドレス様」の発売まで、もうすぐ。レコーディングして、歌詞カード考えたりして、ツアー考えて。あっという間だ。買ってくれなきゃ嫌だ。バンドマンにも、お店の人にも、前から知ってくれてる人にも、前を知らない人にも、今はまだ知らない人にも、今はもう知らない人にも。



そして、ツアー。 ENDLESS SUMMER 2017。

8/20下北沢
w/フラワーカンパニーズ
初日は、僕と同い年のバンドと。

8/21心斎橋
w/ハルカミライ
yonigeのツアーで去年一緒になった時、一目惚れした。むちゃんこかっこよかった。ボーカルのマナブくんとは、全然話せなかった。話したいって思えば思うほど、話せないし近づけない。彼はギターを持たない。僕が知らないだけかも知らないけど、僕の知ってる限りでは彼がギターを持ってるところを見たことがない。僕は、ギターを持たないボーカルに憧れてギターを持たないボーカルとしてバンドをやりたくてこのバンドを始めた。だけど中々ギタリストが決まらなくて結局スタートはギターを持っていた。ケントボーイズに出会って、あいつが加入して、それからバンドが動き始めたらギター弾くの楽しくなってきて弾いたり弾かなかったりの今のスタイル。でもやっぱ、ギター持ってないボーカルに憧れる。僕はずっと憧れる。今回のオファーを受けてくれて本当に嬉しかった。この日はうまく話せるだろうか。

8/26函館
w/モノポックル、まえだゆりな他
海の見える街が羨ましかった。函館には数回しか行ったことがないけど、どれも鮮明に覚えている。初めて行ったのは前のバンドの時、2009年8月7日(確か)、今は無き函館Bay City's Street。ボイガルで初めて行ったのは2012年1月8日。覚えてる。それから函館の友人も少しずつ増えた。そして函館の音楽が好きになった。モノポックルは札幌のバンドで、めちゃくちゃに最高な音楽をやってるバンド。今は、札幌離れて、南の方に住んでて、でもバッチリな音楽やってるのは相変わらずで。ボーカルのいっき、あいつが数年前スピリチュアルラウンジのステージでいきなり覚醒した瞬間が未だに忘れられなくて思い出した…

生きて

イメージ
JOIN ALIVE 2017が遠い昔のようにも感じる。不思議。

載せてる写真は、ほぼ風子さんの写真


7月15日
照明やってくれるアニーさんは朝イチで現地入りしてたからアニーさん以外のチームボイガルで10時に集合して、メンバー4人と東京から駆けつけてくれた写真の風子とレーベルの姉さんと、6人で車に乗り込んで岩見沢に向かった。
姉さんが運転してくれて、僕は助手席に座った。みんなは後ろでわいわいしていた。

快晴の道央道、運転している姉さんが「めっちゃいいアルバムですね」とボソッと言った。カーステレオからは、8/16発売になる僕らのセカンドアルバム「拝啓、エンドレス様」が流れていた。

1時間ほどで会場に着いて、すぐに爆弾ジョニーに会い、少し話した。りょーめーが「あちい~」と言っていた。それから各ラジオブースなど挨拶に行き、会場を回った。ボイガルのTシャツを着てる人やタオルを持ってくれてる人を結構見て、こっちから話しかけたりして、気分が高まってきた。みんな素敵よ。サイン会に来てくれてアルバム予約してくれた方もありがとう。30人近く、嬉しかった。





楽屋に戻る。
楽屋とは別に、アーティストがご飯や飲み物を自由に食べたり飲んだりできる場所があって、出演者たちがわいわいと食べたり飲んだり盛り上がっていた。ひいい…となった僕らは、そっとご飯を貰って颯爽とその場を後にして、楽屋に戻ってみんなでテーブルを囲んで食べた。何でみんなあんなに仲良いんだ…

そんなことより、初めて見れたヘイスミスのライブが、かっこよかった。

あっという間にステージ移動の時間になり、ニューワルツの横へ。出番前のPass Codeのみなさんと少し喋った。とてもいい方達で、しっかりと話してくれる方達で、全部は見れなかったけどかっこよかった。

そして、僕らの転換時間になり、セッティングを始めた。その時点でフロアには40人ほどのお客さん。嬉しかった。本番まであと45分もあるのに、来てくれていた。サウンドチェックを兼ねて曲演奏。ライブばりのテンションでお届け。あまりにもド派手に連続で曲をやりすぎてステージスタッフに止められて終了。リハーサル止められたの初めてで、なんかわかんないけど最高だったのは確かだった。5曲やった。





リハ終えて、ステージ袖に戻った時、マウントアライブの人に「どんだけやるのよ!」って笑いながら怒られた。「まだ時間あるじゃないです…

ツナ

めっっっっちゃ長い時間かけて結構いろいろ打ち込んでいたこの投稿が、一瞬で消えてしまって、う、うわ〜、、、ってなってる。なんなんじゃ。

ということで改めて打ち直すぞ。新鮮な気持ちで。

明後日いよいよJOIN ALIVEである。
一昨年初めて出演した時のことは、今でも覚えている。きっと一生忘れないと思う。ライブ終了予定の5分後にラジオの公開収録スタートというスケジュールだったこときっと一生忘れないと思う。そんなの絶対うちだけだったもん。後にも先にも絶対うちだけだ。
去年は出れなかったけど、どうしても歌いたくて一人で乗り込んだ。
今年はバンドで出演できる。ニューワルツの、トリ。北海道在住、インディー、ただひたすらに駆け抜けるのみ。持ち時間は30分、歌いたい歌全部歌うのは無理だし話したいこと全部話すのは無理だから、そこに悩んでも仕方ない。すべて空っぽになんてできないし、頭の中いろいろ混ざり合っててもいい。やれるやり方で、出てくる自分の言葉を信じようと思う。ついてくる3人を信じてる。北海道の夏フェス、北海道のバンドがトリを張る、その責任は大きいからこそ、僕にしか言えないことがあるはず。全員道連れだ。踊れる曲なら一曲もないけど、冗談だろってくらいの新しいワルツ教えてあげよう。楽しみだな。
親友の健太が、地元から見に来るんだよな、あいつ喜んでくれるかな。


あと、僕はラジグルの公開収録のMCがあるから二日目も行くんだ、ゲストはフォーリミだし、それも楽しみ。
そして今年はレイクサイドという新しいステージができてね。ベルベットの裏あたりにステージがあるらしく、去年僕が鹿ステージ(http://wtnbsng.blogspot.jp/2016/07/blog-post_18.html?m=1)と名付けて歌った場所の近くだから、邪魔するわけにはいかないから今年は無理っぽいな、鹿ステージ。ん、あれ、でも待てよ、二日目、小谷さんは絶対見たいからあれとして、ベルベットのノーナリーブス終わりとフラカン終わりとインディゴ終わりは、レイクサイドのライブがないのか。ふーん、そうかそうか。












僕はシンガーソングライター。
15日の夕暮れから夜になる時、30分だけ一緒にいてくれないか。

ことばかり

イメージ
AM3時40分過ぎて、空なら余裕でもう明るい。
寝てる間に離されちまうと一回思い始めると、もうダメだもんで、寝れぬ。言葉が、話が、進むのをやめてる。焦ってるわけではないが、急がなきゃとは思ってる。夜があるから人は色んなこと考えれるし、だからこそ朝が際立つが、キツい時もあるからたまにめんどくさい。あーだこーだめんどくさい。誰かの言葉を使うときにあたかも自分の言葉のように発して、誰かがボソッと呟いたあの言葉を逃さずキャッチした時にあたかも自分の見解として発するのは、まるで、そうだな、うんうん。いいんだ別にそんなことはよ。ていうか、幸せになりたいっていうか、幸せになりたいって思いたいっていうか。そして一日が長い。ふざけんなって、どうせなら18分が一日の長さくらいになれば世界はもっと綺麗に見えて、夜もすんなり眠れるんじゃないかって思うのにね。ブルルルル、エンジン音は新聞配達今日もお疲れ様です、読んでないけど。でも、卓上の四季だけはずっと感じたまんま、ずっとあの日からかかさずずっと、ずっとずっと思い続けてる。それだけで頭が良くなる気がして、そしたらいつか結婚して子供ができた時に妻と子供に自慢できるって。
状況変わりつつも前と同じ畑にいるのは変わらずなのに、俄然ex.がなくなりそうもない人たちはいつまでつけてるつもりのか提示してみせてくれないか、あれおかしいな、あの時確かに言ったよな。なるほど、結局「これからの」でも「今の」でもなんでもなく、「ex.」の名札付きが落ち着くならば、こちらは勝ちも負けもいらない。レーベル事務所レコード会社、推して推されて押して押されて。口から口で拡がってるわけじゃないそれを口コミというのならお手上げ涙も出ないけど。それより昨日乗ったタクシーの運転手さんが教えてくれたことこそ信じたい。「お客さん、ギターそれ、アコースティックだね?」「はいそうです」「僕も若い頃やってました、ハードロックが好きでねえ。そうだ、お客さん、オリアンティは知ってるかな」「勿論ですよ、でも詳しくはないですけどね」「そうかそうか、じゃあ聞いてほしいなあ、あるんだよCD。よし、赤信号だしチャンスだ、入れよ」「え、なんですかそのCD-R」「オリアンティさ。あ、ほらほらこの歌、ビリーブっていう歌。ビリーブって曲名の曲は名曲しかないんだ。絢香さんの歌もそうでしょ。僕こうやってね、自分で…