投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

転がってきた1年

いつもそうさ。

俺たちは今日も

5/2から5/6まで、東京の新宿JAMというライブハウスにずーっといる。
「JAM FES」という5日間100時間連続ライブ、そんなイベントが開催される。新宿JAMのステージと、JAMの上にある小さな練習スタジオ3つと、今年はNINE SPICEというライブハウスも使って、5会場サーキット。俺たちは2年目開催の2012年から出演、今年で3回目。

初めて出た2012年、俺はCst、アサトアキラという人のライブを見にいって、あそこからJAMFESのすべてが始まりました。
そのライブの後に、フロムTokyoの泰雅さんと一緒にアサトアキラさんと3人で廊下で初めて話をした。はじめましてって。

その年は3日間、72時間の開催だったかな。で、MCで「来年は100時間やるんじゃね?あはは」と他人事のように言った俺。そして2013年が始まって、JAMFES実行委員長のカズマックスさんから電話が来て「久しぶり。今年もジャムフェスやることになったよ。シンゴが去年"来年は100時間"って言ってたから、100時間になったよ」と言われた。とんでもないことをしてしまったと、泣きたくなった。

去年は40曲歌った。間違いなく俺が一番歌ってる。今年は何曲歌うんだろう俺。


なんか、うまいこと言いたい。これ読んだら「うぉ、行きてえ。今年のJAM FES行きてえ。ボイガル見てえ。シンゴ見てえ」ってなるような文を書きたかった。いま。でも無理だ!もうやめた!

来てください、の一言だけしかもう言えない。ほんとに来て欲しい。たくさんアーティスト出るし、1月にワンマンやった大好きなJAMで、大好きな頭おかしいスタッフたちが100時間も頑張る。俺たちも頑張る。お客さんも頑張る。

俺絶対1秒も気抜かないから。誰よりもどのアーティストよりもデカい声で歌うから。どのステージ見ても後悔なんてないようにしとくから。だから待ってます。100時間あるから、どれか来れないかな?ひとりでも多くの誰かさんに来てほしいんです。これ読んでるあなたの友達とか、知らない人がひとりでも多く。もしこれ読んでるあなたが来れなくてもあなたの友達が来るなら終わったあと話聞いてみてよ、絶対すごい話聞けるから。来れないあなたにも、後悔なんてさせないぞ俺は。マジだ。

こればかりは本当に来てほしい。予約はホームページからでもツイッターでもメー…

トモヤの優勝

イメージ
昨夜はべちゃべちゃな夜だった。
今日もバカみたいな一日だった。

新しい友達ができた。

それでも昨夜の打ち上げは、最終的にイボ語で話し続けたうちのトモヤが優勝だった。





誰よりも優しく思いきり殴る

今週のこのあったかさは何なんでしょうか。すごいね。今日とか25度、全国で一番暑いくらいだって、札幌。

昨夜は札幌大通公園1丁目で弾き殴り。今年1回目の大通公園で。なんか、やっぱり狸小路より俺は大通公園派だ。派?派だ。聴いてくれる人はどうかわかんないけど、俺やっぱこうやってあったかくなったらあのテレビ塔の下で歌うのが好きだなあ。
初めて大通公園で歌ったのが去年の5/25、初めてのワンマンの前日に前夜祭ってことで少し路上やったとき。最初狸小路でやってたんだけど警察がきて止められちゃって、どうしようってなって、やったことないけど大通公園でやりますってなって移動した。あの時は大通公園2丁目で。本州の人もたくさん聴きにきてくれてた。「向こうから“ほろほろー”って聞こえてきてシンゴさんがどこにいるかわかった」って言われたのがなんか嬉しかったのを覚えてる。それから大通公園でやるようになったのだ。
オレンジに光るテレビ塔がきれいで、俺は地下鉄の入り口の壁のところに座って。いつかあそこパンパンにしたいわ。
何回もあそこでやるたびにひとつ気づいたことがあるんだけど、俺が歌い終わるまでその地下鉄の入り口の電気ついてるんだけど、歌い終わったら消えるの。あれ、誰が消してくれてるんだろう。なんかすごく嬉しいんだよなあ。

始まったよ、今年の春が始まった。俺と聴きに来てくれる人の、俺たちの大通公園の季節が始まったよ。

4/25@札幌大通公園1丁目 1.真珠色の革命時代/THE YELLOW MONKEY 2.さよならアーモンド/シャムキャッツ 3.プンプン/泉山亮太 4.アメニモマケズ/泣いてばっかのヒルギ 5.揺れる/19世紀のまばたき 6.脳/TOMOVSKY 7.流星ガール/JUNIOR BREATH 8.さっきはごめんね、あらがとう/クリープハイプ 9.ぶるーじー/爆弾ジョニー 10.開け放つ窓/阿部芙蓉美 11.カール/GOING UNDER GROUND 12.ぼくのたからもの/幼稚園の子供たち 13.新世界ようこそ/本棚のモヨコ 14.ならば、友よ/野狐禅 15.窮屈な唾 16.サマー・オブ・ラブ 17.tanpopo 18.せーので歌うバラード
明日は久しぶりにバンドでライブ。 歌いたい歌と聴きたい歌が、こう、ガッてなったらいいな。

今夜21:00から

札幌大通公園1丁目にて路上やる、あったかくて嬉しいから。

去年路上のたびに毎回書いて配ってた書き殴り、17枚目で止まってて、それから2枚くらい書いたけど渡せなかったのとかあって。今日からまた再開する。
改めて18枚目から、再開。

歌ってる最中でも、終わったあとでもいつでもいいので、勝手に持っていってくださいね。


21:00から大通公園1丁目です

ベンチに座って

イメージ
今日大通公園7丁目を通りすぎたとき、ふと見るとベンチに座った女の子たちがとてもきれいで、その時Dragon Ash聴いてて。My Friends' Anthem。ライブの時、登場SEでも使ってるんだけど、大好きな歌で。歌詞がとっても好きで。やっぱり「俺こういうの結局大好きだわ」ってくらい好きで。

で、その歌がイヤホンから流れながらその子達を見つけたら、ほんとに映画のエンディングみたいで。エンドロールが流れてたのさ。ほんとよ。
すごく優しい映画だった、どこにでもあるような映画。でも、思いは詰まってて、友達の為に作った素人の映画。


そんな映画。ベンチに座って。

こわいおもい

イメージ
寝ようと思ったら、1月の東京ワンマンの時の悪夢の「朝顔と夏」思い出して寝れなくなった。ど頭でギターの音出なかったやつ。面白かったなあ、あれ。

一年振りくらいに倉内さん聴いたら、やっぱこわいおもいめっちゃ好きだ。実は去年、いや一昨年か?倉内さんと栗橋拓也を呼んで3マンやろうとしたけど倉内さんがリリースのちょっと前で諸々都合つかなくてどうしても来れなくて白紙にしたのだ。札幌来たら一緒にやりたいな。元気かなあ。会ったことないけど。

寝たり起きたり繰り返して結局8時ちょい前に起きてからの今までの一時間弱で「?」なこと起きすぎて、今からビール飲みまくって誰にも迷惑かけずにぶっ倒れたいとか思ってる。そうも行かないけど…。

さっと着替えて家を出て信号渡るたびにため息ひとつ、ふたつ、みっつで俺のことなんか何ひとつ知らない快晴の札幌の空の下を歩いてる。

追いかけ続けるよ

あの日のスピリチュアルラウンジ。
もう、何年前だろう、4年くらい前か。
リハーサルのときに「俺ばかだからわかんねえや!」とメンバーに言ってるのを、スピリチュアルの物販の席からケイ君と俺は見てた。
学ランで、目の周り真っ黒で、ライブ中にシンバル割ってマイク倒してアンプ倒して、見に来てた友達みんなに飛び込んで、狼みたいだった。

いつしか小樽で俺がライブだったとき、あいつらは札幌でライブで、その夜小樽から札幌に帰る車を出発させたくらいで、「シンゴくん、やってやったよ」ってメールが来たのを覚えてる。嬉しかったな。

メジャーデビュー、おめでとう。
どこまでも行けよ、りょーめー。

午前2時狸小路、フォークギターを担いでった

こういうところが厄介なところではあるけど、それでもこういう自分は大切にしたいし、何より歌を歌うことが俺のやれることだから歌おうと思ったら歌いたい。
胸がざわついたら、始まりの合図なのだ。
午前2時から1時間、誰もいない狸小路で歌を歌ってきました。 ツイキャスっていう中継できるアプリ?を使って中継しようと思って、始める30分前にそれとなくツイッターで呟いたら夜中にも関わらず3人きてくれて。で、1曲目歌い始めてすぐ通りかかった男の人が結局最後まで聴いてくれて。あと、何年も前からの友達が帰り道にたまたま通りかかって、めっちゃ久しぶりに会って最後の2曲聴いていってくれた。12月に東京のライブハウスでたまたま会ったぶりだから、札幌で会えるとは思ってなくてびっくりした。
ツイキャス聴いてくれた方、どうもありがとう。もちろん狸小路で聴いてくれた5人もありがとう。

2014.04.21@札幌狸小路2丁目 1.泣くなよストレンジャー(ゆうせいから) 2.バラード(カルマセーキ) 3.カール(GOING UNDER GROUND) 4.二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド 5.LOVER SOUL(JUDY AND MARY) 6.布団に入ろう(えりこ) 7.せーので歌うバラード 8.メル 9.どうしようもない夜に(リンダリンダラバーソール) 10.輝く未来のためのショウビジネス(YO-KING)

ツイキャスでは、せーので歌うバラードまで。あとの3曲は、狸小路で聴いてくれてた3人へ。


今日はかおりの誕生日ってことを思い出して、さっき「おめでとう」とメールしたら、「ありがとう」と返ってきた。高1の頃、ken yokoyamaのI go aloneをよく2人で口ずさんでいた。高校生の頃は、かおりと友香くらいしか入り込んだ音楽の話ができる友達がいなかったから、よくあーだこーだ情報を交換したりしていた。 二人ともしばらく会っていないけど、元気でやっているだろうか。

夜中のツイキャス、下記のリンクから聴けるかもなので、暇な方はどうぞ。
http://twitcasting.tv/wtnb_sng/movie/56653544

ジャストビルの地下室で

ホームシックスのアルバム楽しみだな。


「12月革命」を今年の自分のテーマソングにしよう。いま俺たちを知らない人が、これから知っていくのだ。知らせていくのだ。

周りのバンドの動きに、惑わされるなよ。

これからは夢の中を

目がごろごろしてて、一回とって洗いたい!って今朝思った。まぶたが、三重とかだった。

トモヤさんが出してきたグレープフルージュースは、どうやら賞味期限が切れていたらしい。お腹が痛いのはそのせいか。ちくしょう。


今日初めてメンバーに「夢を教えてほしい」と質問をしてみた。
帰りの地下鉄、改札を出るときにケントが俺に「アコギ、弾いた方がいいよね」と言ってきたから、「うん」と答えた。

東西線、せーのではじめの一歩。
4人で足並みを揃えるんだ。

僅かに残る記憶の中で

イメージ
4/16
オトノエのレコ発企画。言い方悪いかもしれないけど、俺らみたいなバンドに声かけてくれると思ってなかったから素直に嬉しかった。
ライブ中色んなことを思ってたらギターに乗せたくなって、最後の歌を歌う前に即興でぺらぺら歌ってその最後にオトノエの「素晴らしいせかい」の一節を俺なりに俺なりの気持ちで歌って、最後に「今日のうた」を歌いました。昨日見てくれた人やオトノエのメンバーには、昨日、どれだけ俺の歌が届いただろうなあ。

誰かの「素晴らしい時代」の中に自分がいるなら、それはとてもすごいことなんだね。


今日は朝5時から17時まで12時間、最高のチームメイト8人で、未来を見てた。
なかなか会えないけど、OK余裕、未来は俺等の手の中。


ふぁぁぁ〜

ほんとに、あーーって思ってるとあーーってことは重なったり続いたりするもんだなあ。もう、やんなるぜ〜。
寝ようと思って布団の中に入っても結局全然寝れなかった。寝なきゃと思えば思うほど寝れないのはなんて言う現象だ。終わらせたかったことも朝までに終えることができなかった。

この街にいる以上は、自分のためにほんとに色んなものと距離をとらなきゃな、って強く思う。他の人はそうじゃなくても、俺はそうしなきゃダメなんだからそうしなきゃダメなのだ。

せめてあと1時間だけ寝たいけど起きれる自信ないし、ふぁぁぁ〜って感じ。
洗濯物、乾いてないしな。

こっからじゃ届かないのかな

流星ガール聴いてるとほんとに涙が出る。すごい強いのに今にも粉々に砕けて消えちゃいそうなホシヲさんの声に、胸がぎゅってなって力が入った握り拳のなかで汗が滲んでくんだよなあ。


書きたいことたくさんあったはずだけど、もう無理だからやめよ。寝る。あしたは札幌moleでライブ。

あっぶね、メールでとんでもないこというとこだった。削除、削除。

激情の三日間

イメージ
身体も喉も、ボロボロだ。たった三日間続いただけで情けない。もっと強くならなきゃなー!

12日セッチューフリーロードトゥーサマーフェスタ。10/18川崎クラブチッタまで続いてる道筋が見えた気がした。
そして札幌勢のバンドがほんとにかっこよくて誇らしかった。俺らを見てくれてた人の中にも、ひとりでもそう感じてくれてる人がいると嬉しいな。

13日、ザ50回転ズとTHE NEATBEATSと。11日函館と13日札幌、2日間彼らと一緒にいれたということは嬉しいとか光栄とか幸せとか楽しいとかのまえに、本当に苦しいものだった。苦しいっていうのはなんて言うか、うーん、なんて言うんだろう。彼らの一秒一秒に、ちっぽけな自分がどんどん顔を出してきて、悔しかったからかもしれない。
もちろん、本当に楽しかった。

聴いてくれた人、見てくれた人、ありがとう。


三日間でやった歌は、
ライク・ア・ローリング・ソング
tanpopo
今日のうた
パレードは続く
踊るハートランド
せーので歌うバラード
あすなろたち
すべてはここから
24
歩く日々ソング
ハローグッバイサンキュー

です。三日間共通で歌ったのはライク・ア・ローリング・ソングだけでした。



もっと強くなるから。










フレンズアゲイン

函館でのライブが終わって、さっきライブハウス出て札幌に向かってる。
明日は札幌moleでセッチューフリーだ、今日はもう終わった、俺は明日の今日をちゃんと見つめなきゃ。
50回転ズとニートビーツとはまた明後日札幌ベッシーホールで。


今日久しぶりの人に結構会えて嬉しかった。ユージも元気そうだったし、ガンジスも元気そうだった。まゆこちゃんは髪の色が暗くなっていた。かりんちゃんにも久しぶりに会えた、また一緒にやろーねって言って別れた。みんな身体と心は大事にね。また元気に、お互いもう少しかっこよくなって再会しよう。


ツイッターとかもやってなくて中々ライブハウスに行けなくて、でもこのブログ読んでますって言ってきてくれた娘がいて、嬉しかった。ここがその娘にとっての俺に会えるところなら、どんなくだらない文でも短文でも長文でも、会いにきてくれてありがとね久しぶりだねって気持ち絶対忘れないでこれからも書いてく。ありがとう。フレンズアゲイン。


命のメロディーで歌え、シンゴ。

どんなに重い荷物でも可愛いおまえのためなら

一度心配し出したら、止まらなくなる。どんなことでも。友達でも知らない人でも、鍵閉めたっかなあとかでも、心配になったらとことん心配になる。ほんとにドラマみたいに、そこで一瞬立ち止まって、次の瞬間に引き返したりなんてざらにある。その時は気づいてないけど、ほんとにドラマみたいな動きしてたかもなんて後から恥ずかしくなる。

今日からの3日間を考えたらなぜだかちょっと不安になって心配になって、そしたらうまく眠れなくなって。
厚手の上着にマフラー巻いて携帯と財布だけ持ってひとり部屋を出て少し散歩してきた。車も人も少なかった。
自動販売機で大好きなネクターを買って歩道橋の上でボーッとしながら飲んだ。空が明るくなりそうだった。鼻水が出てきたから、帰ることにした。ちょうど雪が降ってきて、まつ毛に乗った雪が解けて涙みたいになった。

部屋を出る前と帰ってきてからでは気持ちが全然違くて、何かにホッとしたような感覚で布団に入って少し寝て、今はカイトが運転してる車の中。

函館に向かってる。


この3日間、俺は誰よりも強く優しく。

あの小さな呪文

すごい小さな音量でジュディマリ聴いてる。
正直に言うと、今とても不安になっている。別に正直に言う必要はないけど、正直に言おうと思ったから書いてるけど、今はとても不安になっている。むぐう。

今部屋を飛び出して、走りだしたいくらいよ。

寝なきゃならん。寝れん。うぐう。

明日から3日続く。
グッと来る誘い文句が見つからない。普段使わないようなかっこいい言葉や、思わず拡散お気に入りしたくなるような文は俺には考える力がない。
本当に、一人でも多くの人にきてほしいって素直に、純に思ってるのです。 あしたは函館、12日と13日は札幌。
12日は、俺本当に大事な日なんです。一人の男として。お願いします。
予約してくれてる方も、もし友達とかいれば誘ってきてほしいんです。寝る。

リアル革命

イメージ
日中は16度とかあった。すごいあったかかった。夕方からはどんどん気温下がってきてた、きっと路上始めたときは7度くらいだったんじゃないかな、いや、もう少し寒かったかも。

幌平橋はまだ冬を引きずっててかわいかった。

あんなに来てくれて嬉しかったです。寒い中、ほんとにありがとう。札幌の特権ですね。
歌い終わったあとに、久しぶりの友達がたまたま来て「1曲歌って」とのことで、彼が何年か前に教えてくれた夏の背中を。歌いおわって来てくれてた人が帰っていって、一気に暗くなって、片付けたし俺も帰ろうかなってときに女の子が一人ハァハァ言いながら立ってて、「もう終わっちゃいましたか、」と。ううん、ちょうど最後の歌を歌おうとしてたとこでしたってな具合でギターをもう一回出して、改めて最後の歌を歌った。
声が全く出なかったけど、その娘も、最後まで残ってた娘も、俺の声をかぎつけたかの如く戻って来てた娘も、笑ってくれてとても嬉しかった。4人で幌平橋のアーチの上にのぼって、少し話して帰った。

誰かにとっては、ただの一日。
革命。


4/9@札幌幌平橋
1.ハローHな女の子(リンダリンダラバーソール)
2.パレードは続く
3.ブリッジ
4.二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド
5.実験4号(Theピーズ)
6.風に吹かれて(エレファントカシマシ)
7.青春時代(ガガガSP)
8.恋とロックンロール(TheLILAC)
9.ドストエフスキーを読んだと嘘をついた(忘れらんねえよ)
10.月影(斉藤和義)
11.砂男(THEラブ人間)
12.今日のうた
13.tanpopo
en1.夏の背中(泉山亮太)
en2.少年が歌うメロディー

顔が、ポーっとしてる。

全然かっこよくないぞ!

明日は14度になるらしくて少し緊張してる。だって14度って。めっちゃあったかいじゃん。

17時から18時まで路上やります。場所は、幌平橋。地下鉄南北線幌平橋駅からすぐです。終わったらそこでそのままビール飲んで豊平川見て、そしたら空が暗くなってきて、それから帰るんだ。久しぶりの幌平橋での弾き殴り、楽しみだから一人でいいからきてほしいですよ、俺の札幌ベスト3に入る好きな場所。

ひろしさん元気かな。まだペットボトルにウイスキーロック入れて休日散歩してるのかな。


それは強いとかかっこいいとかそんなんじゃないから、一周回ってなんとも思わない。そう考える俺は全然大丈夫だな、ちゃんと変われてるし、そして変わってない。

夕暮れに向かって走る。

4/12について

4/12の「SET YOU FREE」@札幌moleでのライブについて一人の音楽ファンとして一人の男として書いておきたいことがあるので書きます。

一言で言うと、4/12来てくださいってことなんだけど。


中学生の頃、姉にGOING STEADYというバンドを教えてもらって。TDKの120分のカセットテープにそのバンドのアルバムを録音してくれて、それを貰ったの。(B面には怒髪天のサンセットマンと星に願いをと愛の嵐も入ってた)
で、その時から俺はGOING STEADYに夢中になった。でも地元・中標津町にはゴイステとか売ってなくて(なぜ姉が持ってたかは不明)、ゴイステやその他インディーズの情報は姉とストリートロックファイルという雑誌から入手するしか手段はなかった。当時の俺には。でもそれでも物凄いドキドキとワクワクだったの。
で、俺が中2になってからかな、中尾(TSUTAYA。中標津では中尾って呼ぶ)のレンタルにいきなりゴイステがあって。そこで速攻レンタルして初めて歌詞カードを見るの。で、うああああああ、、、って。それまで体験したことない感情。もうぶっ壊れるかと思った、あの時。字も、絵も、立ち方とかと全部真似した。
そこで、ボーカルの峯田のことばに「SET YOU FREEというイベントの千葉さんが僕たちを見つけてくれて」みたいなことが書かれてて。俺はそのとき「何それ誰それ」。で既にカセットテープで聴いてたから一回さらっと聴いて、イースタンユースばっか聴いてた。
でもストリートロックファイルの新しいのとか読んだり姉の話聞くと、セッチューフリーって何かめっちゃかっこいいバンドしか出てないイベントじゃね!?みたくなって、俺も行ってみたいなーってずっと思ってた。サンボマスターとかハイスタとかLINKとかゴイステとか、フラカンとか、氣志團とかもかな、もうほんとにもっともっとたくさん。

初めて「イベント」ってものに憧れを抱いたのは、ライジングサンでもロッキンでもなく、セッチューフリーだった。

それから10年以上が過ぎて、俺はTHE BOYS&GIRLSってバンドを始めて、バンドを結成した半年後、ひょんなことからSET YOU FREEの札幌公演のO.A(オープニングアクト)での出演が決まって。2011年9月20日の札幌サウンドクルー。決まったときはすげー嬉しくて暫く地に足つ…

ゴールドフィールド

イメージ
昨夜札幌HALL SPIRITUAL LOUNGE。
THE WORLD PEACEのライブが本当に俺の目に耳に胸に心に脳みそに涙腺にグッサグサ突き刺さった。2曲聴いて、出番が次だったからそれからは楽屋で聴いてた。でもすげーライブしてるのは楽屋にいてもわかった。そしたら最後の歌でなんか涙止まらなかったよ、何なんだろうなああいう現象。全然転換行けないの。でもそのおかげで、俺は俺で俺を歌うことができたようなもんだ。
見てくれた人、聴いてくれた人、もしこれを読んでいたらどうかこの気持ちが伝わりますように、本当にどうもありがとうございます。


昨日は1番目の電影少女から最後の抱きしめるズまで、客出しから打ち上げが始まるまで、打ち上げから家に帰ってくるまで、ひたすらに色んなことを思った日だった。頭が、割れそうだ。


こんなことを考えた。
俺のライブ中にフロアで付き合ってる二人がいたとして、その二人がこっそり手繋いでライブを見てたりしたら、めっちゃ嬉しいなあって。これきっと、こういう二人がいたらほとんどの人が「家でやれ」「何しにきてんのよ」みたいに言うと思うけど(勿論節度守っての話)、俺多分めっちゃ嬉しいなあ。俺の歌で二人が幸せになってるなら。そんな歌歌えないかなあ。

話は変わるけど、なあ。これ読んでるかな。 読んでるわけないか。
お前が、好きな人のことを好きってことを誰にも言えずにそれでも想い続けて声に出さずに頑張っていたってことを、みんなは知らないからあーだこーだ言ってくるかもしれないけどさ、でも誰も知らなくたって俺が知ってるから安心してくれよ。俺は胸を張って「お前が一番ロックだよ」って言うから。 

朝起きたら髪がすごいことになってた。 見て、これ。レディーガガ。


頭が割れそうだ。この先、下を向いて歩いてどんなに涙がこぼれたとしても、その自分を突き放すことなく、ギュッと抱きしめてあげたい。

飛んでゆくのよ

イメージ
遅れてしまったけれど、昨夜狸小路2丁目での路上聴いてくれた方どうもありがとうです。最近すっかり春めいてきて札幌もあったかくなってきてたのに、路上やるって言った途端2度とかだから、やんなるねー。笑

でも昨日やってて思ったのは、「これだよ、これ。俺の寒さ。俺の路上はこの寒さ。」ってことで。なんていうか、あったかい方が絶対いいんだけど笑
寒くなったら路上やる人って結構減るんだけど俺はずっとやってきて、それでも聴いてくれる人はいて、で、聴いてる人が一番寒いんだけど、でもそれでも俺はお構いなしで歌うの。それを震えながら聴いてくれて、帰り道に指なんか動かなくて携帯なんて触れなくて結局風邪ひいちゃって。でも、確かにその夜を信じてる自分がちゃんといて。 

俺の路上はずっとそうだったし、これからもそうでありたい。俺にとっても聴いてくれる人にとっても。だから昨日久しぶりに寒くて、そんなこと思った。どんなに暑い日も、俺の歌でしか感じれない冷たさを感じてほしいのだ。せっかくこういう街で生活してるから。

だからたくさん来てほしい。路上もライブハウスも。ていうか何言ってんだろう笑

でもほんとに綺麗事じゃなく冗談じゃなく、他の人にない何かを俺に感じてくれてる人がいるなら俺はこのまま変わらずに変わり続けることをやめずに、生きていこうと思います。



そうそう、昨日は大阪の兄さんが札幌に来てて、俺はライブは見に行けなかったから、俺なりに「俺は元気ですよ」って気持ちを込めて最後に流星ガールを歌った。そしたら、打ち上げもあるだろうに狸小路に駆けつけてくれて最後の歌だけ聴いてくれた、まあ、あんたの歌だけど。流れ星みたいに、俺たちいつ会えるかわかんないけど、小さな身体で飛んでゆくのよ。 

2014.04.04@札幌狸小路2丁目
1.アメニモマケズ(泣いてばっかのヒルギ)
2.秘密のクリスマスソング
3.ならば、友よ(野狐禅)
4.男の子と女の子(くるり)
5.かたつむり
6.ガソリン(19)
7.プライマル。(THE YELLOW MONKEY)
8.トラベリング(KEYTALK)
9.ぼくのたからもの(幼稚園児)
10.ブリッジ
11.あすなろたち
12.この世の果てまで(the pillows)
13.素晴らしい世界(LINK)
14.心の歌(福田圭祐)
15.流るる風の中で(ハロ)
16.君は幸せになる形…

はじめの一歩

イメージ
これまでの苦しかったこととか嫌な思いしたこととか嬉しかったこととか楽しかったこととかそういうのすべてに優しく包まれて、その瞬間すごいいい感じで生きることができるってことを知ってる。
例えば俺のライブなら30分、見てる人がそうなれれば、きっとそれが一番いいよなあ、やっぱり。

フロムTokyoの泰雅さんが昨日35分のライブをしに札幌にきて、朝一の飛行機で東京に帰った。1週間札幌にいたアサトアキラさんも今夜東京に帰る。
今まで何回も見てるしいっつも会ってるけど、昨日はスピリチュアルラウンジのステージであっくんと泰雅さんが歌ってるのを本当に久しぶりに見た。
泰雅さんは、俺が今まで見た佐々木泰雅の中で一番よかった。というか、一番穏やかな顔で歌ってた。好きになるとこだった。笑
あっくんも本当によかった。本当によかったのだ。こんなこと言ってもどうしようもないけど、本当によかったのだ。
そしてハロのはじめの一歩は、いつかの俺のはじめの一歩よりも大きいものに感じた。少し羨ましかった。そしてとても楽しかった。


昨日3人を見てると、今一度ギュッと近くに抱きよせたくなった。それからは、気にしながらもなるべく振り返らないように、それぞれの道を歩いていけたらなって思った。

今夜22時00分から23時30分くらいまで狸小路2丁目で路上します。
時間ある人はよかったらきてね、雨で寒いかも、しれないけど。










昼休み

「ひとりでも多くの人に聴いてもらいたい」や「たとえひとりでも届けたい」や「たとえ誰も聴いてくれなくても」の本当の意味っていうのは、とっても重くてギリギリなもの。
それを踏まえた上で、この前のLOG俺は誰にも負けたくなかったし、誰にも負けなかったと思ってる。俺の中での話だけれど。

イベントの詳細、場所、対バン、ツアーバンドのネームバリュー、それらからわかるものってそれらしかなくて、それらから歌が聴こえるわけでもないし、ライブが見れるわけでもない。その日そこにいかなきゃわからない。もちろん、出演者側の話。
はたから見ると戦ってるつもりでも、本当の自分の刀を抜いてるやつは、その夜そういう目をしてるもんだと思う。


2014.04.01@札幌LOG
1.錆びないダイヤ
2.優しいサンデー
3.TOMODACHI NO UTA
4.ただの一日
5.二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド
6.パレードは続く


3年前の4/1は、こくぼとグッバイメロディーズを歌ってたなあ、俺。