投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

青葉雨と風薫る

イメージ
この「愛葉集」っていうブログの名前、もちろん万葉集からとってるんだけど、何を隠そう僕は万葉集持ってるくらい好きなのですよ。


来年の2月と3月、二ヶ月連続配信リリースが決まりました。

2月2日「卒業証書」
3月3日「東京」

この二曲。すごくいい歌です。
CDを出す喜びを知った我々だけども、今回この二曲を届けるにあたって、ちょっといろいろかんがえてみて。何も知らない人がたまたまこの2曲を聴いた時のことと、その先のこと。僕は歌詞カードとか歌詞とかお店とか所謂「モノ」としてCDが好きで、それは絶対に自分の音楽でも大切にしないといけないところだなって思っているんだけど、この2曲に関してどういう風に届けようかってなった時に、何かしらの「コト」が重要なんじゃないかというところにたどり着いた。まずはモノではなくコト。曲を聴いた時の直感的なことだったり、瞬間的なことだったり、感覚的なことだったり、思い出したことだったり、なんだり。聴いてくれる人が聴いてくれた時の、その人のその時のこと、その人のそれからのこと、そういったところから届けれたらいいかもと。でも勿論それだけではないので、まずはこの配信から、時代にゆらゆら揺られて聴いてほしいと思います。


そしてここから重要。「卒業証書」の初オンエアに関して。

この、2月配信リリースになる「卒業証書」を、どこよりも早く流してくれる中学校と高校を募集しています。僕らはFM NORTH WAVEで番組をやっていたりして「拝啓、エンドレス様」の楽曲たちもノースウェーブで初オンエアしたりしてきたけど、「卒業証書」というこの音源は、ラジオじゃなくYouTubeじゃなくテレビじゃなく、学校で流れたら素敵なんじゃないかと思って!

僕が中学高校の頃、こんなことがもしも起きていたら、それが自分の好きなバンドじゃなかったとしても、なんかワクワクするんじゃないかなと思った。

学校によって、「校内放送で音楽が流れる」にも色々あると思いますが。
例えば、お昼休みに流れるとか、朝に流れるとか、放課後に流れるとか。そもそも、流れないとか。流れるけど、放送委員や放送局じゃなきゃ流せないとか。本当色々あると思います。なのでシンプルに、「流せる学校」を募集します。
一応今の予定では、1月22日(月)からの予定なんだけど、もしかしたら早めるかもしれない。冬休み入る前とかからにしよ…

「ENDLESS SUMMER 2017」最終日、札幌

イメージ
10/30
ENDLESS SUMMER 2017、ファイナル。対バンは、GOING UNDER GROUND。
初めての対バン。

2014年2月、僕は東京でのオフの日に憧れだった二子玉川に行ってみた。綺麗だった。街の流れと多摩川の流れ、そして携帯から流していたGOING UNDER GROUNDの音楽に、力をもらった。きっとこの先に、何かがあるんだと本気で思った。近くとも、遠くとも、何かがあるんだと思った。僕はその数日後にレコーディングの歌録りがあり、ひとり東京に残っていた。最終日、連日の疲れがあったのかなんなのか僕は全く声が出なかった。何度歌っても出なかった。歌えないって思った。ボスに「シンゴもうやめよう」と言われても「あ、大丈夫です次はきっと歌えます」と押し切り、何度もマイクに向かっては「もう一回お願いします」と頼み、10回くらい同じことを繰り返したのち、涙が止まらなくなって一言も話せなくなり、ヘッドホンからはひたすら楽器隊の音だけが流れて、僕はブースで15分ほど一人で号泣したことがある。結局、その日のレコーディングは、そこで終わった。
街や、バンドや、仲間や、新しい場所にあれだけ力をもらったのに、何をしてるんだろうと情けなくて悔しくて涙が止まらなかった。
そんなことがあった。
僕はそのあとに、「二子玉川ゴーイングアンダーグラウンド」という曲を作った。あの日歌えなかったから「行けなかったその先」というのが、きっとあった。それが知りたかった。その先で待つ春に、僕は歌を残したかった。

とても大切な歌だし、ゴーイングは僕にとって必要なバンドだ。対バンしたことはなかったけど。


今回、ツアーファイナルをやるにあたって、どうしよっかとなって。
正直どうなってるかなんて想像できなかったけど、ゴーイングに声をかけさせてもらった。返事はオーケーだった。
奇しくも、GOING UNDER GROUNDは、「真夏の目撃者」というアルバムが完成、そしてツアーに出るという。この10月30日は、ゴーイングからすると残すところファイナルの東京ワンマンのみというツアー真っ只中の日程。にもかかわらず、見たこともない対バンしたこともない我々のオファーを、受けてくれた。気持ち、でしかなかったと思う。

ソールドアウト。良かった。


メンバーの皆さんがCOLONYにきて、素生さんに「おはよう、シンゴ…

「ENDLESS SUMMER 2017」十九本目、札幌

イメージ
10/29
ENDLESS SUMMER 2017、セミファイナル。対バンは、黒猫チェルシー。
個人的な出会いは、僕がまだCOLONYで働いていた頃。2011年9月にフラカンと黒猫がCOLONYでツーマンした時も僕はいた。その日の打ち上げで少しお話をした。大知とはその時、憂歌団とかの話をして、僕は彼に「僕も春からバンドを始めたんだ」と言う話をした気がする。その二ヶ月後、2011年11月、札幌ベッシーホールで黒猫はワンマン。そのオープニングアクトに、ボイガルを選んでくれた。そこで、初めての対バンだった。カメラマンのおはぎちゃんに出会ったのも、その時だ。


それから年に一回くらい、顔を合わせてきた気がする。NHKのドラマに、彼のバンドメンバー役でボイガルみんなで出演したこともある。ライブシーンもあって、「踊るハートランド」と言う我々の初期のダンスナンバーを劇中で演奏したりした(ちなみにあの歌はCOLONYの歌である)。大知の誕生日にメールしたら、「そんなことより卓球がやばい!」と返事が返ってきたこともある。あれはなんだったんだ。まあなんやかんや、6年の時を経て、ようやく僕らが呼べた。場所はCOLONY。なんだかつながるなーって、今さら思ってる。

今年のジョインの話とか、そういうのはもうどうでもいいや。
今と今のぶつかり合い、抱きしめ合い。
紛れもなく僕は黒猫チェルシーが好きです。


満員のCOLONY。
灼熱のCOLONY。
僕はもう序盤中の序盤で、べちゃべちゃだ。フロアにはエンドレス様、それぞれの物語がある。ページは僕にめくらせてくれ。今日だけは僕に読み聞かせをさせておくれ。
ぶっ倒れそうになりながら、とにかく歌い続けた。

その日が何日目とか、セミファイナルとか、こっちの都合。
今日が初めての人もいる。今日が最後の人もいる。それだけは忘れずにステージに立たなきゃと思いながら回ってきた。それは次の日もそうだ。

COLONYでこんな暑かったことあったかなってくらいの汗。
楽屋の流しでTシャツ絞ったら、ドバドバ汗が出てきた。
お客さんたち、ごめんなさいね、汗とかつばとか、ごめんね。

明日もこんな暑いのかな、やだなーなんて、嬉しい悲鳴を感じながら黒猫と打ち上げ。
夜中、家に帰り、すぐ寝た。

(撮影:南 風子)


「明日、終わるなあ」って思った。
黒猫チェルシーに出会えて本当に良か…