投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

ミックとジャガー

自分でもなんでかはわからないけど、最近本当に今までと比べ物にならないくらい、ずっと歌いたい。なんて言うんだろう、ずっと歌いたいってなって、すぐ部屋を飛び出したくなる。時間も天気もなんだっていいから、今すぐ大きい声でって。
「ひとり2」をやって、あれから自分の中で確かな感情の変化があるのをはっきりと感じてる。本当にやってよかった。もっと歌いたい。
メンバーにとってこのバンドはどんなものなんだろう、どんな存在なんだろう、どんなことを思っているんだろうと、メールの返信がくるまでの間、考える。彼らが何時に寝て何時に起きててなんて知らないけど、すぐ返信が来ることなんて殆どないから、その分色々考える。そして考えれば考える程俺は俺に負けそうになって、歌に助けを求めたりする。というか、逃げたりというか。歌うことで安定を図れて、少し離れたところから自分を見れる。

友達と、歌ったり話したり、最近はそういうのが増えてきた。話したいし聴きたいし。俺は間もなく27歳になる。今ではこの街のバンドマンも、圧倒的に年下が増えてきた。だけどみんなしっかりしてて、上手で。彼らから学ぶことがたくさんある。かっこいい人になってほしい。何目線の話か自分でもわからないけど、でも俺はきっとあいつらに何かを残したいのかもしれないな。見せたいのかもしれないな。




俺にできることは何かな、俺がやるべきことは何かなと考えると、「俺がかっこいいと思うこと」をその思ったやり方でする、だった。
それは決して自己満足ではなく、背負うべきものはちゃんと背負って。

最近ちょっとわざとツイッターしてみてたんだけど、面白くはないけど楽しさは見いだせた。自分の中で思っていたことがあってそれをツイッターで見て確かめてみようと思っていて、自分の中のその考えと、結論みたいなものがわりと近い所で顔を合わせたから何がかっこいいか(と自分が思っているか)ってのもわかった。あくまでもこれは、バンドを進めていく上での話だけど。
お客さんたちからリプライがきたりとかは、ほんとに純粋に嬉しいし楽しいし。そもそもそんなリプライとか来ないけども、路上やってほしい場所を募った時はたくさんきてすごい楽しかった。少しずつまわれたらなあって思ったし、今年は木暮も色んな所に連れて行こうと思ってるから、たとえそれが15分だけでも、できるならば各地で路上したいなって思ってい…

ひとりひとり、ひとり

イメージ
1月19日にひとりで下北沢でワンマンをしてきた。めちゃめちゃ楽しかったし、めちゃめちゃいいライブできた。それを決めるのは来てくれた人だけど、でも俺にも決めさせてくれ。俺は、絶対に良かった。

下北沢SEED SHIPはめちゃめちゃいい場所だった。キャパシティーが一応50人と言われて、でも無理言って65人まで入れさせてくださいってお願いして、65人いれてもらった。2時間半くらいであっという間に予約は埋まって、嬉しかった。

当日、リハが終わってから古着屋さんにいってジャケットを買った。



撮影はYURIさん










とても最高の一日だった。もっとやりたいなって思った。こうやって強くなれるなら、歌えるなら、待ってる人がいるなら、動けるなら、少しでも多く歌いたい。 


帰りの飛行機の中で色々考えた。
色々考えたら悲しくなった。

笑ってくれるなら今はそれがいい

11日12日と大阪2日間のライブが終了して、札幌への帰り道。とても素敵な日々だった。


11日、アンコールが終わったあと誰もいない楽屋でひとりで「ふーっ」としてたら、千葉さんと清水音泉のNさんがきて、3人で少しお話した。俺はNさんに会うのは初めてだったんだけど、とても嬉しいことを言ってくれた。

12日、久しぶりのファンダンゴで。本番前にコインランドリーでジーパンを洗濯して、あっという間に始まって。平日の早い時間からたくさん集まっていた。雪のない真冬の大阪の風は冷たかったけど歌いたい歌を歌えたから嬉しかったし、伝えたいと思ったことも声に出すことができた。伝わったかはわからないけど。。

二日間とも、いいライブできた。
俺は次のライブは19日の東京ワンマンなので、気合い入れ直して挑む。ボイガルは2月。



昨日終わったあと話しかけてくれた男性の方が数名いて、キラキラしてて、嬉しかった。
友達でもなくて家族でもなくて、でも確かに目に見えない何かで胸がギュッとなる瞬間がある。それが俺たちの音楽って、もうほんとに音楽には頭上がらない。




個人的な感情というのは大切なものだけど、それは時に世界で一番弱く脆いものになる時がある。「それは自分で決める」というのと「それは自分次第」というのは少し違う。出すときは出す、出しちゃいけない時は出しちゃいけないんだな。




札幌ただいま〜。
人間だもの、目を見ればわかるのだ。

繋ぐステージ

明日の11日梅田アカソのこと書きます。
MCで話すととんでもない時間かかりそうなので。



清水音泉というイベント会社がやっている「OTODAMA」という関西のフェスがあって、んで千葉さんという人がやってる「SET YOU FREE」というイベントがあって、その「OTODAMA」のステージに「SET YOU FREEテント」というステージがあって。俺たちは過去に2回OTODAMAに出たことがあるんだけど、どちらもSET YOU FREEテントステージだったんす。

本当に、テントの中にステージがあるの。

そのステージはPA(音響さん)が大阪の専門学生たちで。勿論リハーサルもなくて。照明は蛍光灯。一歩外を出ればデカデカとしたステージに向かって何万人が歩いてる歌ってる踊ってる。それでも、なんでだろう、SET YOU FREEテントに流れる空気や音楽には、本当に何かうまく言えないけど心臓の音みたいなのを感じていたんす。

この前9月、OTODAMA終わった直後、本当に色んなこと思って、SET YOU FREEの千葉さんにメールした。OTODAMAに何でSET YOU FREEテントっていうステージができたのかを。何で学生がPAやってるのかを。どんな歴史があってここまで来てるのかを。

そしたら、めーーーーーっちゃ長い(マジでめっちゃ長い。長すぎて途中で一回携帯ぶん投げた。)返事が返ってきて。でも俺それ見て何か、「出れて本当によかった」って思ったし「出れて本当によかったから、これまだまだ繋げなきゃ」と心の底から思った。



数年前OTODAMAが始まったとき、おめでとうの意を込めて千葉さんは、マイク1本アンプ1台で何かをやろうとしたらしくて、メインステージに出てたBAZRAとかセカイイチとかサンボとかフラカンとかを楽屋から連れてきていきなりシークレットで色々やり始めたんだって。頭おかしい。

予算的な問題も勿論あって、地べたでアコースティックでみたいな、そんな感じだったみたいで、その頃から四星球やセックスマシーンはSET YOU FREEテントに出てて、去年は、メインステージに出てて、それが嬉しいって言ってた。

それからお客さんたちが「普段ライブハウスでやってるあの良さを、お客さんに知ってほしい」って後押ししたらしくて、そこから清水音泉に頼んでバンドでできることになったみたい。お客さんが…

夢の中

朝帰ってきて、布団に入ってほんの少しだけさっきまでのことを思い出してからすぐ寝た。夢を幾つか見て、最後の夢の途中でパッと目が覚め時にまだ部屋が暗かったからもう少し寝ようかなと思いながら時間を見たら、もう今日の夜になってた。


見た夢は、

鹿児島にライブをしに行って、空き時間で人性補欠の桑さんと散歩してたら雪が積もってるところがあって「自転車で突っ切ろう」といって桑さんが雪に突っ込んで怪我した夢。

YURIさんが何か嬉しそうだった夢。

誰がいたかは忘れたけど何人かで歩いてる時にめっちゃカエルがいて「わあ!」って避けながら橋を渡った夢。

りゅーと二人で車でどっかに行った夢。

最後に見た夢は、ま〜し〜さんと二人でジュンク堂のところの交差点にいる夢だった。「ま〜し〜さん、もう終わりですか?」と聞くと、「当たり前だろ、明日も早いんだよ俺は。帰るぞ。」と言っていて、「いや、そうじゃなくて、」と俺が言うと、ま〜し〜さんは「お前は相変わらず だな。」といった。相変わらずの後、なんて言ったか聞こえなくて信号が青になって、「ほら、行けシンゴ」といつもの笑顔で手を振ってきた。俺は、はいと答えて信号を渡った。後ろを振り返るとま〜し〜さんが歩いてる人みんなに、「あいつ、ザ・ボーイズアンドガールズってバンドやってるんだよ!もし売れるとしたら、すっげえ時間かかるバンドだと思うけど覚えててよ!」「あいつ、ザ・ボーイズアンドガールズってバンドやってるんです!」と叫んでた。俺は「ま〜し〜さん、やめてください!」と言うと、「いいだろシンゴ!俺がこんなことするのレアだぞ、感謝しろ!早く行け!もっと向こうまで行け!」と言ってきた。わかりました!といってから俺はまた歩き出して、なんの涙かわからない涙を止めれるわけもなく、もう一度振り返ろうとしたとこで目が覚めた。

長い一日だったけど、楽しい一日だった。







昨日、あの時あの瞬間、もし京くんが側にいてくれなかったら、きっと俺は一生後悔していたと思う。

状況は変わっていく。
涙は避けては通れないかもしれないけど、涙があるから通れる道もあるってことは忘れないで生きたい。

夢の果て

寝よう寝ようと思って。
SAKE祭だから、11:30にはmoleに行かないとだめだから。11:30から翌朝6:00まで18時間moleにいなきゃだから。俺はもう7回目くらいのSAKE祭で色んなことわかってるから。だから早く寝ようと思って。

でも、円山エクスタシーが今日解散するらしくて。

前のバンドの時からずっとずっと、ずっとだった円山エクスタシー。ケントボーイズと出会わせてくれた円山エクスタシー。前のバンドが解散するって決まったとき、すぐ新しいバンドやろうって思わせてくれた円山エクスタシー。ボイガルの初ライブ、札幌COLONYでいきなりツーマン、その相手だった円山エクスタシー。

なんかツイッターでさらっと解散しまーすみたいな感じで発表されてたらしくてそんなん全然知らなくて、最近知ったよ。ふざけんな。


まあでも、他人の俺がどうこう言えることじゃないから、何言ったって俺がカッコ悪いだけだ。


あー、円エク解散するんだーって思って、昔の携帯で撮ってた昔の写真眺めてた。前のバンドの時に一緒に函館行った時の写真とか、朝方飲み明かしてた写真とか。
あー、解散するんだなあ。円山エクスタシー。



寝よう寝ようと思って。
でもこんなん、寝れるわけなくて、なんぼSAKE祭だからって、俺とカイトとトモヤさんとケントボーイズと京くんと円エクの長い付き合いだからって、寝よう寝ようと思っても寝れなくて。


果てが来たんだね。 だからすべてが終わるその前に、あんた達の出番前に、あんた達が教えてくれたこの街のど真ん中ってやつ見せてやるよ。
それから、華やかに散ってくれ。

走り抜けるなら文句は無し

イメージ
3日AM1時頃、狸小路2丁目へ行き路上で今年の歌い始めをしてきた。
夜中だったにも関わらず来てくれた人がいて、ツイキャスも聴いてくれた人がいて、嬉しかった。moleで深夜イベントをやっていて、酔っ払った若い男の子がback numberできますか?って言うから、できないよって言ったら、back number聴きたいです!ってきかないから、携帯見ながら俺がギター弾いてその子に歌ってもらった。
とても楽しかった。






4日、札幌スピリチュアルラウンジでボイガル今年1本目のライブ。オープンから開場はギュウギュウ。8バンド。最後までギュウギュウだった。「1年後、今日出てるバンドのこのかっこいい歌たちはこの街にどれくらい響いてるかな」って考えた。サタデイズのたいせいが、少しだけ、ちょっと前の俺に見えた。平気でその日出てるバンドの名前だして、オラァって言って、でもそれよりも目の前のお客さんの顔が嬉しくて嬉しくてでもそれをうまく表現できなくて、だからもうやるしかなくってって。そんな感じだった。ワンマンをやるって言っていた。ひかさもワンマンをやるって言っていた。俺は言わなかったけど、俺たちも絶対やってやるって思ってる。



もらった手紙を読んだら、めちゃめちゃ字が綺麗だった。「ボイガルに出会って、もう少しこの街にいようと思いました」と書いてあった。これはきっと、ボイガルが札幌にいるからってことではなくて、出会ったボイガルがかっこよくてそれが何かわかんないけど「もう少しこの街にいよう」って気持ちにさせたってことだと俺は勝手に解釈して、嬉しかった。


重大なことをしてる。
だからこそ今年まだ、まだまだ、この街で頑張りたい。去年とは全く異なる密度で、走り抜けたい。歩き続けたい。

今夜は21時から、ラジオ1発目。聴いてね。



世界でイツトー、イカしてるってこと。

行こう

Superflyの「Beautiful」という歌のPVを今年は最初に見た。自分の部屋で最初にかけた曲は、忌野清志郎のフリーター・ソング。去年と同じ。笑

2016年、道連れにしても許されるくらい最強でいきたい。