夢見る頃に



ボイガルを始める前に、札幌COLONYで働かせていただいてた時期があった。受付をやったり、バーカウンターに立ったり。専門学校で照明を少し勉強していたのもあって、ライブ中はステージ袖にいたり、後半は実際に照明をやらせてもらったりもしていた。深夜のクラブイベントの照明をやった時もあれば、フラカンのワンマンもやったりした。まだ、ボイガルを始める前。今も照明をやってるミッチェさんとPAの吉井さんはその頃から在籍していて、んーと俺が入ったのが2008年の終わりくらいだったっけ、それくらいからずいぶん長いことお世話になっている。
楽屋には「伝説の虎軍団」の白黒の写真が貼ってあった。THEイナズマ戦隊がCOLONYでやったワンマンのあまりにもやばすぎる光景の写真。中学のときに、ずっと聞いていたイナ戦が、そこにいた。何度も何度もあの写真に肩が震えたなあ。あとは、今もあるかどうかわからないけど、当時はバーカウンターの奥にいろんなCDが棚に大量に並んでいて。そこには俺の知らない札幌が詰まっていて、店長だったヒデミさんに「これ借りていいですか?これ借りていいですか?」と聞いて借りたり、ぶっちゃけ聞かないで勝手に借りた時もあったすいません。とにかく俺の中のかっこいいが、札幌のかっこいいが、バーカウンターの棚に詰まっていた。その中に、「FRONTIER ROCK SPIRITS」というコンピのCDがあって、それを聴きまくった。札幌のバンドで構成されてるやつで、1曲目がホームシックスの「笑っておくれ」で、うわ、うわわわわ、ウワーーーーー!!!!だ。かっこいい。とにかく、かっこいい、、、、。それしか思えなかった。ホームシックス、VOX、ジェリー、ハイボル、暁、ライラック。俺も、俺も、やれるかな、無理かな、どうかな。何度も考えた。いつか、いつかこうやってかっこいいやつ、いつかできるかな。なんて。当時「theパン工場」というふざけたバンドをやっていた。ふざけて始めたバンドは、後半マジになっちゃって、2010年10月にCOLONYで解散した。あの日もいつものように、18時半頃始まって6組が出演で、終電くらいに終わった。それが、僕らは当たり前だった。

2011年3月に、ボイガルを始めた。最初からマジになって始めた。初ライブはそりゃCOLONYだ。「シンゴ変わったな、いいぞシンゴ。頑張れシンゴ、行け。」そう思ってもらいたかった。この街でこの街に住む俺を救ってくれた場所、その場所の人に、そう思ってもらいたかった。21歳、きっとバンドを始めるには、決して早くはない年齢だった。でも、ゼロから始めたかったんだな。それまでも、それからも、何度もCOLONYでライブしてきた。暴れまわって、酔いつぶれて、何かを刻みたくて。去年の秋、現店長の小野寺さんに宮越屋珈琲に呼ばれて、向かうと、「SAPPORO STELLA BAND COMPILATION」の話だった。参加してほしいということだった。嬉しかった。小野寺さんももちろん昔から知っていて、ヒデミさんの前にCOLONYにいて、それからキューブガーデンにいて、COLONYに戻ってきてて。小野寺さんは最近のCOLONYを見ていたし、俺はそれをなんとなく知っていたし、最近のCOLONYが戦っているのもなんとなく見えてたから嬉しかった。俺は、ふと思い出した。数年前、バーカウンターの棚から引っこ抜いたあのコンピを。札幌のバンドだけで構成されてたあのコンピを。震えたコンピを。今度は俺の番なのか?そう思った。それをCOLONYの小野寺さんに誘われてる。物語は、ボイガルを始める前からすでに始まっていたというわけだ。
ただ、小野寺さんからの条件は、「新曲、新録。つまりは現状ココでしか聞けないもの」だった。俺は「それは厳しいかもです」と伝えた。ビクターを離れ、今はボンサイレコーズだ、「卒業証書/東京」の配信も決まっていた。それとほぼ同タイミングで新曲をとるのは、できなかった。でも、参加したかった。小野寺さんはいつもふざけるくせに、このコンピの話をするときは、真剣に思いを伝えてくれた。昔の札幌の話も二人でたくさんした。「今、札幌でCOLONYで頑張ってる若いバンド、いい奴らがたくさんいる。COLONYは、なんかしたい。」と、そんなようなことを言っていた。で、俺が出した答えが、「東京という曲の、ライブレックでお願いします」というものだった。小野寺さんはニヤニヤしながら、最高じゃんと言ってくれたわけだ。俺はとことんあまのじゃくだもんで、札幌のライブハウスと札幌のHMVと札幌のバンドによるコンピに札幌で始めて7年が経った俺たちはここでしか聞けない「東京」のライブバージョン、「東京(SSBC ver.)」に決定。録音は、東京の下北沢近松で決行。突然の告知に集まってくれた30人ほどのSSBC軍団がラストのサビは一緒に歌ってくれた。ど頭の「東京」という声は、前にいた女の子に言ってもらった。練習も何もない一発勝負。最高なのが録音された。

そしてこの札幌が詰まったコンピは、ボイガルの「東京(SSBC ver.)」からスタートする。
名前も知らないあの子の、練習も何もない正解も不正解もない「東京」というあの伝説の声から始まる。

2018年3月21日、札幌COLONY。コンピ発売記念イベント二日目が開催された。
ほぼ初めての共演、とってもいい日だった。まだまだ、頑張らないとなって、悔しくも嬉しい一日だった。アンコールで荒らしたステージを、ミッチェさんと吉井さんが片付けてくれてた。「久しぶりにドラム降ろしたなあ、へへ」というと、ミッチェさんが「降ろしたなあじゃないよ!!」と笑いながら怒っていた。吉井さんも笑っていた。この街に来てからの俺のほとんどを知ってるこの二人が、俺に呆れて笑って、今日もライブハウスを灯して音を出してくれてる。俺は横でヘラヘラしていた。俺はずっとヘラヘラしてる。


ちなみに初ライブは、2011年3月21日だった。ああ、本当にすべてはここから、だ。
ちなみにこの日、クラップスホールでは伝説の虎軍団がツアーファイナルを迎えてて、リハ終わった後に顔だしてきたら、イナ戦の皆さんは優しく「お前らイナ戦のファイナル札幌で、ライブ入れんなやあ!頑張ってこい!」と、どこまでもかっこいい虎軍団だった。








俺にとっちゃ、すべてが、とんでもない話だ。
さて、久しぶりの飛行機、名古屋行く。やだなあ、飛行機。本当にやだなあ。
でも、腰痛くなるかもしれないから、嬉しいな。


撮影 はな
転載は無しで。

コメント

  1. コンピレーションアルバムでボイガルを聞いた時の初めに流れる女の子の声の「東京」の謎が解けて良かったです。
    シンゴくんからイナ戦の話聞けて嬉しい、ありがとうございます。

    はなちゃんが撮るボイガルはいつもに増して魅力的です。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます、はなさんの写真も素敵です。

      削除
  2. これ東京でも手に入れられるように何とかするって言ってなかったっけ・・近松で!?よろしくお願いいたします!

    返信削除
    返信
    1. クガッタさん→
      すみません、僕ひとりの力ではどうにでもできないこともありまして。なんとかしたいなとは思っております

      削除

コメントを投稿