知らん顔で続いてく


写真は転載など控えておくれやす。なぜなら、俺が撮ったやつではないから。でもいい写真見てほしい。


ワンマンツアー「少年少女の春の先」が終わって一週間が経って、余韻引きずる暇もなく日々は止まることなく流れていった。いってる。ギリギリの集中とふらふらの頭に、ほんの少しの休息を俺は誰にも邪魔させない。こういう時は、フクダライドンの歌が頭に流れる。元気にしてるだろうか、いつも力をくれてありがとう。




少年少女の春の先


5月5日、初日は帯広Rest。




(撮影:はな)
随分と時間がかかった気がする、ようやく帯広で俺たちだけのライブだ。これまでの日々に思い出がありすぎる。とある年の3月、氷点下、極寒の中の広小路での路上が、俺にはあまりにも大切すぎる。そして、解散してしまったけどthunderstruckというバンドがいたから、帯広をより強くぎゅっとできるようになった。ぎゅっとしたくなった。はじめての帯広ワンマン、Restのなおさんとやまさんがリハーサルから親身になって音のこと考えてくれる。かっこいいとこ見せたかった。どうだったかな。いろんな場所から来てくれてるの、なんとなくわかってる。中学生や高校生の男たちも多かった。キラキラした顔で見やがって。スーパー嬉しかった。この日は親友の誕生日だった。思っていたら涙が出た。おめでとう。




5月6日、二日目は札幌cube garden。




(撮影:はな)
雨。俺たちはこの街に住んでいるから、当たり前だけどそこら中にいる。ライブハウスでも地下街でもコンビニでも駅でも、本当にそこら中にいる。路上もやりたいなって時に簡単にできる。だからこそ、この街でステージに立つ時はどこよりも闘いである。強く優しい闘いをしないといけない。この日、ステージで俺が感じていたことをフロアの人も感じてくれているような気がした。完全に相思相愛な感じだった気がするんだよなあ。そんな二時間だった。絶対にいいライブをした感触があって、頭がぼーっとした。照明も音も、最強の布陣である。打ち上げでは、あまり食べれなかった、でもお酒は飲んだ。字と思いが沁みた夜に、また札幌を好きになれて走り出したくなった。この日は幼馴染のはるかの誕生日だった。おめでとう。





5月12日、三日目は名古屋CLUB ROCK'N'ROLL。








(撮影:マネージャー辻)
今まで何度も言ってきたけれど、名古屋はいつもガラガラだった。サーキットイベントでたくさんの人に見てもらえてその日は熱くなったフロアも、次来た時には嘘のように思えるほど。大袈裟じゃなく全体でみると本当にそんな感じだった。でも、重ねてきた一回は確かなもので確かに掴んでくれた人もいてそれを実感してこれたから、こうやって重ねて行こうと思った。だからこそずっと、この街でいつかワンマンをやると言い続けてきた。ガラガラの時からずっと。明るくなるとたくさんの人がいた。柵も何もないロックで、お客さんがグワーってなって前の方は掴めるとこなくて俺の足やスピーカーに必死にしがみつきながら笑っていて、後ろの人たちは自由に踊ってくれたり腕上げてたりして、それが美しすぎて、来て良かったと思った。俺は、あんな感情になったことがない。あれは紛れもなく、初めてのロックンロールだった。




5月13日、四日目は心斎橋BRONZE。




(撮影:マネージャー辻)
朝、雨の音で目が覚めた。大雨、どしゃ降り。大阪はやっぱそうでなくっちゃ。とは言いつつも、「止んでほしいなあ」なんてどっかで期待しながら準備してみんなで車で心斎橋へ向かった。結局止まず、最高だよんってなって、セットリストもばっちり変えて本番。思い出せたりできるなら、してほしい。強く残せるなら、残したい。匂いや、空の色や、アスファルトの反射や、傘に当たる音とか。それが俺のやり方。パターンなどない。あるとすれば、ライブハウスの外もライブに混ぜさせてもらうってことくらいだ。バケツをひっくり返したような雨が降った後に、そのバケツをどうするかなんだな。俺は雨が好きだから。アンコールが終わって楽屋に戻った時、スタッフが「雨上がってるんだけど」と笑いながら言ってきた。どうやら最後の最後で上がったらしい。そしてその直後、またパラパラと降ってきたらしい。大阪はやっぱそうでなくっちゃ。




5月19日、五日目は新代田FEVER。




(撮影:はな)
前日の18日に、なんとなく、空気感でも感じておこうかななんて思ってふらりと新代田駅に降り立ってみた、特に意味はなかったけど。するとそういう時には何かが起きるもので、改札出たところで一人の青年が俺に気付いて声をかけてくれた。「20日いきます!」と元気よく教えてくれた。その時のことは、この日MCで話した通り。いつだって、どこにだって、きっかけや種は誰にでも平等に落ちているはず。もしそれを見つけることができたのなら決して無駄にしなければいい。もし見つけれなかったとしても肩は落とさなくてもいい。必ず、また違うタイミングでそれを見つけれる時はくるのだ。この日は、みんな感情大爆発という風に俺には感じて、東京でこの感覚はあまりなかったかもなと思うと同時に、その分俺もそうなんだなと思って、絶対にこれはいい日だと思った。またここでやりたいと心から思った。




5月20日、最終日は新代田FEVER。




(撮影:はな)
このツアーもあっという間に最終日で、その先を提示する準備もしながら臨んだ。だけど、結局行き着くところは変わらなかった。月並みな言葉を使わせていただくけれど、同じ日は二度となかった、というわけだ。中野さんの照明も溢れまくってた。初日より最終日の方がかっこいい、なんてあるわけない。だけど確かに経てきたものと得てきたものは存在する。そして、擦り減ったものもある。そのすべての可能性をひっくるめての最終日であった。いいツアーを回れた、そんな気がした。前も後ろも右も左もどこ見ても同じ人は一人もいなくて、そこにいる誰もが誰のことも否定することなくここにいるぞ〜という、ひとりぼっち達の最高な空間だった。スッゲーいい感じでした。ツアー終わりました。

あと、忘れてはいけないのが、初日の帯広の帰りの車で「明日からファイナルまでアンケート書いてもらおうよ」となって、札幌公演から終演後に来てくれた人にアンケートよければ書いてくださいという試みをしてみたこと。それがもうとんでもなく良くて、全会場とんでもない回収率で、そして何より一人一人の思いがその人の字でぶっ刺さってきて、今も抜けておりません。全部力に変えます、で、また色んなこと思ってほしいです、そしたらまた教えてほしいと思いました。書いてくれた方、本当に本当にありがとうございます。



2018年9月5日の水曜日に、「ソングフォールズ」という4曲入りシングルを全国発売します。新曲2曲と、ここ数年は全然ライブでやってなかった2曲。タイトルの「ソングフォールズ」には幾つかの意味を込めています、当たり前だけど。それはまたそのうち。発売までの3ヶ月、スピードは遅くとも一人ずつしっかりと伝わっていけばいいなと思います。

んで、リリースツアー「SONG FALLS TOUR」、全11箇所。
セミファイナル渋谷と、ファイナル札幌のみワンマン。「春の先」と変わらず各箇所にその日だけの壮大なストーリーで一話完結していくだろうけど、だけど、ごめんなさい、ファイナルの札幌ペンーレーン24。札幌のバンドがツアーファイナルでペニーレーンでワンマンをやる、ということのデカさと怖さは今俺たちがひしひしと感じているんです。それと同じくらいドキドキとワクワクとあと、絶対かっこいいじゃんっていう気持ちが溢れ出しそうなんです。もちろんセミファイナルの渋谷O-WESTも半端じゃない。だめだ言い出したらきりがない、全箇所とんでもない、以上。自分の好きなバンドがもし対バンに選ばれなくて「じゃあ行くのいいや」とか「あそこの対バンここでもやってよ」ってもし思われたら、俺は何も言い返せない。それでも来てくれ!って多分言えない。だからその対バンがいつかあなたのいる前で実現できたらその時思い切り楽しんでほしい。ただ、これだけは言いたい、俺たちがやろうとしているこのツアーだが俺たちの考えてることすべてが100%思い通りになるということもあり得ない、ということ。天気とか、反応とか、何から何まで。だからこそとんでもない瞬間が待っているのです、そんな気持ちで高まりまくっています。だから、「どうなったって信じるぜ」って人には「スーパー任せろ」って胸張って言います。超楽しみ。
全箇所のチケット、HP先行ってやつが今受付中です。6月3日の23時59分まで。一人でも、二人でも、どうか届いてほしい。ていうか届けます。
ソングフォールズです。





(撮影:はな)

THE BONSAI RECORDSという小さなレーベルの、THE BOYS&GIRLSという小さなバンドで、植木鉢の隅っこから歌い続けています。



誰も知らない涙のように。


コメント

  1. ツアー本当に本当にお疲れさまでした*
    まだ1週間。もう1週間。どっちの気持ちもありながら、毎日毎日飽きもせず(笑)ボイガル だけを聴く日々です。
    でもその日によってたくさん聴く曲が違くて、今日は春々をたくさん聴いていた気がします。
    写真本当に素敵な写真ばかりですね!ライブの1曲1曲思い出します。
    私はワンマンが好きで、ワンマンじゃないと!という方でした。今まで。
    でもボイガル 企画のときの対バンを見て、語彙力がなくてあれなのですが(笑)本当にどのバンドもすごく良くて。対バンも良いものだなと教えてもらいました。なので今回もワンマンだけじゃなく、対バンも行きたいと思ってます。もちろんスーパーお任せします*
    明日も頑張ろうって思いました。ありがとうございます。おやすみなさい☺︎

    返信削除
    返信
    1. 対バンの日こそ何が起こるかわからないので、見てほしいです。またいつでも

      削除
  2. 家では絶賛反抗期中の息子ですが、ライブにだけは一緒に行ってくれるしボイガルの話だけは一緒にしてくれます。何を考えてるか全く分からない息子ですが、ボイガルの歌が好きなんだと思います。あと、何回一緒にライブ行ってくれるかなぁー。

    返信削除
    返信
    1. 嬉しいなあ。男は、めんどくさいですからね。来れるだけ来てほしいです

      削除
  3. ワンマンツアーお疲れさまでした!
    東京に冬が来る前からずーっと楽しみだったツアーが、いつのまにか終わってしまってさみしいです。毎日やって欲しいぐらいです。笑。本当に本当に最高で。新代田2days、色んな感情が溢れてとんでもない2日間でした。
    立ち止まってた時期にも、今のしんどい日々にも、もちろん楽しい時にも、ボイガルの歌があって良かったなって思います。ボイガルを聴いて生活してるとなんだかんだ頑張れちゃってます。毎日ありがとうございますっ!またライブハウス見れるのを楽しみにしてます。新譜も楽しみいいい〜〜\( ˆoˆ )/

    返信削除
    返信
    1. これからも、ドバドバでいきます

      削除
  4. ツアーお疲れ様でした。
    9月のツアー仙台、平日だからどうしようかと思いましたが、あまり悩まず、行くと決断しました。仕事帰りに仙台へ飛んでいきます。行きたいというか、行かなきゃって気持ちになったんです。たのしみにしてます。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます、仙台待ってます。歌わなきゃ

      削除
  5. ツアーお疲れ様です。
    5月6日札幌、初めて生でライブハウスで近くでこの目でボイガルを見ました。心底惚れ惚れするほどカッコ良かったです。また見たいと思わせてくれました。言葉には出来ない感情を感じられるバンドです。

    返信削除
    返信
    1. 最高の初めましてできましたかね。またいつでも来てください

      削除

コメントを投稿